ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

カテゴリ:映画、舞台( 118 )

のみとり侍

ちょっと前だけど、映画「のみとり侍」を観ました。
阿部寛、寺島しのぶ、トヨエツ。
阿部寛は前も時代劇やってたけど、似合いますね。渋い、いい役者になりました。
のみとりっていうのは娼婦の男版みたいなもので、割とエロいシーンもありました。
僕もすっかりAVとか観なくなったので、これくらいのエロでも結構興奮しました。
トヨエツハマりすぎ。流石だ。
前田あっちゃんも出てたけど、前田あっちゃんは大してエロいシーンせず。どうせなら見たかった。その点寺島しのぶとは違うなあ。まあ比べたらあれか。
まさかの山村紅葉とのラブシーンも。しかもちょっと興奮してしまった。
面白かったです。

[PR]
by yuricoramu | 2018-06-15 22:37 | 映画、舞台 | Comments(0)
ちょっと前だけど、映画「ペンタゴンペーパーズ最高機密文書」を観ました。
これ、めちゃくちゃ面白かったです。のめり込みました。
スピルバーグ監督で、主演がメリルストリープとトムハンクス。もうこれを聞いただけで凄いんだなっていうのがわかるでしょ。
そして名前に恥じることなく、流石の素晴らしい皆さん。特にメリルストリープ。僕この人好きなんです。毎回毎回すごいなあと感動します。
内容は、政府の機密文書を新聞社が記事にするかどうかの葛藤を描いたもの。まさに今のアメリカ、そして日本の問題そのもの。全く、政府はこの映画を観てどう思うか、聞いてみたいです。
いわゆるニクソン大統領のウォーターゲート事件に繋がるというか、こういう流れがあったのかと、勉強になりました。
ほんとに面白かったです。重厚な芝居はまさしく観る価値ありでごさいます。

[PR]
by yuricoramu | 2018-04-05 22:28 | 映画、舞台 | Comments(0)

グレイテストショーマン

ちょっと前だけど、映画「グレイテストショーマン」を観ました。
ちょっと前に観たので、細かい内容は忘れましたが、とにかく最高に楽しい、素晴らしい映画でしたよ。
ミュージカルです。もうね、のっけからやられました。最高です。ドキドキしました。
ミュージカル好きな人はもちろん、苦手な人でも好きになるくらいの勢いです。
ここ1,2年観た映画の中で一番良かったです。間違いなくオススメします。

[PR]
by yuricoramu | 2018-02-27 19:43 | 映画、舞台 | Comments(0)

嘘八百

少し前ですが、映画を観ました。「嘘八百」。
主演は中井貴一と佐々木蔵之介。渋い二人です。
大阪の堺が舞台ということで、これは堺市民としては観とこうと。
利休の茶器が話のメインになってますが、思ったほど堺感はなかったかなあという感じです。
内容もテンポも軽くて、いい意味であっさり観られて良かったです。
そのかわりめっちゃ面白いかというと、軽く面白い感じで、後々まで余韻が残るようなこともなかったです。
友近やアホの坂田、浜村淳のラジオなどが出てきて、堺や大阪の人が観たら面白いでしょうけど、関東の人が観たら果たしてどうかなという気もしました。
それにつけても中井貴一の存在感よ。流石です。佐々木蔵之介も渋かった。

[PR]
by yuricoramu | 2018-02-19 20:17 | 映画、舞台 | Comments(0)

光(映画)

映画「光」を観てきました。
三浦しをんの原作。原作は前に読んで、暗いしあんまり好きな話ではなかったのですが、今回橋本マナミが濃厚な濡れ場をやったとあったので、それ目当てで観ました。
原作も暗かったですが、映画はそれプラス、まさかのオシャレ系の演出で、ゲンナリしました。
テクノ系音楽が大音量で流れ、しんどくなりました。静かなシーンでも、次また大きい音でびっくりするぞと、ビクビクして。
なんでこんな作りにしたんだろう。
瑛太とアラタの演技はよかった。肝心の橋本マナミの濡れ場は、言うほどでもなかったです。
意地でも乳首は見せないぞと、いうのは伝わってきましたけど。
橋本マナミ自体は良かったですけどね。
まあ、これはちょっと。あんまり文句は言いたくないけど、この映画は相当酷いです。衝撃的しょうもなさでした。

[PR]
by yuricoramu | 2017-12-29 21:25 | 映画、舞台 | Comments(0)
映画「南瓜とマヨネーズ」を観てきました。
夜から大学のクラブの忘年会が梅田であって、その前に、テアトルの優待券があったので、映画でも観ようと。
いいのやってるかなと思ったら、まさかの「南瓜とマヨネーズ」をやってて。
魚喃キリコの漫画ですね。昔読みました。当時は安野モヨコだったり、魚喃キリコだったり、オシャレ系漫画を読むのがステータスみたいになってました。
なんで今さら映画化なのかなと思いましたが、せっかくなので観ました。
ああ、この胸が痛む感じの、若い頃読んだオシャレ系漫画のやつだ。
でもこの歳(40)になると、ちょっともうこういう気持ちはなくなったなという感じでした。
主演は臼田あさ美。臼田あさ美のブルマや水着姿にはちょっと興奮しました。おしりも出してましたね。

[PR]
by yuricoramu | 2017-11-25 22:14 | 映画、舞台 | Comments(0)

ローガンラッキー

映画「ローガンラッキー」を観ました。
TOHOシネマズのポイントが貯まって、1回無料で観られるのですが、それがもうすぐ期限が切れるということで、あわてて何でもいいから観ようと思って、観たのがこれです。
全く前知識なく観たんですが、これ、めっちゃ面白かったです。何なら今年観た映画の中でも1.2を争う面白さでした。
落ち目の兄弟が強盗を目論むという話。
どんくさくて笑えるし、ついつい応援したくなります。音楽やレースの映像もカッコいいし、娘のカントリーロード歌うところは感動すらしました。
重苦しい内容でもないし、見やすい。面白いです。これはなかなかの掘り出し物でした。


[PR]
by yuricoramu | 2017-11-23 16:49 | 映画、舞台 | Comments(0)
映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」を観てきました。
まず僕は民生ファンで、原作の漫画は、存在は知ってましたが、読んだことはありません。
ということを踏まえて、感想を書きます。少々ネタバレになるかもしれませんので、まだ観てなくて、知りたくない人は読まないでください。
主演は、民生ボーイに妻夫木、狂わせるガールに水原希子。
他にも新井浩文や松尾スズキ、リリーフランキーに安藤サクラなど、出そうな感じの人が出ています。
僕も、歌はもちろん、見た目も生き方も民生に憧れる、民生ボーイです。
ただ、僕と決定的に違うのが、妻夫木は死ぬほど男前だということです。
前々から言ってましたが、僕は妻夫木こそ究極の男前だと思ってます。
そして水原希子。正直、あんまり好きじゃないんです。悔しいけどかわいいなあと思う時も割とありますが、何かあまり好きでないです。どちらかといえば、水原希子よりも安藤サクラと付き合いたいです。
でも、それでもですよ、この映画、水原希子のキスシーンが死ぬほどあるのですが、もう僕、ドキドキのクラクラでした。耳を舐めるシーンもあって、もうパンパンのモンモンでした。
これはまさしく狂わせガール。画面を通してでも、完全に狂わされました。いまだに余韻が残ってますもんね。多分これからしばらくは、水原希子を見たらドキドキすると思います。もし実際目の前に彼女が現れたら、僕は完全に狂わされて、おかしくなるでしょう。
そして思ったより、民生でした。BGMががっつり民生で、もちろん流れる曲全て知ってますので、それも相まって、映画に引き込まれました。
以前、木村カエラが主演の、民生の映画がありましたよね。それこそ本人も出てたやつ。でも、あれよりこっちですね。
なんとなく展開も読めつつも、順調に楽しく観てたのですが、終盤で唐突にドラえもんネタを放り込んで来たり、急なホラー展開があったりしたのはびっくりしました。若干引いてしまいました。
まあでも、面白かったです。そんなに期待してなかったのですが、予想してたより、だいぶ面白かったです。
民生ファンはもちろん、カップルになる前の仲良い関係の男女が一緒に観たら興奮すること間違いありません。ぜひ観にいってください。


[PR]
by yuricoramu | 2017-09-18 01:47 | 映画、舞台 | Comments(0)

ワンダーウーマン

映画「ワンダーウーマン」を観ました。
宣伝を見て、これは面白そうだなと思いまして。
ファンタジーと戦争モノが混じったみたいな感じ。
序盤はかなり面白いと思ったんですが、中盤ちょっとだれてしまって、寝そうになりました。
全体的には面白かったですけど、期待が高かったのと、序盤が面白かっただけに、大満足とはいきませんでした。もう30分短かかったらもっと良かったのにと思いました。
主演のダイアナはとても綺麗でした。



[PR]
by yuricoramu | 2017-09-02 23:32 | 映画、舞台 | Comments(0)
最近全然映画観てないぞ、ヤバイ。
という強迫観念にかられ、映画館に行ってきました。
オシャレ系で、かつ、ドキュメントやしんみり、考えさせられる系じゃないのがいいなあと思ってたら、ちょうどいいのがやってました。
「ボン・ボヤージュ〜家族旅行は大暴走〜」。
フランス映画です。家族旅行に出かけたら、車が故障で制御不能。高速道路を大暴走するというアクションコメディ。
最初は、おじいちゃんがうっとおしくて、コメディとあるけど、イライラ系かなとガッカリしかけたのですが、車に乗ってからはもう、これぞアクションコメディという。
ハラハラドキドキ。それなのにのん気な空気もあって、笑えるシーンもたくさんありました。
おもしろい。
最初はちょっとチープっぽいのかなと思ったけど、チープどころかかなりのスケールで。
これはおもしろかった。
時間もちょっと短めでちょうどいい。
これは当たりでしたね。この夏オススメです。

[PR]
by yuricoramu | 2017-07-28 00:58 | 映画、舞台 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン