ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

コンフィデンスマン最終回と、プロフェッショナル辞書編纂者

堺のドンファンことユリコーンフーミンです、こんばんは。
我が子を虐待死させたり、新幹線で誰でもよかったと無関係な人を殺したり、心が重くなるニュースばかりで、心が重くなっています。
ん?心が重くなるニュースで心が重くなる?まあ、いいか。

ドラマ「コンフィデンスマンJP」の最終回を観ました。
面白かったです。最終回は、いつものアジトというか部屋だけで物語が完結する、さながら密室型サスペンスのよう。観てて、まあ死ぬことはないとは思いつつ、ちょっとドキドキしたりして。
これ、脚本はリーガルハイとかデートの人なんですね。あーぽいぽい。
これは長澤まさみは当たり役じゃないですか。良かったです。
映画化の話も。観に行きたい気もするけど、それも実は嘘じゃないかって思ってしまう、そんなドラマでした。面白かった。

その後「プロフェッショナル」を観ました。辞書編纂者の飯間浩明さん。これも面白かったですねえ。めちゃくちゃ興味深かったです。
「的を射る」と「的を得る」。的を得るは間違いだとかつてはされていたが、今はどちらも間違いではないという。
その検証作業も大変です。やはり辞書なので、そこらのネットの意見の様に、安易に決めつける訳にはいきません。途方もない作業です。
だけどこの人はその作業を楽しんでやってるように見えました。気がつけば夜が明けてたという具合に。
新しい言葉を探すことにも貪欲で、街中でも常に目を光らせています。
いいなあこの人。正に三浦しをんの「舟を編む」を地でいってますね。
とても面白く、興味深かったです。ってさっきも言いましたね。僕も語彙を増やしたいです。ゴイゴイスー。




[PR]
by yuricoramu | 2018-06-12 00:39 | テレビ、芸能 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン