人気ブログランキング |

2019年 05月 18日 ( 1 )

ピーチミルククラウン4巻(最終巻)

c0195200_01173247.jpeg
漫画「ピーチミルククラウン」の4巻を読みました。この巻で完結です。
今回、ラストのネタバレがあるので、知りたくない人はこの先読まないでください。
前作「夕空のクライフイズム」が、まあまあ面白くて、今回も期待したんですが、ちょっと微妙でした。
夕空の〜は、作者のサッカー愛が伝わってきましたが、今回はただ陸上部の恋愛をテーマに漠然とやってる感じがしました。
最終話の前の話のラストで、桃が与一に告白して、与一が断るというシーンで終わりました。これはフリで、最後はうまくいくんでしょって感じで読んでました。からのーみたいな。
ところが、なんと、このまま終わったんです。ほんとに断った。与一が桃を好きという想いが冷めたという。びっくり。
絶対最後うまいこといくと思ってたからこそ、途中ライバルに取られそうになったりとかでイライラしつつも、読み進められたのに、まさかの断って終わり。
ある意味衝撃、まさにだーい、どんでん返し(ねるとん)って感じです。これは漫画的にはあまり今までにない感じと思いますが、個人的にはうまくいってほしかったので、こんなラストは全く望んでいません。
元々そんなに必死に読んでた漫画ではないですが、それでもこのラストはあっけにとられて、ちょっと、がっくりきました。

by yuricoramu | 2019-05-18 23:25 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る