人気ブログランキング |

さよならあっちゃん

今日は夜、家に帰ったらテレビで「平成教育学院」の卒業スペシャルをやってました。
今回で宇治原や平山あやや渡辺真理さんらが卒業ということで、特に宇治原がいなくなるのはさみしい。
卒業証書の授与や、最後みんなで「仰げば尊し」を歌ってるのを観て、もらい泣きしました。
こんな縁もゆかりもないテレビ番組の卒業式でも泣いてしまいます。
そう思うと、今回被災地のみならず、東京はじめ関東の学校も卒業式が中止の学校が多いと聞きます。
卒業式がないって、悲しいですね・・・。


昨日は、友人のジャスティンのライブを観に行ってきました。
この日が、友達のあっちゃんに会う最後の日だったのです。
あっちゃんは僕の友達の中でも特におしゃれでバイリンガルな女の子で、あっちゃんイコール外人友達というくらい、あっちゃんの周りにはいつも外人がいます。顔が広いんです。
もちろん英語はペラペラだし、おしゃれだし、純粋というか、裏表のない感じの、ほんとにいい子なんです。
鳥取出身でね。ピュアなんです。
ユリコーンでもお世話になって、「ユリコヨミ」のCDでは写真と、「恋におちた」の出だしの英語のセリフをやってもらいました。

そんなあっちゃんはもう間もなく、拠点をドイツに移すということで、日本を旅立ちます。
最低でも1年は帰ってこないと言ってましたが、あっちゃんのことだから、絶対1年ではすまないでしょうね。
さみしいですが、向こうでの活躍を祈ります。

あ、ジャスティンのライブの内容を全く書いてなかったですね。
いい意味で、非常に力の抜けた、気軽なライブでした。
会場も、やはりというか、外人の集まるバーで。
曲は「レットイットビー」とか「カントリーロード」とか「ええねん」とか「さよならカラー」とか。洋邦問わず、有名な曲のカバーを中心に。
こんな時だから、「イマジン」がすごく心に響きました。

ライブが終わって最後あっちゃんとお別れするときに握手をしました。
握手をすると、一瞬でいろいろ思いだしたりして、ちょっと泣きそうになりました。
僕からはメッセージカードをあげました。イラスト付きです。
まあ、僕なんかは気が小さいから外国に住むなんて絶対無理だけど、あっちゃんなら全く心配いらないし、いい子だから、すぐに向こうでも友達いっぱいできるでしょう。

あっちゃん、行ってらっしゃーい。
by yuricoramu | 2011-03-21 02:38 | 生活 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る