ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

カテゴリ:漫画、本、ゲーム( 228 )

朝倉かすみ3連発

c0195200_17371609.jpeg
古本で朝倉かすみの「田村はまだか」を買ったついでに、同じ朝倉かすみの「好かれようとしない」と「感応連鎖」も買って読みました。
すっかり図書館に通わなくなったので、古本を買っては売りです。
朝倉かすみ、初めて読む作家さんです。出た順に、好かれようとしない、田村はまだか、感応連鎖、と読みました。独自の文章表現を持ってる人だなあと思いました。って素人が偉そうにすいません。
読みやすくて、スラスラ読めましたが、そこまで強烈に印象に残ったかというと、そこまではいきませんでした。まあ、それぞれ好みがありますからね。嫌いではないです。
この3つの中では田村はまだかが一番良かったです。誰が読んでも好き嫌いなく読めると思います。良かった。感応連鎖は、途中までは面白かったんですが、最後だれてしまいました。好かれようとしないは、雰囲気を楽しむというか、ドラマにしたら良さそうかもしれません。



[PR]
by yuricoramu | 2018-11-06 21:39 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)
c0195200_23040374.jpeg
漫画「妹はメシマズ」の3巻を読みました。この巻で完結です。
青木U兵の漫画です。この人といえば、僕は「フリンジマン」でハマり、それから「服なんてどうでもいいと思ってた」、そして今回のメシマズと、新刊が出る度に集めてるんですが、面白いのにいつも3.4巻で終わってしまうんですね。打ち切りなのか、自分で終わらせてるのか微妙なところですが。
正直今回のメシマズも、早く終わりそうな予感は1巻からしてました。僕はこの空気感は好きですけどね。
天才の妹が料理だけは苦手で、ダメな兄貴に教わるという話。あのね、この人の漫画は、深く考えずに、気楽に読んだらいいんです。単純に面白いです。

[PR]
by yuricoramu | 2018-10-30 22:41 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

パレスメイヂ

c0195200_23130831.jpeg
前から気になっていた漫画、「パレスメイヂ」を全7巻大人買いして、一気読みしました。
とても良かったです。とてもとても良かったです。
女帝と侍従の身分違いの恋。絶妙の距離感にキュンキュンします。なんていうか、安っぽい恋愛じゃなくて、品があるんですよね。
日本の明治、大正時代をモデルにしてますが、フィクションです。このパラレルワールド感もまた絶妙でありました。
7巻で終わるというのもちょうどいい長さ。中だるみもなく、最初から最後までいいお話でした。素晴らしい。間違いなく名作です。

[PR]
by yuricoramu | 2018-10-26 20:15 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

町でうわさの天狗の子

c0195200_18514387.jpeg
会社の人が大プッシュしていた漫画、「町でうわさの天狗の子」を全12巻一気読みしました。
なるほど、これは面白かった。
絵柄といい、ゆるい雰囲気といい、好きな感じ。登場人物がみんないい人なのも良い。普通の漫画なら、その他大勢の名前もついてないような脇役にも、それぞれ個性があります。
例えばまっつんなら、黒目もない見た目なのに、料理や裁縫も得意で、気持ちも優しく、クラスのアイドル雲井君とも付き合います。
最後は大長編ドラえもんの「大魔境」のような、怒涛のSF展開もあって、盛り上がりました。
さっきも言いましたが、友達メンバーがめっちゃいいんです。みどりちゃんも、金ちゃんも、まっつんも、タケル君も、みんなめっちゃいい子。もみじちゃんなんてもう、かわいいし、強いし、性格良いし、たまらん。
僕的には主役の秋姫と瞬より、まわりのみんなのいい子さに感動したよ。
良い漫画でした。

[PR]
by yuricoramu | 2018-10-13 18:21 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)
c0195200_11271263.jpeg
「ニューヨークで考え中」の2巻と、「A子さんの恋人」の5巻を読みました。
どちらも近藤聡乃の漫画です。ニューヨークの方はエッセイ漫画で、A子さんは一応恋愛モノというか、どこまでフィクションか実体験か分からないけど、すーごくいいです。
A子さんの方は、今一番好きな漫画かもしれません。元美大生達の、アラサー青春群像と言いましょうか。なんていうか、そんな悲しい出来事とかは無いんですけど、なんともいえんせつない気持ちになります。
オシャレという共通点はあるものの、色んな性格の仲間を嫌味なく描いていて、共感するし、感心します。
絵も一見シンプルに見えますが、すごく上手くて、絵を見てるだけでも気持ちいいです。
話としては、いよいよ佳境に入ってきた感じです。次あたり最終巻かもしれませんね。さみしくなります。
ほんとに、藤子不二雄とかさくらももことかレジェンド級以外で、今一番好きな漫画家です。近藤聡乃。A子さんを読んだ上で、考え中を読むと、また違った感想が湧き出てくると思います。オススメです。

[PR]
by yuricoramu | 2018-10-06 09:18 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

言葉尻とらえ隊

能町みね子の「言葉尻とらえ隊」を読みました。
妻が持っていた本です。妻は能町みね子のファンです。
なるほど、面白い。以前も「オカマだけどOLやってます」を読んで(これも妻が持っていた本)、面白いと思いましたが、これも良かった。
週刊文春で連載されてるコラムを一冊にまとめたものです。基本的に時事ネタを扱ってるので、今読むと、ちょっと懐かしい出来事について書かれてたりしますが、でもそこまで古さは感じません。
昔読んだナンシー関の本を思い出しました。あの人も大概面白かった。と思ったら、『ナンシー関が死んで10年になるのに、未だにナンシー関の意見を求めたがる人は、自分で考えることをしない人だ』的なことも書いてあって、あわわと思いました。
まるっきり考えが一緒というわけではないですが、うんうんと思うところが多くて、読んでて気持ちよかったです。

[PR]
by yuricoramu | 2018-10-04 23:35 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

サザンと彗星の少女

c0195200_23404149.jpeg
漫画「サザンと彗星の少女」上下巻を読みました。
ちょっと前に本屋で並んでて、買うかどうしようか、ずっと悩んでました。
『オールカラーのフルアナログ作画、夢と浪漫の王道SF』という帯の文字がずっと気になってて、とうとう買ってしまいました。
買って大正解。めちゃくちゃ良かったです。
これぞ王道SF。伏線が散りばめられてとか、そういうのはないです。本当にシンプルに、ゴールに向かって一直線。古き良き、子供の頃に夢中で読んだ、あのワクワクドキドキ感。あの感じを今味わえる、そんな漫画です。
水彩で描かれたという、このカラーの絵も、昔っぽい雰囲気を出していて、より興奮します。絵が上手いです。純粋に絵だけ見ても楽しめます。
スターウォーズとラピュタを足して高橋留美子で割ったような感じ、と言えば、なんとなくイメージ湧くでしょうか。このワードで気になった人は、読んでまあ間違いないと思います。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-24 22:16 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

彼方のアストラ

c0195200_00580853.jpeg
漫画「彼方のアストラ」を全5巻一気読みしました。
たまたま1巻を立ち読みしたら面白かったので、一気に全5巻買いました。この漫画、全然知らなかったのですが、結構人気あったんですね。
これは面白いわ。SF宇宙冒険モノ。いくつかの謎も最後解決したし、いいバランスでギャグも散りばめられてて、ほんと、面白かった。
食べ物を食べた時、美味しんぼやまんが道の顔になったりとか、そういうセンスは好きだ。
この前読んだ「アルヴァドリング」もそうでしたが、今SF宇宙モノが熱い。作者は、人気の出にくい難しいテーマと言ってたけど、いやいや、読んでてワクワクするし、面白い。
どちらも4,5巻で終わって、もっと読みたい気もするけど、やっぱり難しいのかな。引き伸ばしても結局同じことの繰り返しになるか。そう思うとスパッと終わる方がいいかのかな。
巻数も少ないから、一気読みもしやすいし、気になった方は全巻買って読んでください。おすすめです。

[PR]
by yuricoramu | 2018-09-12 23:55 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)
c0195200_02182550.jpeg
♬若い日ーはっ、みな何かをめざーせー♬
今年の高校野球、大阪桐蔭の根尾くんを見てたら、昔やってた「キャプテン」のイガラシを思い出しました。そして、猛烈にキャプテンを読みたくなって、古本でまとめ買いしました、
テレビも見てたし、漫画も友達に借りて読んだことあるんですけど、なんせ30年前くらいで、覚えてるかどうか。
と思ってたんですが、結構覚えてました。僕の中ではキャプテン、イコール谷口。というイメージでしたが、どっちかといえば、イガラシが一番メインみたいでしたね。あと、昔読んだ時は近藤が嫌いで、イライラしたものですが、今読んだらかわいらしいもんでした。ちょっとイラっとしたけど。
今の時代なら絶対問題になりそうな練習だったりするけど、まあ昔の漫画だから。
谷口は青葉学院から墨ニに転校してくるんだけど、私立っぽい青葉から、ボロ長屋に、何があったんだろうか。
まあ、読んでたら、そういう背景とかどうでもよくなりますけどね。ひたすら野球。そういう漫画です。
さっきも言いましたが、今の時代と比べたら、違ってる部分もあります。でも、今読んでも全然褪せない面白さ。流石名作です。
キャプテンを全部読んだので、次は「プレイボール」をまとめ買いしました。
実は初めて読みました。舞台は高校野球。こちらは完全に谷口が主人公。
キャプテンとリンクしていて、ほとんどセットで読むような内容ですね。
もちろん面白いです。
丸井、イガラシとメンバーが揃って、さあこれからってところで終わってしまいました。これは続きが読みたい。
今やってる「プレイボール2」を買おう。もちろんちばあきおは亡くなってるので違う人が描いてるんですが、続きが読みたい。


[PR]
by yuricoramu | 2018-09-08 23:18 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

さくらももこ死去

c0195200_23100735.jpeg
死去とか書きたくない。ほんとに実感がわかない。
さくらももこが亡くなったというニュース。びっくりして、信じられなくて、ショックで、涙が出ます。
ちびまる子ちゃんも、コジコジも、全巻持ってます。エッセイも持ってます。ももこのほのぼの劇場、大好きでした。
中2の頃、盲腸になって、盲腸で入院しながら、「盲腸の朝」を読みました。その時の情景を、今思い出しています。
小学生の頃、姉が読んでいたりぼんにちびまる子ちゃんが載っていて、僕の方が大ハマりしました。その後コミックスも集め、テレビは第1話から観ました。
僕も絵を描きますが、絵を描くのも、さくらももこみたいな絵を描きたいというのが、根底にありました。
本当にショックです。乳がんだったなんて。ヒデキが亡くなった時、さくらももこ自身も、病気と闘っていたのでしょうか。お姉ちゃんの声をやってた水谷優子も、乳がんで亡くなったんですよね。それにしても53歳て。若すぎやろ。
まる子の声のタラコが、「ご冥福をって言いたくないです」ってコメントを出してたけど、すごく分かります。ほんと、さくらももこさんご冥福をって、なんか、言いたくないというか、ほんとに、突然すぎて、ショックすぎて、ただただ悲しいです。

追記:1日経って、悲しさは消えないけれど、思いを絵に描いてみました。

[PR]
by yuricoramu | 2018-08-27 23:57 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン