人気ブログランキング |

百舌鳥古市古墳群世界遺産へ

c0195200_00202401.jpeg
私、生まれも育ちも堺市であります。まあ、実家の方は南区なんで古墳から結構遠いんですが、今住んでる家は仁徳天皇陵と言われる大山古墳からすぐ近くです。
ちなみにうちの奥さんの実家は羽曳野市古市で、これまた応神天皇陵の近くということで、まさしく僕たち古墳夫婦、こふんふ。
ニュースで言われてるので皆さんご存知でしょうが、仁徳天皇陵と言われる前方後円墳、現地で見ても、全く鍵穴の形には見えません。ただお堀があって、その奥に木があるだけです。近所で一番高い、市役所の高層館展望室に行ったとて、鍵穴の形には見えません。飛行機かヘリで見るしかありません。知らずに行ったらガッカリされることうけあいです。まあ、周囲は割と静かだし、散歩やジョギングをするにはいいところなので、現地で雰囲気を味わうだけならいいかもしれません。あの形は見えないけど。
僕らが子供の頃は、仁徳天皇陵と言ってましたが、今は言いません。仁徳天皇陵じゃないかもしれないから。深く調べたら、今の天皇さんのルーツと全然違うとこにいくかもしれないから、あえて調べないとか、そういうちょっとこわい、都市伝説的な言われ方もされてます。
ところで、ニュースや新聞で、「大山古墳」と表記されてるのに、ものすごく違和感があります。大仙じゃないの?大山なん?

Commented by omachi at 2019-05-15 22:01 x
お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
by yuricoramu | 2019-05-14 23:58 | その他 | Comments(1)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る