東京事変マイベスト10

前回の椎名林檎に続き、今日は東京事変マイベスト10をやります。
椎名林檎もそうだけど、そこまでコアなファンではありません。でもテレビやラジオで流れてると、やっぱりカッコイイって思いますね。
ウォークマンで聴きながら、懐かしさと新鮮さを感じながら、選びました。
では、どうぞ。

10位「母国情緒」
9位「透明人間」
8位「金魚の箱」
7位「キラーチューン」
6位「群青日和」

まさかのキラーチューンと群青日和がベスト5外。自分でも意外でした。

5位「ランプ」
4位「能動的三分間」
3位「我慢」
2位「月極姫」

1位は…

1位「閃光少女」


[PR]
by yuricoramu | 2018-05-31 23:41 | マイベスト | Comments(0)

椎名林檎マイベスト10

ラジオから椎名林檎が流れてきました。デビュー20周年だそうです。そうかあ。
初めて「歌舞伎町の女王」を聴いたとき、衝撃でした。10代でこんな曲作るのかと、末恐ろしさを感じたものです。
1枚目のアルバムは買って、すごくよく聴きました。2枚目以降はCDは買いませんでしたが、借りてウォークマンで聴きました。
今も好きです。曲は知りませんが、ラジオやテレビで流れてたら気になりますし、何より見た目がめっちゃ好みでして。椎名林檎の見た目がめっちゃ好きなんです。椎名林檎と結婚したい、とマジで思ってました。
ではでは、椎名林檎マイベスト10です、どうぞ。

10位「茜さす帰路照らされど…」・・・夕暮れ感。
9位「同じ夜」・・・ユーミンの「翳りゆく部屋」と雰囲気似てます。あの曲のカバーもしてましたね。
8位「意識」・・・うーそーつーくーなーよ。
7位「積木遊び」・・・「あーしくじったしくじった」っていまだによく言います。
6位「ギブス」・・・つい一緒に歌いたくなるサビ。
5位「歌舞伎町の女王」・・・この曲で椎名林檎を知りました。衝撃でした。

続いて好きな曲四天王です。5位以下と結構差が開いての4曲です。

4位「やっつけ仕事」・・・この歌詞が一番好き。「ねえ好きってなんだっけ」のフレーズを聞いたとき、あーやられたと思った。
3位「幸福論」・・・大好きだけど、アルバムバージョンの拡声器で歌うのはやりすぎだと思った。普通バージョンが聴きたかった。
2位「正しい街」・・・1枚目のアルバムの1曲目。めちゃくちゃ名曲。何回もリピートで聴きました。大好き。1位にしたかったけど、泣く泣く2位です。

そして1位は・・・もうこれしかありません!

1位「ここでキスして。」・・・当時ラジオやスペースシャワーなどでヘビーローテーションでかかりまくってたこの曲。「歌舞伎町の女王」で衝撃を受けていたところに、この曲が新曲でガンガン流れて、見た目のかわいさもあって、一気に大好きになりました。

という椎名林檎マイベスト10でした。次は東京事変マイベスト10です。

[PR]
by yuricoramu | 2018-05-30 01:00 | マイベスト | Comments(0)

ビデオに録っていた「ファミリーヒストリー」を観ました。志村けんの。
志村けんといえば、東村山市。
東村山ぁ〜、一丁目一丁目、ワォ!っていうね。
お兄さんが、志村けんそっくりでしたね。
志村けんといえばお母さんってイメージだけど、今日はお父さんメインでした。志村けんのけんっていう芸名も、お父さんのけんじっていう名前から取ったとか。
教師をしてる、厳しいお父さんだったけど、事故で脳に障害を負ってしまって…。
ビートルズの来日コンサートに行ったっていうエピソードは知ってました。その前座をドリフがつとめたことも。
荒井注の代わりに正式メンバーになったけど、なかなか受け入れてもらえなかったと。僕なんかは物心ついた時には、ドリフといえば志村けんでしたよ。年代的に。
全員集合は小学校低学年だったけど、必死で観ました。面白かったなあ。
結局のところ、いかりや長介との不仲はどうなんですかね。色々あったでしょうけど、いかりやあっての志村ですから。もう死んで10年以上経つんですね。早いなあ。
志村は長生きしてほしいです。


[PR]
by yuricoramu | 2018-05-28 23:13 | テレビ、芸能 | Comments(0)

青少年アシベ1巻

本屋さんで、「青少年アシベ」の1巻が目に入り、衝動的に買いました。
元々の「少年アシベ」の方は、僕好きで、全巻持ってました。ゴマちゃんのやつね。
絵は全然違います。森下裕美じゃなくて、違う人が描いてます。聖闘士星矢を車田正美じゃなくて違う人が描いてる感じでしょうか。
これがねえ、思った以上に違和感がありました。絵もさることながら、スガオくんがいっぱいしゃべったり。すいません、ダメでした。読んでられませんでした。
もちろんあくまで個人的な感想です。
ただまあ、また昔のアシベを読み返したくはなりました。ペッペッペちゃんとか好きだったなあ。

[PR]
by yuricoramu | 2018-05-26 23:12 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

ヒデキ死す

ローラァ(ローラァ)
西城秀樹が亡くなったと聞いて、ショックを受けています。
郷ひろみや野口五郎と比べて、ワイルドで情熱ってイメージだけど、実際は脳梗塞に2回なって、特にここ何年かは辛かったと思います。
この前何かの番組で、リハビリと、コンサートの様子も映ってたけど、ヨボヨボで、見るのがつらかったです。
本人は見られることが励みになるし、励ますことにもなるし、リハビリになるって言ってたけど、やっぱりヒデキの弱ってる姿を見るのはつらかった。
昔から思ってたけど、改めて映像を見て、やっぱり歌うまいし、カッコイイなあ。
中学の時、なぜかクラスの前で何か芸をしないといけなくなって、その時に、ヒデキのモノマネをしてブーメランを歌ったという思い出があります。
また、ある友達に、僕のおへそ周りの毛を見られて、『ギャランドゥーやん』って言われて、それからその子限定で、ギャランっていうあだ名をつけられたという思い出もありす。
いまだにハウスバーモントカレーといえばヒデキだし、まる子のお姉ちゃんもファンだったなあって思ったり。YMCAなんて、振り付けもあわせて、知らない人いないでしょう。
何よりやっぱり歌がうまいですよ。いい声で。
氷室京介もヒデキみたいな声だって言われてましたもんね。
それにしても63歳、若すぎでしょう。73でも若いと思うのに、63て。あまりにも若い。脳梗塞も2回やって、リハビリもしんどかったと思います。
あー。涙出ました。めちゃくちゃショックです。


[PR]
by yuricoramu | 2018-05-17 22:51 | テレビ、芸能 | Comments(0)

c0195200_00360217.jpeg
瀧波ユカリのエッセイ漫画、「ありがとうって言えたなら」を読みました。
すい臓がんで余命宣告を受けたお母さん、死を迎えるまでの日々の様子を描いたものです。
瀧波ユカリといえば、「江古田ちゃん」で、ちょっと斜め上から目線の漫画を描いてたけど、その人が親の死とどう向き合うのか、興味はありました。
あー。しんど。ずっしりしんどくなりました。やっぱり死にモノはつらい。自分が先に死なない限り、親の死というのは避けられないものですけども。やっぱりしんどい。
僕はまだ両親健在ですが、もう70前後の歳になり、昔より死は近づいているわけです。考えたくないけど。想像しただけで辛くて苦しい。
親を亡くした人、まだ生きてる人も、考えさせられる本で、いいと思います。絵もかわいいしね。江古田ちゃんで出てきたお姉ちゃんも出てきます。このお姉ちゃんの献身的な姿にも、泣きました。
あかん、そら泣くよ。親の死にモノだもん。辛いなあ。

[PR]
by yuricoramu | 2018-05-16 23:12 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

小沢健二のマイベスト20をやったので、次はこれでしょうということで、フリッパーズギターマイベスト10をやります。
姉の影響で中学の時聴いてましたが、おかげで僕もオシャレ音楽に目覚めました。
ではフリッパーズギターマイベスト10、どうぞ。あ、タイトルは日本語表記でいきます。

10位、ワイルド・サマー/ビートでゴーゴー・・・出だしでびっくりします。
9位、ボーイズ、トリコに火を放つ
8位、僕のレッド・シューズ物語
7位、サンバ・パレードの華麗な噂が
6位、すてきなジョイライド
5位、青春はいちどだけ
4位、ラテンでレッツ・ラブまたは1990サマー・ビューティ計画・・・「ジャストポップアップ」に使われてましたね。懐かしい。
3位、奇妙なロリポップ
2位、やがて鐘が鳴る
1位、カメラ!カメラ!カメラ!・・・アルバムバージョンです。

お気付きになったかもしれませんが、3枚目のアルバムは全然聴いたことないので、ランキングに入ってないです。
代表曲の恋とマシンガンが入ってませんが、好きな曲10曲絞る時、入ってきませんでした。「予備校ブギ」は好きだったけども。
1枚目のアルバムは、今聴いてもオシャレでテンション上がります。すごいなあ。
1位のカメラカメラカメラはタイトルといい、曲といい、オシャレのピークですね。絶対アルバムバージョンがいいです。

[PR]
by yuricoramu | 2018-05-14 23:54 | マイベスト | Comments(0)

c0195200_01435855.jpeg
妻と子、3人でお出かけしてきました。
子供が生まれて初のお出かけ。その、なんちゅうの、病院とか、お宮参りとか、近所の散歩とか、そういうの以外での、初のお出かけです。
コープ自然派ってあるでしょ。生協の。あれの、『自然派スタイルオーガニックエキスポ』というイベントです。
難波の大阪府立体育館。今は何でしたっけ。エディオンアリーナでしたっけ。前はボディなんとかコロシアムでしたっけ。なんせ、コロコロ名前変えるのも、いい加減にしてほしいです。京セラドームだけはなんとか覚えたけど、昔ながらの名前がいいですね。だから、府立体育館と言いますよ。
で、何の話でしたっけ。そうそう、コープのイベント。赤ちゃん連れだから大丈夫かなと不安もあったんですが、他のお客さんもほとんど子連れでした。よかった。
やっぱりコープ自然派のイベントだけに、子供には身体に悪いものはちょっと、と考える人が多いんでしょうね。
各ブース、それぞれ試食がいっぱいあって、よかったですね。それだけでお腹いっぱいに、いや、お腹いっぱいまではいかずとも、満足はしました。
講座を聞いてると、普段僕らが食べているものは、添加物でいっぱいということで、恐ろしくなります。とはいえ、あんまり気にしすぎてもあれなのでね、適度に気にしつつ、やっていったらいいんじゃないでしょうか。
ということで、府立体育館をあとにし、せっかくなのでついでにパークスやヤマダ電機に行きました。けど、何も買いませんでした。
えー、おわり



[PR]
by yuricoramu | 2018-05-13 00:46 | イベント | Comments(0)

小沢健二マイベスト20

ユリコーンのフーミンです。マイベスト10のコーナー。今回は小沢健二。
とっくにやってると思ったらやってなかったのでやります。
ベスト10に収まりきらなくてベスト20になりましたけど、どうぞ。

20位「痛快ウキウキ通り」
19位「カローラ2に乗って」
18位「今夜はブギー・バック」・・・心変わりの相手は僕に決めなよ
17位「夢が夢なら」
16位「カウボーイ疾走」
15位「暗闇から手を伸ばせ」
14位「昨日と今日」
13位「流星ビバップ」
12位「愛し愛されて生きるのさ」
11位「ローラースケート・パーク」

さて、20位から11位ですが、「ローラースケート・パーク」がベスト10外になったのが自分でも信じられません。めっちゃ好きだったのに。というか、20位から1位まで、ほとんど差はありません。ではベスト10どうぞ。

10位「大人になれば」
9位「それはちょっと」・・・結婚してってそれはちょっと
8位「ぼくらが旅に出る理由」
7位「さよならなんて云えないよ」・・・オッケーよ
6位「ラブリー」

「ラブリー」がベスト5からもれるなんて信じられません。あと何が残ってるんだって感じですが。ベスト5どうぞ。

5位「天使たちのシーン」

4位「ドアをノックするのは誰だ?」

3位「強い気持ち・強い愛」

あーもう、名曲しかないですねっ。

2位「戦場のボーイズ・ライフ」

わー、1位は?

1位「天気読み」

やっぱり天気読みが1位でした。それにしてもいい曲ばっかりで、そして懐かしい。音楽的にもいい時代でした。またあの時代をやりたい。ライフイズカミングバック!


More
[PR]
by yuricoramu | 2018-05-11 01:26 | マイベスト | Comments(0)

映画ドラえもんのマイベスト10は前にやりましたので、今回はてんとう虫コミックスのドラえもんマイベスト10をやります。
もちろん全巻持ってます。実家にですが。
昔読んだ印象で決めました。どれも思い入れがあって、選ぶのに非常に迷いました。今あらためて読んだらまた違うかもしれませんが、とりあえず、どうぞ。


10位:29巻

c0195200_23401269.jpg
「思い出せ!あの日の感動」は名作。「プラモが大脱走」「グンニャリジャイアン」「自動買いとり機」「あいつを固めちゃえ」など、面白い話が多い巻です。


9位:28巻

c0195200_23404094.jpg
「キャラクター商品注文機」「百畳島の原寸大プラモ」、2つともワクワク感があって好きな話です。他に「しりとり変身カプセル」「地平線テープ」「なぜか劇がメチャクチャに」「大ピンチ!スネ夫の答案」「のび太航空」など。


8位:23巻

c0195200_23410881.jpg
「ぼくよりダメなやつがきた」や、「異説クラブメンバーズバッジ」など、印象深い話が多いです。「まあまあ棒」「水加工用ふりかけ」、「もはん手紙ペン」など、この巻はほんとに、印象深い話が多い。


7位:8巻

c0195200_23441077.jpg
「人間製造機」「マッドウォッチ」「悪運ダイヤ」「ニクメナイン」「進化退化放射線源」など、ダークな、こわい話が多い巻。「くろうみそ」も名作。


6位:9巻

c0195200_23415034.jpg
長編「ぼく、桃太郎のなんなのさ」。バケルくんとのコラボで、ほんとにおもしろい、大冒険の話です。「ジーンと感動する話」も名作。あとは地味に「ごきげんメーター」「トレーサーバッジ」「デンデンハウスは気楽だな」も面白いです。


ではここで、惜しくも、というか、泣く泣くベスト10外になったのを紹介します。


37巻

c0195200_23424854.jpg
「しかしユーレイはでた!」ですね。中編で、ホラーっぽい内容でおもしろいです。ドラえもんがトイレで用を足すシーンがあります。あとは「かぐやロボット」もさみしい話で、「魔法辞典」のアブタラカブダラピンポンパンノポンキッキビブデバブデブーの呪文なんかも、今も覚えています。


40巻

c0195200_23431646.jpg
スネ夫の弟や、出木杉君の子供や、ドラミちゃんの熱気球が出てきたり。他にも「おこのみ建国用品いろいろ」や「フリーサイズぬいぐるみカメラ」など、隠れた名作もたくさんあり、非常にバラエティに富んだ巻です。

ではベスト5です。


5位:15巻

c0195200_23421822.jpg
「じんせいやりなおし機」「階級ワッペン」「どくさいスイッチ」「ポータブル国会」など、大人な話がたくさんある巻です。「ゆめのチャンネル」も印象深いし、「オールマイティパス」も好きだし、とにかく印象深い話がいっぱいあります。


4位:36巻

c0195200_23443145.jpg
なんといっても「大予言・地球の滅びる日」です。これはドラえもんの話の中でも1,2を争う好きな話です。ジョーガンネ玉落としわずかなり学刈。他にも「もりあがれ!ドラマチックガス」「アドベン茶で大冒険」「天突き地蔵」など、名作揃い。「断層ビジョン」も好きです。


3位:12巻

c0195200_23445191.jpg
「ゆうれい城へ引っこし」が大名作。ロッテさんが地下牢に閉じ込められるシーンとか、ものすごく印象に残っています。「大空中戦」「ドンブラ粉」もおもしろい話です。地味に「カミナリになれよう」も好きです。


2位:2巻

c0195200_23450568.jpg
ボロボロです。巻頭の「テストにアンキパン」と、「恐竜ハンター」の話の途中からちぎれてなくなってます。しかし思い入れは強く、「ぼくの生まれた日」「しずちゃんのはごろも」「タイムふろしき」「N・Sワッペン」「地下鉄をつくっちゃえ」「タタミの田んぼ」など、シュールで面白い話がてんこ盛りです。


1位:6巻

c0195200_23451943.jpg
世紀の大名作「さようなら、ドラえもん」。何回読んでも泣きます。他にも「赤いくつの女の子」「台風のフー子」「のび太のおよめさん」など、集大成のような。ドラえもんのみならず、すべての漫画の中でベストオブベスト。それがこの6巻です。 


[PR]
by yuricoramu | 2018-05-07 00:29 | ドラえもん | Comments(0)