人気ブログランキング |

2009年 06月 27日 ( 1 )

必殺仕事人

「必殺仕事人2009」の最終回を観ましたよ。

少年隊のヒガシはものすごく時代劇似合いますね。
さみしい話ですが、これで藤田まことが完全に引退しても、ヒガシが引き継いでくれますね。
今回はほんと、世代交代な感じでした。

結構面白かったです。


この仕事人、内容はいつもほんとにかわいそうなんですよ。
いい人が、ものっすごい悪いやつに殺されるんですよ。
それでその無念を、仕事人が斬ってくれるんですけど、

確かに悪いやつを斬ってくれてスッとはするんですけど、
心の底からスッとはしないです。
それはやっぱり死んだ人は戻ってこないからですね。
かわいそうなんです。


水戸黄門なんかは町民が悪代官にいじめられても、死ぬことはないでしょう。
ちょっとこらしめた後で印籠を見せて、ハハーッと。
確かに、スッとします。
観てて気持ちは良いですよね。


暴れん坊将軍もそうですが、暴れん坊将軍は割とね、死ぬんですよ。町民が。
死んでから上様が来て、許せん!と。
もうちょっと早く来たら死なずに済んだのに~と何回思ったかわかりません。


これはいつも思うことですが、水戸黄門は最後印籠を見せたら悪者も「ハハー」ってなるでしょう。
ところが暴れん坊将軍だと、「えーい、上様とてかまわん、切り捨てい!」ってなるんですよ。

先の副将軍でも「ハハー」ってなるのに、現役の上様なのに「上様とてかまわん、切り捨てい」って。

まあでもそこが暴れん坊将軍のいいところ。
僕が一番好きな時代劇です。
by yuricoramu | 2009-06-27 03:28 | テレビ、芸能 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る