ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

カテゴリ:テレビ、芸能( 453 )

♪ワンウェイ、ジェネレーション。ワンウェイ、ジェネレーション♪
愛情の愛と書いてめぐみ。西尾さん。懐かしいなあ。

さて、今日から報道ステーションは小川アナに代わって、徳永アナです。
なんで?若い子に代わるならともかく、なんでまたこの人に。この人ってウッチャンの奥さんですよね。昔、不倫やらなんやらで騒ぎになってたけど。いやまあそれは別にいいけど、でもなんでまたこの人になったんだろう。
今日も特に違和感はなかったけど、わざわざ小川アナから代える意味がわからん。小川アナ好きだったのに。
ZEROも村尾さんから有働さんに代わりました。
有働さんもさすが、早速自分の色を出してる感じはしました。こちらもそんなに違和感はなかったです。
ただ、村尾さんは元々辞める予定だったのか、有働さんを入れたい為に、無理矢理辞めさせられたのか。
後者なら気の毒である。

[PR]
by yuricoramu | 2018-10-02 00:40 | テレビ、芸能 | Comments(0)

坪田先生ええなぁ卒業

ラジオ、「上泉雄一のええなぁ」の火曜日レギュラー、「ビリギャル」の坪田先生が今日で卒業でした。
ビリギャルに関しては、林先生も非難してました。元々賢い学校にいた子が、学内で低い偏差値だっただけで、本当のアホが慶應に行った訳ではない、このへんレベルならあの子以外にもいると。
確かにそうかもしれません。僕も林先生好きだし、実際そうなんでしょう。ただまあ、それはそれで、この坪田先生の塾の先生としての資質は知りませんが、ラジオのしゃべりは面白かったです。話が上手いなあと、いつも感心してました。
上泉アナも、坪田先生のことを好きそうだなあというのは伝わってきましたし、実際二人の掛け合いは面白かったです。
春は別れの季節と言いますが、秋も別れがありますね。ウエンツも留学だし、貴乃花も退職とか。これはちょっと意味合い違うかもだけど。
寂しくなりますね。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-25 23:09 | テレビ、芸能 | Comments(0)

アムロ考

どうも、安室奈美恵と同い年のユリコーンフーミンです。特別ファンでもなかったけど、もう中年と言われる僕らの年代で、同い年の人がこんなにスターでカリスマで、かわいいと言われるのは、励みになります。
昔からずっとファンでライブもずっと行ってた人は、そりゃあ引退となればさみしいでしょうけど、今大騒ぎしてる人達は、果たしてずっとファンだったのかいと。しばらく安室のことなんて忘れてたくせに、やめるとなると急に思い出して、25年間ありがとうとか言うてるんちゃうんかいと。
テレビでも、流れてくる曲は結局「キャンユーセレブレイト」とか、昔流行った曲やん。
まあでも、僕も前に氷室京介のラストギグスに行きましたけど、大阪と名古屋と2回行きましたけど、僕もボウイは昔必死で聴いたけど、氷室のソロは、せいぜいキスミーまでしか知りません。
最後だから、記念にライブに行って、昔の曲をやってめっちゃ興奮して、氷室ぉーって叫んだりしたけど、それと一緒や。
それを思うと、にわかというのとはちょっと違うのかなと。わかりませんけど。
ていうかもう、書いてるうちに、どうでもよくなってきました。松坂世代の人達と一緒で、同級生の頑張りというのは、励みになるもんですよ。
そういう意味でも、山本キッド死去のニュースはショックでした。同級生ではないけれど、同じ52年生まれ(向こうが学年が1つ上)。
あんなに身体鍛えてる人でも、ガンになったら死ぬんだなあ。なんか、僕もやがて歳をとって死ぬのかと思うとこわくなるけど、やがてどころか、こんなんいつ死ぬか分からんやん。
ショッキングだ。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-18 23:13 | テレビ、芸能 | Comments(0)

樹木希林死去

昨日、相撲を観てたらニュース速報で、『俳優の樹木希林さん死去』と出て、びっくりしました。
全身ガンとは言ってたけど、なんとなく死なないイメージがあったので、ショックです。つい最近も「ぴったんこカンカン」とか出てたし、映画もよく出てますもんね。
この前こけて入院して、一時危篤っていってたけど、やっぱりそれがきっかけだったのかもしれませんね。やっぱり歳をとると、こけるというのは危ない。まあ弱ってるからこける、というのもあるかもしれませんね。
個性派女優という括りでは収まらないくらいの、まさに唯一無二の存在でしたね。俳優としてもそうだし、内田裕也との関係もそうだし、生き様がすごいですよね。
75歳ですか。20年早いですね。まだまだ生き様を見せてほしかったです。残念。ご冥福をお祈りします。
あ、今日出棺の時に浅田美代子が映ってましたね。仲良かったですもんね。浅田美代子(62)って出てて、ええって思いました。浅田美代子も62かあ。歳もとるわ。いやんなる。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-17 22:12 | テレビ、芸能 | Comments(0)

この世界の片隅に最終回

ドラマ「この世界の片隅に」の最終回を観ました。
原作の漫画、映画のアニメは観ていません。なので、原作と違うやんっていう感情はありません。
その上で言いますが、いいドラマでしたよ。
原爆でお父さんが死に、お母さんも多分死んだのでしょう。妹も手にブツブツが出来て、恐らく長くないと思われます。
泣いた。
広島で出会った節子のお母さんの描写も、ゾッとしました。泣きました。これが原爆の惨さですよ。
前回はるみさんが死んだのも泣きました。思ったより戦争の悲惨さが描かれていて、よかったと思います。
最近あんまり戦争のテレビとかが少なくなったように思います。こういうのを見て、戦争はこわい、絶対ダメっていうのを、もっと伝えていかないといけませんね。
いらんと思ってた現代パートですが、最後まで観てやっと、まああってもよかったかなと思いました。
主役の子、松本穂香。見方によっては竹内結子に見えたりもしました。堺市出身なんですね。へー。調べたら、東百舌鳥高校とか。へー、ひがもか。最近は、やれ登美丘とか、東百舌鳥とか、同じ堺市民として、なんだか親近感が湧きますね。
この子も良かったですが、やはり尾野真千子の存在感は、流石だなあと思いました。何度も泣かされました。流石だ。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-16 23:01 | テレビ、芸能 | Comments(0)

チアダン最終回

ドラマ「チアダン」の最終回を観ました。映画版は観てないですが、内容だけは知ってます。
全米制覇したジェッツに憧れて、チアダンス部ロケッツを設立。色々あってついに全国大会に出場。さあ結果は、という流れ。
いわゆる青春モノ。僕は自分は努力をしないけど、人の努力と青春を見るのが好きです。
このドラマ、最初の3、4週くらいまですごく面白かったのですが、それ以降ちょっと勢い落ちました。なんかなあ、もうちょっと違ったらもっとよかったのになあって感じです。
とはいえ、若い役者さんたちが、懸命にダンスを踊る姿は、興奮するものがありました。
主役の土屋太鳳よりもむしろ、周りの子が気になりました。委員長役の子とか、チアリーダー部の部長だった子とか。この子かわいいですね。それと登美丘高校の子も頑張ってましたね。やはり同じ堺市民として、ついつい目で追ってしまいました。
あ、それと、サンボマスターの曲も良かったです。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-15 01:00 | テレビ、芸能 | Comments(0)

ハゲタカ最終回

ドラマ「ハゲタカ」の最終回を観ました。
綾野剛、沢尻エリカ、渡部篤郎、小林薫など、キャストは良かったんですが、どうも素人が作った劇を見ているようでした。
同じビジネスドラマなら、この前終わった仲村トオルの「ラストチャンス」の方が、ずっと面白かったです。
最後、綾野剛と沢尻エリカは何歳の設定だったんですかね。いや、ドラマなので、年相応に見えないとか、そういう苦情を言うつもりはありません。ただ、渡部篤郎だけ一人年取った感を出してたから。まあいいけど。
来シーズンは米倉涼子の破天荒弁護士もの?米倉涼子こんなんばっかりやな。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-06 23:22 | テレビ、芸能 | Comments(0)

ラストチャンス最終回

ドラマ「ラストチャンス」の最終回を観ました。
面白かったー!久しぶりにワクワクドキドキ胸踊るドラマでしたね。
半沢的な、痛快ビジネスドラマ。銀行に冷たくされたのが、最後は土下座をさせるというところなど、まさしく半沢。
主役の仲村トオルがさわやかでした。しかしトオルも、昔は不良の高校生だったのに、今や社長の役ですよ。年月を感じますね。
竜雷太が大会社のえらいさん役なんですが、この人こんな役専門ですね。出る役出る役全部えらいさんの役やん。
そして椎名桔平。渋いなあ。この人の渋さはなんなんでしょうね。この渋さはなかなか出ません。
まあそんなこんなで、面白いドラマでした。



[PR]
by yuricoramu | 2018-09-03 23:45 | テレビ、芸能 | Comments(0)
ビデオに録っていたドラマ「婚外恋愛に似たもの」の最終回を観ました。
栗山千明、平井理央、江口のりこ、安達祐実、富山えり子という、微妙に豪華なキャスト。栗山千明最近よく見るなあ。
立場の違う35歳女性が、アイドルの追っかけをきっかけに出会い、成長していくという内容です。
軽い内容で、ドラマの時間も1話30分というのが、観やすくてよかったです。1時間なら嫌になってたかも。
最後はアイドルの追っかけから、逆に支援する立場になったという。まあ、なんでもよし。軽くて面白かったです。
あと、大塚愛の主題歌も、結構クセになる感じで、よかったです。

[PR]
by yuricoramu | 2018-08-30 23:05 | テレビ、芸能 | Comments(0)

石ノ森章太郎物語

24時間テレビはあんまり観る予定はないけど、その中でやってたドラマ、「石ノ森章太郎物語」は観ました。
「まんが道」や「愛…知りそめし頃に…」で描かれていた、トキワ荘の石森氏(後の石ノ森)と、そのお姉さんのこと。藤子A氏によると、石森氏のお姉さんはほんとに美人だったと。
映画館に行ったせいで、お姉さんの死に目に会えなかったのを悔やむシーン、思わず泣いてしまいました。
お姉さん23歳で亡くなったんですか。若すぎでしょ。でも、石ノ森章太郎自身も、60でしょ。藤子Fも、手塚治虫も、60そこそこで亡くなって、改めて惜しいなあと思いますね。
ところで、恥ずかしいことに、僕は石ノ森章太郎の漫画って、そんなに読んだことないんです。「サイボーグ009」を、ところどころ読んだくらい。一応漫画好きを自負してるくせに、石ノ森章太郎をあんまり読んでないじゃ話になりませんね。また機会があれば読んでみたいと思います。

[PR]
by yuricoramu | 2018-08-25 23:26 | テレビ、芸能 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン