カテゴリ:音楽、ライブ( 203 )

タイトルだけ見たら20年前の日記かと思いますが、2018年12月8日です。今日はうちの母の誕生日ですが、朝のうちに実家に行っておめでとうと言ってきて、夜からは十三です。
ファンダンゴも、僕はそれこそ20年ぶりくらいです。道も全く覚えてない。今度移転するそうですね。ヌードルスのヨーコも言ってたけど、ファンダンゴといえば十三って感じだったから、ちょっとさみしいですね。
今日は少年ナイフのイベントです。スペースアドベンチャーという、今年から始まった、これから毎年冬はこのイベントをやるらしいです。
まずはヌードルス、の前に、メタルチックス。
無知ですいません、このバンド知らなかったのですが、ドラムの人が、O O I O Oの人だったんですね。
そしてヌードルス。ヨーコかわいっ。何歳やねん。昔のイメージから全く変わってない、とは言いすぎだけど、今もかわいいってすごい。
ヌードルスもメンバーまた変わったんですね。ギターが抜けたのは知ってたけど、ドラムも辞めたんですね。そしてさっきのメタルチックスのドラムの人がドラムをやってました。ヌードルスを観てると、バンドは歌や演奏が上手いだけではないんだなあと思います。
顔やね。
顔かいっ。まあでも、たとえ演奏がそんなに上手くなくても、補える魅力があればね。いいんですよ。
昔の曲しか知らないから、今日はほとんど知らない曲だったけど、「she her」が聴けてよかった。
そして少年ナイフ。直子さん、相変わらず元気でパワフル。何歳やねん。それこそ何歳やねん。
今日のメンバーはベースになるさん、ドラムはりさちゃん。少年ナイフもちょくちょくメンバーが変わるけど、直子さんがよくバンドを辞めずにやってるよなあ。ヌードルスもそうだけど、昔のファンとしては、メンバーが変わって遠くなったと思う一方、まだやってくれてるという、帰るところがあるというか、まるで実家のような存在で、こんなありがたいことはないですよね。
僕も美智枝さんが辞めてからの少年ナイフは、正直あんまり知らないけど、ベースのりつこさんは長い付き合いの友達だし、なるさんはマミーザピープショウの頃めっちゃ好きだったし。
そして何を隠そう、僕の奥さんも昔少年ナイフのサポートメンバーでベース弾いてたんですよ。
あ、これ言ったらあかんやつだったっけ。まあいいか、ここだけの話ということで。
なるさんのベース好きです。ドラムのりさちゃんも若いのに真面目そうで、笑顔でドラム叩いて感じ良いですね。
昔の曲しか知らないけど、今日は結構知ってる曲をいっぱいやってくれました。「ロケットにのって」や「エクスプロージョン」が聴けて嬉しかったです。
アンコールで「バナナチップス」「コブラVSマングース」、2回目のアンコール「すしバー」でオーラス。めっちゃ盛り上がってました。昔からの熱心なファンでしょうか。ありがたいですね。
僕も長いことライブをやってません。またやりたい気もするけど、この歳でまたバンド集まってライブなんて無理かなあという気もする。だけど、少年ナイフもヌードルスも、僕よりもっと年上なのに頑張ってて、それはすごく励みになります。
ガールズバンドを長く続けるのって本当に大変だと思います。えらいなあ。物販にいたヨーコに握手してもらった。可愛かったぁ。
今日は色々思うところのある1日でした。
p.s.ライブハウス久しぶりに行ったけど、腰が痛いね。ずっと立ってて、腰が痛い。ダメだ。もう歳だ。

[PR]
by yuricoramu | 2018-12-08 23:36 | 音楽、ライブ | Comments(0)

風雪ながれ旅

紅白に北島三郎が特別枠で出て、まつりを歌うそうです。
いいことですね。やっぱりね、紅白にサブちゃん出てほしいですよ。ついでに和田アキ子、森進一、小林幸子も復活させよう。
今年のヒット曲ないやんって意見もあるけど、そもそも最近って誰もが知ってるヒット曲なんてないでしょ。DA PUMPの USAくらい。みんなが知ってる曲を聴いて、気持ち良く新年迎えたいじゃないですか。
石川さゆりだって、毎年天城越えか津軽海峡でいいんですよ。まつりやあの鐘を鳴らすのはあなたや襟裳岬を聴きたいじゃないですか。
AKBやエグザイルの系統のグループは、出るなとは言いませんが、ひとつでいいです。ほんで、どうせならフライングゲットとかフォーチュンクッキーとか、みんなが知ってる曲をやってもらいましょう。
最近の曲は、ミュージックステーションとかFNS歌謡祭のスペシャルでやってください。紅白なんだし、年寄りが観やすいようにしましょう。どうせ今時の若者はテレビかかってても観ないでしょ。スマホいじってますよ。紅白を観る層が喜ぶようにしないと、どっちつかずになってしまいます。
それともうついでだから言いますけど、福山雅治のコンサート会場からの中継もいりませんわ。あれなんですか毎回。みんなと同じ舞台でやるか、出ないなら出ないか、どっちかにして。

[PR]
by yuricoramu | 2018-12-04 23:30 | 音楽、ライブ | Comments(0)

うちの奥さんが毎週ビデオに録ってる「関ジャム」を3週分観ました。
2時とか。えらい深夜にやってるんですね。前はもうちょっと早い時間じゃなかったでしたっけ?東京ではもっと早い時間にやってるんでしょうけど。
ユーミンと、ピアノと、サザンの特集で、それぞれ面白かったです。
ユーミンもサザンも、そこまで大ファンじゃなくても、かなりの曲を知ってて、しかもいい曲ばっかりで、すごいなぁと改めて思いました。
初期のユーミンなんて、ほんとに神がかってますよね。
よく「あの名曲をこんな若い時に作ったなんてすごい」っていうセリフを聞くけど、若い頃だからこそいい曲を作れるんですよね。最初のうちだから純粋に自分が作りたい曲を作る訳だから。後になればなるほど、前と違う曲を作らないとってなるから。そういう点では、サザンは今尚新しくて良い音楽を作り続けるというが、すごいなと、改めて思いました。
まあ、ユーミンも桑田佳祐も、天才だということはわかりました。わかりましたっていうか、わかってたけど、再確認しました。
ピアノの回もすごかった。僕は素人なので、技術的にどうすごいのか全然分かりませんが、とにかくすごいとは思いました。
ピアノって、それこそ音大のピアノ科とか出てたら、みんなうまいと思うんですよ。楽譜を間違えずに弾いたりとか、みんなできると思うんです。その中で、この人のピアノはすごいとかって、どういうところなんですかね。弾き方とか、表情とかになるんですかね。
まあそんな感じで。また今度ユーミンとサザンのマイベスト10をやろう。有名な曲しかしらんけど

[PR]
by yuricoramu | 2018-11-10 23:08 | 音楽、ライブ | Comments(0)

ジュリー

ユリコーンのベースフーミンです、こんにちは。ジュリーのさいたまアリーナドタキャン問題。えらい騒ぎになってますね。
僕個人的な意見としては、当日行く予定だったファンの方は本当に気の毒だなと。僕も以前、ポールマッカートニーの長居スタジアムのライブのチケットを取って、母と2人で観に行くつもりだったんですが、ポールの体調不良で中止になりまして。あの時は本当にショックでした。そういう時に限って、奇跡的にめっちゃいい席取れてたんです。ほんま今思い出しても悔しい。
なので行くつもりだったファンの方は、ほんとにかわいそうだと思います。思いますが、ジュリーを責める気にはなりません。それよりこの事でジュリーの評判が悪くなることが嫌だなあと思います。
元々ジュリーも、キャパ的にこんな大きいとこで大丈夫なんかって言ってたんでしょ。それをイベンターが大丈夫だからって言って、9000人集めましたって言って、ふたを開けてみたら7000人だったと。そら本当は7000人のファンの為にやればよかったんでしょうけど、そこはジュリーですから。
もっと1000人くらいしか入らないところでもやってるんでしょ。ただ、さいたまアリーナなんて、2万何千人入るところで、7000人ですから。いけるっていうからやるって言ったのに、全然やないかって、そら、辞める気持ちは分かるって、ラジオで山崎邦正(月亭か)も言ってました。この邦正の意見に僕は大きくうんうんと頷いて、よう言うてくれたと、嬉しくなりました。
何度も言いますが、当日行くつもりのファンの人は本当にかわいそう。でも、ジュリーはこれからも頑張ってほしい。
改めてジュリーの曲聴いたら、やっぱりカッコいいんですよ。僕も母がファンで(沢田研二のソロになってからより、タイガース時代のジュリーが好きだったみたいですが)、その影響もあって、僕も結構好きなんです。
ネタバレになりますが、僕のバンド、ユリコーンは、もうすぐ新しい音源が出来そうなんですが、その中の1曲に「ジュリー」という曲があって、まさしくジュリーリスペクト、ジュリーオマージュの曲なんです。まあそういう訳なので、あまりジュリーを責めないでやってください。


[PR]
by yuricoramu | 2018-10-19 14:15 | 音楽、ライブ | Comments(0)


c0195200_23033043.jpeg
今日は服部緑地レインボーヒルに行ってきました。ユリコーンハコちゃんと。僕的には2015年以来、2回目のレインボーヒルです。
先日の台風の影響で、オトダマが中止になったと聞いてたので、これもどうかな、危ういかなと心配してましたが、無事開催。雨の中、電気も復旧してない中、よくやれたなあと感心しています。
出演者に載ってませんでしたが、タテタカコがオープニングアクト。オープニングアクトというか、開場してお客さんが席に着くまでの間の1曲だけやりました。すごい。
トップバッターは夕凪。夕凪の時にもタテタカコがゲストで1曲歌いました。
次はふちがみとふなと。今日のお目当ての1つです。実は僕も対バンしたことあるんです。前のバンドの時。15年くらい前になりますが、この人たち、びっくりするくらい変わってません。
2人体制なのに、しっかり音楽をやって、面白い音楽でお客さんを笑わせる。いやもう、僕がやってるバンドの理想形がこの人たちですね。
お客さんの心をがっちりつかんでました。流石。素晴らしい。
正確な順番は覚えてないですが、みにまむすを挟んで、キセルやハッチハッチェルやROCO。この中でROCOは初めて観ました。童謡ジャズだって。
それから、当初予定になかった知久さん。元たまの知久さん。パスカルズで出演予定ですが、急遽ソロでも歌ってくれました。
それからタブレット純さん。初めて観ましたが、本日一番の衝撃でした。この人お笑い芸人なんですか?ムード歌謡歌手?マヒナスターズにいたって言ってたけど、後から入ったメンバーとか?
全く前知識なく観ましたが、歌はうまいし、面白いし、甘いマスクだし、いい人そうだし、何これちょっと、めちゃくちゃいいやん。会場の空気も変わりましたね。
美輪明宏のモノマネをしながら「ヨイトマケの唄」を歌いました。ちょっと、感動して泣きそうになりました。めっちゃいいやんこの人。一気にファンになりました。
そして小島麻由美。デビュー当時からの、年季の入ったファンです。ライブは梅田クアトロの、柴田聡子との対バン以来かな。今日のバンド編成は、ギター塚本っさん、ベースカジヒデキ、ドラムハッチ。この編成だと、もっと久しぶりになりますね。
今日はずっと椅子に座って観てましたが、小島麻由美だけはステージ前に行きました。
セトリです。「パレード」(サウンドチェック)、「結婚相談所」「セシルのブルース」「白い猫」「恋の極楽特急」「夕陽が泣いている」「月影のナポリ」「泡になった恋」「茶色の小瓶」「ひまわり」。間違ってたらすいません。
ハッチは相変わらずなんでもできる器用な人で、カジヒデキは相変わらず半ズボンでした。
そしてトリはパスカルズ。良いという噂はよく聞いてきましたが、ようやく初めて観ました。
なるほど、確かに、心にくるものがありました。アンコールでは「さよなら人類」のワンフレーズも歌って、わあって思いました。
いやあ、いいイベントでしたね。雨も降ったり止んだりで、身体も冷えましたけど、いい意味でゆるくてよかった。普通にタテさんやふちがみさんやカジヒデキが、すぐ前にいたり、すぐ横の席で座って観てたりして、こんなに出演者と近いのも珍しいんじゃないでしょうか。
いいイベントでした。


[PR]
by yuricoramu | 2018-09-09 22:48 | 音楽、ライブ | Comments(0)

神戸バックビート閉店

ユリコーンのホームグラウンドとも言うべき、神戸バックビート、マージービートが、今年いっぱいで閉店するそうです。
そうかあ、さみしくなるなあ。
ここ数年は全然行ってないけど、どんな感じだったんでしょうか。もう西山さんはいないっていうのは噂で聞きました。色々お世話になりましたよ。
これも時代の流れでしょうか。さみしいですね…。


[PR]
by yuricoramu | 2018-09-01 23:50 | 音楽、ライブ | Comments(0)

民生新バンド

奥田民生がまた新バンドを結成したそうだ。
「カーリングシトーンズ」。もちろんローリングストーンズをもじったものと思うけど、カセイフハミターズに通じるものもある。
メンバーは民生に斉藤和義、トータス、ヨーキン、寺岡呼人にフライングキッズの浜崎。
豪華な面々だけど、またかという気もする。民生は地球三兄弟とか、サンフジンズとか、ひと昔前ならOPキングとか、寺田とか、バンハズとか、色々ユニット組みすぎて、このメンバーも前やらんかったかなっていう気がする。ここに吉井和哉とかもいてそうだ。
個人的にはソロとユニコーンと地球三兄弟だけでいいです。
とか言ってCD出たら多分買うと思うけど。
そして呼人ファンには大変申し訳ないけど、呼人入れるんなら宮田和弥の方がよかった。
田島貴男も呼んで。もうそれならルーツ66と一緒か。

[PR]
by yuricoramu | 2018-07-11 19:01 | 音楽、ライブ | Comments(0)

キティーデイジー&ルイスのライブに行ってきました。梅田クアトロ。
生まれたばかりの子供と奥さんを置いて、何してんねんと怒られそうですが、どうしても行きたかったんです。ごめんね。
あんまり洋楽に詳しくない僕ですが(まあ邦楽も別に詳しくないけど)、この人達のCDは1枚目からずっと集めてます。
何回か来日してるみたいですが、僕は今回初めて観ます。
キティー、デイジー、ルイスの3きょうだいと、バックバンド2人の5人編成。
曲ごとにボーカルと楽器を交代させるスタイル。3人ともそれぞれボーカルやって、ギターやって、キーボードやって、ドラムやって。
カッコいい!いいなあ音楽きょうだい。
そして途中で気付いたんですが、バックバンドの2人もお父さんお母さんでした。うーわ、あのベースのおばさんも格好良いなと思ってたんです。
音楽家族。すっごいなあ。憧れる。
ルイスもキティーもすっごい格好良かった。でも僕はデイジーにやられました。女子プロみたいな衣装に、力強いボーカル、そしてドラムを叩く姿が忘れられない。惚れました。
途中スペシャルゲストが。トランペットのおっちゃん。有名な 人なんでしょうか。知らなくてごめんなさい。でも明るい人で、ライブがさらに盛り上がりました。
いやー、めちゃくちゃ良かったですよ。最高でした。2018年ベストライブきましたね。
CDではずっと追いかけてた人たちですが、ライブも絶対欠かさず観たいですね。余韻がすごい。

[PR]
by yuricoramu | 2018-01-27 08:49 | 音楽、ライブ | Comments(0)

裕木奈江

車でラジオを聴いてたら、ウィスパーボイスのオシャレな音楽が流れてきて、カヒミカリィかな、でも曲調は矢野顕子みたいな、誰の曲だろうと思ったら、なんとなんと、裕木奈江でした。
まさかの。
全く予想しなかった名前が出てきてびっくりしました。
あー裕木奈江か。・・・裕木奈江!?みたいな。
調べてみたら、裕木奈江の「宵待ち雪」という曲でした。
作詞、松本隆。作曲、細野晴臣。
うわぁ、細野晴臣っぽい。言われてみたらめっちゃ細野晴臣っぽい。
ていうか作詞作曲めっちゃ豪華やん。裕木奈江ってそういう系だったのか。全く知らなかった。
僕の中では「北の国から」で、純との間に子供が出来て、堕ろして、菅原文太に誠意って何かねって言われた、あのイメージですけどね。
裕木奈江かあ。ツタヤで借りてこようかなあ。

[PR]
by yuricoramu | 2018-01-18 23:22 | 音楽、ライブ | Comments(0)

c0195200_00114490.jpeg
ユニコーンのライブに行ってきました。
Zeppベイサイド。新しくできたとこ。ユニバーサルの次の駅の桜島にあるんですね。民生も言ってたけど、前もこっちになかったっけ?と。そうなんです。前は南港にあって、それがなくなって難波に行って、またこっちの方にも出来たんですよね。
今回のライブは、30周年記念のツアーなので、とっても楽しみにしてました。
最近は新しいアルバムの曲中心で、昔の曲は1.2曲やるだけの感じです。まあ今の曲もいいんですが、やっぱり昔の曲は思い入れが違うもんで。
今回はアルバムのツアーじゃないし、30周年だから昔の曲もいっぱいやるんじゃないかと。
やりました。1曲目から「雪が降る町」。もうのっけからやってくれました。最高。
今日は新旧織り交ぜてのセトリでしたが、特に「ハヴァナイスデー」からの、「ヒステリーミステリー」。うーわやばい。こんな古い曲。ライブで初めて観ました。年甲斐もなく大声で「ヒステリー!」って歌ってしまいました。さらに「サービス」。うーわこの曲好きやったぁ。寒気しました。他にも「ヒゲとボイン」や「車も電話もないけれど」などなど。
よかったなあ。中学の頃死ぬほど聴きました。周りのお客さんもアラフォーぽい人達ばかり。みんなきっと旦那や子供がいたりするんだろうけど、今日はキャーとか言って一緒に口ずさんだりしてました。なんかいいですね。
「ブルース」で、メンバー楽器をシャッフルしたんだけど、民生が、アベがピアノを弾いてると思ったら川西さんがやってて、その弾いてるフリというか、それがめちゃくちゃ面白かったらしく、腹かかえて笑ってました。ヒーヒー言うて。あれはマジ笑いでしたね。民生があそこまで腹かかえて大笑いしたのが見れてよかったです。
ちょっとアンコール1回で、もうちょっとやってほしかったけど、でもよかったです。
帰り、ライブ帰りの客と、ユニバ帰りの客で、電車は混み混みでした。ツリーもちょっと見えました。きれいでした


[PR]
by yuricoramu | 2017-12-23 23:05 | 音楽、ライブ | Comments(0)