ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2018年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

嵐前のりつこ家

c0195200_20134729.jpeg
マリリン(少年ナイフりつこ)さんの新居に、お子さん2人目誕生のお祝いも兼ねて行ってきました(写真は載せられないのでうちの写真で我慢してください)。お昼にたこ焼き&唐揚げを作ってもらって食べて、子供の話やゲームの話などをして、そして帰ってきました。帰り、せっかくこの辺に来たので、エキスポシティに行こうと思ったけど、駐車場激混みで、入るのを諦めました。でもその時に、ウルフルズの歌が遠めに聴こえてきました。そうだ、今日はヤッサだ。ちょっとだけでも聴けてよかった。

明日台風どうなりますかね。うちは、今の家はマンションだからいいけど、実家が大変。この前の21号で門と蔵の壁が剥がれて、今大工さんになおしてもらってるところです。この状態でまた来たらやばいって。さらに田んぼ。もうすぐ稲刈りなのに、これで稲倒れたら終わりだ。
マジで頼んます。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-29 20:13 | 生活 | Comments(0)

出口なし

舞台「出口なし」を観てきました。サンケイホールブリーゼ。
大竹しのぶ、段田安則、多部未華子。あともう一人、最初にちょろっと出てましたが、ほぼこの3人芝居。
出たり引っ込んだりじゃなく、ずっと出っぱなしで、台詞も多く、凄いなあと思いました。
大竹しのぶと段田安則が上手いのは前から知ってましたが、改めて、高いレベルのさらに上を行く芝居で、圧巻でした。
そして多部未華子が案外上手くて、興奮しました。かわいいしね。
内容は、ネタバレになりますが、死んでからの、地獄の話です。無限地獄。僕も死にたくないなあとよく思いますが、永久に、無限に続くというのも、考えようによっちゃこわい。
また3人というのが微妙ですね。2人じゃなく3人。狭い部屋で、それぞれ気の合わない3人と無限に続く世界。…地獄ですね。
1時間半と、短めの上演時間でしたが、出ずっぱりだし、観てる方もそれくらいでちょうどいい時間でした。
余談ですが、役名が外国の、カタカナの名前なんですね。多部未華子の役名がエステルって言うんですが、そういえば、大竹しのぶの実のお母さんの名前が、江すてるだったよなあって思い出しました。この前ファミリーヒストリーでやってた。
それで、大竹しのぶがエステルの名前を呼ぶシーンが結構あるんですが、ふと我に返ったりしないのかなあって思いながら観てました。
全然気にせずやってそうでしたけどね。流石だ。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-27 22:40 | 映画、舞台 | Comments(0)

坪田先生ええなぁ卒業

ラジオ、「上泉雄一のええなぁ」の火曜日レギュラー、「ビリギャル」の坪田先生が今日で卒業でした。
ビリギャルに関しては、林先生も非難してました。元々賢い学校にいた子が、学内で低い偏差値だっただけで、本当のアホが慶應に行った訳ではない、このへんレベルならあの子以外にもいると。
確かにそうかもしれません。僕も林先生好きだし、実際そうなんでしょう。ただまあ、それはそれで、この坪田先生の塾の先生としての資質は知りませんが、ラジオのしゃべりは面白かったです。話が上手いなあと、いつも感心してました。
上泉アナも、坪田先生のことを好きそうだなあというのは伝わってきましたし、実際二人の掛け合いは面白かったです。
春は別れの季節と言いますが、秋も別れがありますね。ウエンツも留学だし、貴乃花も退職とか。これはちょっと意味合い違うかもだけど。
寂しくなりますね。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-25 23:09 | テレビ、芸能 | Comments(0)

サザンと彗星の少女

c0195200_23404149.jpeg
漫画「サザンと彗星の少女」上下巻を読みました。
ちょっと前に本屋で並んでて、買うかどうしようか、ずっと悩んでました。
『オールカラーのフルアナログ作画、夢と浪漫の王道SF』という帯の文字がずっと気になってて、とうとう買ってしまいました。
買って大正解。めちゃくちゃ良かったです。
これぞ王道SF。伏線が散りばめられてとか、そういうのはないです。本当にシンプルに、ゴールに向かって一直線。古き良き、子供の頃に夢中で読んだ、あのワクワクドキドキ感。あの感じを今味わえる、そんな漫画です。
水彩で描かれたという、このカラーの絵も、昔っぽい雰囲気を出していて、より興奮します。絵が上手いです。純粋に絵だけ見ても楽しめます。
スターウォーズとラピュタを足して高橋留美子で割ったような感じ、と言えば、なんとなくイメージ湧くでしょうか。このワードで気になった人は、読んでまあ間違いないと思います。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-24 22:16 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

NO MUSI NO TAMBO

c0195200_23553293.jpeg
実家の田んぼを手伝ってきました。
父がギックリ腰みたいになったので、手伝ってくれということで。
本当は年齢的にも、手伝うとかじゃなくて、僕が引き継いでやらないといけないんだろうけど、それができない大きな理由が2つあります。
1つはめんどくさいということ。もう1つは、虫がこわいということです。
この虫がこわいというのが、結構深刻な問題でして、僕は田舎の生まれのくせに、虫がほんとダメなんです。子供が好きそうなカブトムシですらダメです。
田んぼというのは皆さん、虫の宝庫なのをご存知ですか。小さい虫がいっぱい、あとはカエルとか、クモとか(僕は特にこれが一番ダメ。恐怖症レベルの苦手で、クモという字を見るだけでもこわいのです。だから今この文も、震えながら書いてます。マジで)。
あとはね、タニシの卵。知ってますか。ピンク色の。これも大概気持ち悪いです。
あー、やっぱりダメだ。ちなみに今日なんかは、作業着とぶ厚めの手袋に長靴を履いて、顔にはタオルを巻き、なるべく薄目で、虫を見ないように作業しました。
しかしこれにも限度があります。今日はそこまでの作業じゃなかったからやれたけど、今後がっつり田んぼをやれるかと言われたら、できる気がしません。
誰か助けてください。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-22 22:57 | 生活 | Comments(0)

アベサン!

自民党総裁選は、安倍さんの3選が決まりました。まあ、やる前から結果は分かってましたけど。
安倍さんの全てがダメとは言わないけれど、なんか不安感があるんですよね。加計学園の問題も、ああいうこと自体は今までもあったと思うんですよ。優遇したりとかは。だけど後からの弁明のやり方が気持ち悪いというか、非常に不信感が湧きました。
なんなんでしょうね。
憲法改正については、安倍さんも石破さんも、どちらも右寄りの方なんで、どっちがいいとも言えないです。
僕は右ではないですけど、絶対左かと言えばそこまででもないです。天皇家とか好きですしね。国歌も君が代でいいと思ってます。逆に卒業式の君が代斉唱で、座るような先生は嫌です。生徒の大切な日を、自分の主張のせいで白けさすなよと思います。別の場でやれよと。
そもそも、右だ左だって言うこと自体、好きではありません。汚い言葉で罵りあってるのを見ると、不毛だなあと思います。
自衛隊も、憲法に明記したらいいんじゃないかなあとは思うけど、ただ、憲法を変えることによって、後々戦争に参加することになったら嫌だなあとは思います。平和ボケと言われるかもしれませんが、戦争で殺したり殺されたりなんて真っ平御免です。
憲法や法律をちょっと変えたくらいで、すぐに戦争に繋がらないのかもしれません。そこは勉強不足でよく分かりませんが、ただ、漠然とした不安感があるのです。
アベノミクスに関しては、自分の実感として景気が良くなってる感がないので、良いのか悪いのかよく分かりません。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-20 21:26 | その他 | Comments(0)

アムロ考

どうも、安室奈美恵と同い年のユリコーンフーミンです。特別ファンでもなかったけど、もう中年と言われる僕らの年代で、同い年の人がこんなにスターでカリスマで、かわいいと言われるのは、励みになります。
昔からずっとファンでライブもずっと行ってた人は、そりゃあ引退となればさみしいでしょうけど、今大騒ぎしてる人達は、果たしてずっとファンだったのかいと。しばらく安室のことなんて忘れてたくせに、やめるとなると急に思い出して、25年間ありがとうとか言うてるんちゃうんかいと。
テレビでも、流れてくる曲は結局「キャンユーセレブレイト」とか、昔流行った曲やん。
まあでも、僕も前に氷室京介のラストギグスに行きましたけど、大阪と名古屋と2回行きましたけど、僕もボウイは昔必死で聴いたけど、氷室のソロは、せいぜいキスミーまでしか知りません。
最後だから、記念にライブに行って、昔の曲をやってめっちゃ興奮して、氷室ぉーって叫んだりしたけど、それと一緒や。
それを思うと、にわかというのとはちょっと違うのかなと。わかりませんけど。
ていうかもう、書いてるうちに、どうでもよくなってきました。松坂世代の人達と一緒で、同級生の頑張りというのは、励みになるもんですよ。
そういう意味でも、山本キッド死去のニュースはショックでした。同級生ではないけれど、同じ52年生まれ(向こうが学年が1つ上)。
あんなに身体鍛えてる人でも、ガンになったら死ぬんだなあ。なんか、僕もやがて歳をとって死ぬのかと思うとこわくなるけど、やがてどころか、こんなんいつ死ぬか分からんやん。
ショッキングだ。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-18 23:13 | テレビ、芸能 | Comments(0)

樹木希林死去

昨日、相撲を観てたらニュース速報で、『俳優の樹木希林さん死去』と出て、びっくりしました。
全身ガンとは言ってたけど、なんとなく死なないイメージがあったので、ショックです。つい最近も「ぴったんこカンカン」とか出てたし、映画もよく出てますもんね。
この前こけて入院して、一時危篤っていってたけど、やっぱりそれがきっかけだったのかもしれませんね。やっぱり歳をとると、こけるというのは危ない。まあ弱ってるからこける、というのもあるかもしれませんね。
個性派女優という括りでは収まらないくらいの、まさに唯一無二の存在でしたね。俳優としてもそうだし、内田裕也との関係もそうだし、生き様がすごいですよね。
75歳ですか。20年早いですね。まだまだ生き様を見せてほしかったです。残念。ご冥福をお祈りします。
あ、今日出棺の時に浅田美代子が映ってましたね。仲良かったですもんね。浅田美代子(62)って出てて、ええって思いました。浅田美代子も62かあ。歳もとるわ。いやんなる。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-17 22:12 | テレビ、芸能 | Comments(0)

この世界の片隅に最終回

ドラマ「この世界の片隅に」の最終回を観ました。
原作の漫画、映画のアニメは観ていません。なので、原作と違うやんっていう感情はありません。
その上で言いますが、いいドラマでしたよ。
原爆でお父さんが死に、お母さんも多分死んだのでしょう。妹も手にブツブツが出来て、恐らく長くないと思われます。
泣いた。
広島で出会った節子のお母さんの描写も、ゾッとしました。泣きました。これが原爆の惨さですよ。
前回はるみさんが死んだのも泣きました。思ったより戦争の悲惨さが描かれていて、よかったと思います。
最近あんまり戦争のテレビとかが少なくなったように思います。こういうのを見て、戦争はこわい、絶対ダメっていうのを、もっと伝えていかないといけませんね。
いらんと思ってた現代パートですが、最後まで観てやっと、まああってもよかったかなと思いました。
主役の子、松本穂香。見方によっては竹内結子に見えたりもしました。堺市出身なんですね。へー。調べたら、東百舌鳥高校とか。へー、ひがもか。最近は、やれ登美丘とか、東百舌鳥とか、同じ堺市民として、なんだか親近感が湧きますね。
この子も良かったですが、やはり尾野真千子の存在感は、流石だなあと思いました。何度も泣かされました。流石だ。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-16 23:01 | テレビ、芸能 | Comments(0)

チアダン最終回

ドラマ「チアダン」の最終回を観ました。映画版は観てないですが、内容だけは知ってます。
全米制覇したジェッツに憧れて、チアダンス部ロケッツを設立。色々あってついに全国大会に出場。さあ結果は、という流れ。
いわゆる青春モノ。僕は自分は努力をしないけど、人の努力と青春を見るのが好きです。
このドラマ、最初の3、4週くらいまですごく面白かったのですが、それ以降ちょっと勢い落ちました。なんかなあ、もうちょっと違ったらもっとよかったのになあって感じです。
とはいえ、若い役者さんたちが、懸命にダンスを踊る姿は、興奮するものがありました。
主役の土屋太鳳よりもむしろ、周りの子が気になりました。委員長役の子とか、チアリーダー部の部長だった子とか。この子かわいいですね。それと登美丘高校の子も頑張ってましたね。やはり同じ堺市民として、ついつい目で追ってしまいました。
あ、それと、サンボマスターの曲も良かったです。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-15 01:00 | テレビ、芸能 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン