ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2016年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0195200_117288.jpg
真心ブラザーズのライブ、「マゴーソニック2016」(ゲスト、ウルフルズ)に行ってきました。Zepp難波。
めちゃくちゃよかったですー。
真心とウルフルズは25年来の知り合いだけど、がっつり2マンで対バンは初めてだそうです。
僕自身真心のライブは、イベントでちらっと観たり、地球三兄弟で観たりはあったけど、正味の真心のライブとなると、15年ぶりくらいになります。昔は結構何度か行ったんだけど。
さてさて、まずはウルフルズから。ウルフルズのライブは僕は去年、いや、一昨年のヤッサ以来ですかね。
「ええねん」で始まり、「大阪ストラット」とか、「いい女」とか、こう、有名どころの曲をだーっとね。
うーん、やっぱりいいなあ、ウルフルズ。バンドって感じしますよね。MCでは真心との昔の思い出を語ってました。
出会ったのは89年とか言ってました(間違ってたらすいません)。お互い前のバンドからの知り合いなんですよね。そんな時からの仲で、お互い今でも一線でやり続けてるっていうのがまたすごいですよね。
そして真心。今日は10人編成のバンドです。さっきも言いましたが、僕も正味真心のライブを観るのは15年ぶりくらいなんですよね。
それこそ活動休止前は何度か観に行きましたし、曲も結構知ってたんですが、最近の曲は知りません。
今日も知らん曲ばっかりだったらどうしようと思ったんですが、いやいや、ほぼほぼ知ってました。うれしかった。
「EVERYBODY SINGIN'LOVE SONG」に始まり、「JUMP」とか、「サマーヌード」とか、知ってる曲ばかりでした。カバーも何曲かやって。ウルフルズもカバー曲やってましたね、そういえば。
アンルイスの「グッバイマイラブ」や、吉田拓郎の「流星」。めっちゃよかったです。泣きかけた。
MCも、ヨーキンも桜井も、適当な感じがおもしろかったです。最後は「拝啓ジョンレノン」で。盛り上がりました。
その次がセッションです。25年来の知り合いなのに、初セッションだそうです。ウルフルズのメンバー楽器も持たず、6人横一列に並んで、「空にまいあがれ」を。
しかもサンコンが一番センターで。この曲、サンコンがドラムで入ってたらしいんですね。へー。それなのにドラム叩かず、真ん中で歌ってるのがまたおもしろかったです。
そういえば真心のバンドのベースの人も、ジョンBが休んでた時期にウルフルズで弾いてたそうです。へー。縁あるんやねえ。ジョンBも今日はブラック田ヨンピルや言うて、いじられてました。ヨーキンも倉持陽一に戻して、今日は昔の名前で行こうみたいな。おもしろかったです。
次はウルフルズのメンバー楽器を持って、みんなで「ガッツだぜ」を。
さらに「どかーん」を。最高に盛り上がりました。
最後はまたカバーで「ルイジアナママ」を歌ってオーラス。
いやあ、めちゃくちゃよかったです。興奮冷めやらぬといった感じで。
今年イチです。よかったー。最高。
[PR]
by yuricoramu | 2016-02-29 01:17 | 音楽、ライブ | Comments(0)

梅田の事故

梅田で車が暴走して多数の死傷者が出たニュース。
何回も通ったことのある、知ってる場所だけに衝撃が大きいです。
こう言うとあれだけど、てんかん持ちとか、アクセルとブレーキを間違えたとかだったら、運転手に腹も立つけど、今回の場合は元気な人が急死したってパターンだから、どないもしようがない。
被害者の方も、まさか歩道を歩いててこんなことになるなんて思う訳ないし。気の毒すぎます。せめて重体の方が何とか回復しますように。
そして今回加害者になってしまったけど、運転手の方もかわいそう。どうしようもないもんね。
こんなこと言うと怒られるけど、運転手奈良の人らしいけど、まだ奈良の田舎でこうなったら、鹿ひくくらいで済んだかもしれないのに、よりにもよってこんな梅田の真ん中で。
運転手の家族の人もかわいそう。身内が死んで悲しいとか言ってる状況じゃないし。他人を巻き込んで。補償とか、どうするんだろう。
先日、父方の親戚のおっちゃんが急死したんです。ほんとに急死で、今朝まで元気だったのに、会社で急に倒れてそれっきり。奥さんや子供も突然の死に大泣きしたらしいです。
悲しいけど、考えようによっちゃ、まだ会社で死んでよかった。運転中に急死して、他の人巻きこむとかになったら、えらいことになる。
今回の事故、運転してた方の家族の方、今後どうするんだろう。考えただけできつい。生き地獄だ。
[PR]
by yuricoramu | 2016-02-26 21:28 | その他 | Comments(0)
大阪フィルハーモニー交響楽団コンサート+バレエに行ってきました。
フェスティバルホール。
バレエ鑑賞は2度目です。前はもうちょっとライトな公演だったから、こういう、オーケストラをバックに本格的なのを観るのは初めてです。
バレエの前にコンサート。やっぱり、フェスティバルホールは音がいいです。
心地良すぎてウトウトしてしまいました。
そしてバレエ。バレエの演目はこうです。

「くるみ割り人形」より第14曲"金平糖の精と王子のパ・ド・ドゥ”(青山季可&中家正博)
「眠れる森の美女」より第28曲"グラン・パ・ド・ドゥ”(下村由理恵&佐々木大)
「白鳥の湖」より"黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ”(上野水香&柄本弾)

僕はバレエはもちろんやったこともないし、観るのも慣れてない、ほんとに素人ですが、それでも、すごさが伝わってきて、感動しました。
演目によって演じ方も違うんでしょうけど、それぞれ味があるなあと思いました。青山さんはきれいで、優雅な感じがしたし、下村さんはいいお年なのにキリキリした動きで、余裕を感じました。上野さんはすらっとして足も高くまで上がって、きれいでした。男性の方も皆さんお上手でした。
さっきも言いましたが、僕など素人なので、どう上手いのかとかはよく分からないけど、とにかく上手できれいだなあって。バックの音楽も相まって、はあって感じで、非常に感動しました。
これはバレエ、ハマりそうです。いや、すでにハマりました。
将来女の子が生まれたら、バレエを習わすのもいいかなあなんて。
今日の観客も、みんな首が長くてシュッとした子がいっぱいいました。子供も、大人も。
これだけバレエを習ってる、あるいは習ってた人がいっぱいいるわけで、その中で、こんな舞台でできる人はほんの一握りなわけでしょう。そう思うと、プロのバレエダンサーってすごいんだなあと、改めて思いました。
ぜひまた観に行きたいです。趣味がバレエ鑑賞だなんて、オシャレよね。
[PR]
by yuricoramu | 2016-02-23 23:45 | イベント | Comments(0)

ムスコ出血

昨日、スーパー銭湯に行って、そこのスーパー銭湯のウリである、源泉なんとかの湯に入った時のことです。
その源泉なんとかの湯は塩素が強くて、茶色いお湯で、ちょうど、ほら、有馬の金泉みたいな。そうそう、ああいう感じです。
で、その源泉なんとかの湯に入った時、ち〇こにありえへんくらいの激痛が走ったんです。
イダーッ!傷口に塩を塗りこむような、そんな痛さでした。
普通のお湯なら痛くないのに、そのなんとかの湯に入った時だけ、激痛。
やめときゃいいのに、もう一回チャレンジしました。すり傷ある時にお風呂入る時も、徐々に慣らしていったら入れるようになりますもんね。
だけど、ちん〇がそのお湯につかった瞬間、飛び上がるくらいの激痛が。
ノーッ!逃げるように風呂屋から帰ってきました。
そして夜、今度は何もしてないのに、〇んこが痛くなってきたんですね。
見たら、玉の皮のところに血がいっぱい出てるんです。赤黒い、おどろおどろしい姿でした。
なんじゃこれ。性病?いやいや。
あのお湯と僕のちんこが妙な化学反応を起こしたのかしら。
昔、棒のところの皮から血が出たことはあったけど(あれは多分オナニーのしすぎで)、今回は玉のところの皮だし、そんなとこ触ってないし。
こわ。なんか痛いし。ガンとかだったらどうしよう。
ということで、今日、朝イチで泌尿器科に行ってきました。
以前、残尿で来た以来です。
前回は初めての泌尿器科ということで、とても恥ずかしかったのですが、えらいもんで二回目になると、ちょっと慣れました。
とはいえ、おっさんの先生とはいえ、やはり風呂でもないところでちんこをぺろんと出すのは恥ずかしいですよ。
先生、袋の血を見るなり、「あー」って。
「お風呂の時に、石鹸で強く洗いすぎないように」って。
はい・・・。え、それだけ?
なんか、重い病気とかじゃないんですか?と聞くと、
「おそらくそういうのじゃないと思うけど、まあ、軟膏渡すからそれ塗って、来週また来てください。石鹸で強く洗いすぎないように」
また言うた。石鹸で強く洗いすぎないようにって2回言うた。そんなに強く洗ったんかなあ。いつも洗ってるけど、今回に限って強く洗ったんかなあ。
まあ、病気じゃないならそれにこしたことはないけど。とりあえず、これからはやさしく洗おう。
[PR]
by yuricoramu | 2016-02-22 22:04 | 生活 | Comments(0)

サウルの息子

映画、「サウルの息子」を観てきました。
ざっというと、ホロコーストの話です。ホロコーストというのは第二次大戦でドイツがユダヤ人に対して行った大量虐殺のことです。
アウシュビッツ収容所。主人公のサウルはゾンダーコマンドとして働いています。ゾンダーコマンドとは、ナチスが餞別した、同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊のことです。ある日、サウルはガス室に送り込まれた人の中に、自分の息子とおぼしき少年を見つけるが・・・。
という話です。
ユダヤ人の人たちがガス室に送り込まれる様子は、もやがかかっていて、はっきりとは見えないですが、こんなことが実際に行われていたかと思うと、気持ちが悪くなりました。ユダヤ人の死体を処理するのを同じユダヤ人にさせるって、もう、どんな世界やねんって感じです。
サウルの息子は果たして実の息子なのか、最後のシーンは。。。観る人の想像に委ねるような感じでした。
僕も観終わってから調べたのですが、ユダヤ教では火葬は死者が復活できないと禁じられてるそうなのです。あと、ラビというのはユダヤ教の指導者的立場の人なんですね。そういうのを前もって知ってから観た方がいいと思います。
なんせもう、この映画自体の内容もさることながら、こんなユダヤ人のひどい仕打ちがほんとに実際に行われてたのかと思うと、なんともしんどくなりました。おそろしい。おそろしすぎます。
これが戦争ですか。絶対あかんな、戦争は。
[PR]
by yuricoramu | 2016-02-21 12:29 | 映画、舞台 | Comments(0)

さらばあぶない刑事

♪アラビューウー嘘にぬーれたー
映画「さらばあぶない刑事」を観てきました。
映画の内容自体はそんなに大したものでもありません。
ただまあ、とにかく懐かしいです。
タカ、ユージ、カオル、トオル。皆年取ったけど、昔と同じキャラです。
タカはお約束のバイク運転しながら拳銃撃つし、ユージも走ってました。♪行くぜ!時の行くまま~。
カオルも相変わらずだし、トオルも今や他のドラマや映画では渋い役をしてるけど、ここでは変わらずとぼけた後輩の役で、うれしくなります。
木の実ナナも出てたし、ベンガルもちょっとだけ出てました。中条静雄も最後映像で出てきて、グッときました。そして事務方のひとみちゃんでしたっけ。あの人も変わらず出てたのがうれしかったですね。
元々観てなかった人が映画を観たら微妙かもしれませんが、観てた人なら楽しめるというか、懐かしくていいと思います。
[PR]
by yuricoramu | 2016-02-15 22:10 | 映画、舞台 | Comments(0)

バレンタインデーキッス

♪明日は特別スペシャルデー

実は僕、小学校の頃、国生好きだったんですよね。だから今でも、おばちゃんになったとはいえ、まだかわいいなと思ってしまうんです。
だから、黒田いいなあって思ってたんですよね。あんな貧乏な家に育って、警察にも捕まった、大阪のローカル芸人が、天下のおニャン子のトップアイドルと付き合うなんて。
もうマジバレンタインデーキッスやん、うらやましいなあって。
って思ってたのに、破局したって。あらららら。
しかも他の若い子と浮気したのが原因とか。本人は浮気は否定してるみたいやけど。
なんか最近こういうの多いですね。ミュージシャンにお笑い芸人に政治家に。なんだかねえ。
ところで、この前NHKの歌番組に国生が出てて、「バレンタインキッス」を歌ってました。
いい歌なんですよね。やっぱり。曲もいいけど、歌詞がいい。やっぱり、秋元康ですよ。
美空ひばりの「川の流れのように」もそうでしょ。キョン2の「なんてったってアイドル」もそうでしょ。
AKBの曲もそうですけど、タイトルをサビで何回か言うでしょ。だから憶えやすいし、印象深いんですよね。
やっぱりあのおっさんはすごいですよ。いうても。天才ですよね。
[PR]
by yuricoramu | 2016-02-13 23:38 | テレビ、芸能 | Comments(0)
c0195200_016117.jpg
今日はユリコーンでスタジオに入りました。めちゃくちゃ久しぶりです。何年ぶりというレベル。
ハコちゃんは子供がインフルになって来られず残念でしたが、それでも、3人でも久しぶりで楽しくて興奮しました。
梅田の246。
新曲もあったんですが、まずは昔の曲でウォーミングアップ。「ララ来年」とか、「モデルになりたい彼女」とか。
あかん、懐かしい。
でも「Aライン」と「スペイン」は難しくて途中で止まってしまった。
やっぱりハコちゃんが作った曲は難しい(僕とゆりこが作った曲は簡単)。
僕が作った新曲3曲を披露しました。「美の秘訣」と「うるさいシーン」と「パフェ」。
昔みたいに、披露しました、みんなで合わせてみようか、よし完成。というわけにはいきませんでした。やはりブランクが。
まあでも、作った本人もまだはっきり出来上がってない感じだから、しゃあない。
その後また昔の曲を合わせます。最後は「トランポリン」、「経験ガール」で締めて終わりました。
あー楽しかった。
その後中崎町のカフェでおしゃべり。話が尽きませんでした。
そして梅田まで戻ってバイバイ、というところだけど、名残惜しくてもう一軒カフェをはしご。
またおしゃべり。話が尽きません。ユリコーン、女子バンドです(僕は男ですけどbyフーミン)。
そうして今度こそバイバイしました。あー楽しかった。やっぱいいわあユリコーン。
P.S.カフェで二軒ともケーキセットを頼みまして、お腹ゴワンゴワンになりました。
いっぱい写真撮りました。僕は芦田愛菜ちゃんの顔マネしてます↓
c0195200_0181839.jpg

c0195200_0195658.jpg

[PR]
by yuricoramu | 2016-02-11 23:35 | ユリコーン | Comments(0)
c0195200_2358071.jpg
漫画「超可動ガール1/6」の4巻を読みました。これで完結です。
ややマイナーな漫画でしたが、地味に結構好きだったので、終わって残念です。
オタクな主人公が、自分の好きなアニメのフィギュアが動き出して、夢のような生活が始まる、っていう話です。
ところがこの動くフィギュアが1体だけではなく、あとからロープレの女主人公のフィギュアや、格闘ゲームの女の子のフィギュアも動き出して、ハーレム状態になります。
僕個人的にはフィギュアにはあんまり興味はないですが、この漫画を読んでたら、純粋にいいなあって思いました。
こういう漫画って割としょうもないのが多いんですが、これは普通に内容もおもしろいんですよね。
特にこの4巻は作者の脂も乗ってきて、普通に声出して笑うくらいおもしろかったです。
それ故終わるのは残念ですが、逆にダラダラ続けるよりよかったのかもしれませんね。
[PR]
by yuricoramu | 2016-02-09 23:33 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

バレエを楽しもうin堺

野間バレエ団プレゼンツ、「バレエを楽しもうin堺」に行ってきました。
at栂文化会館。めちゃくちゃ地元です。
本格的ではない、といえば失礼になりますか。いろんな人にバレエを知ってもらおうという、ライトな公演だと思います。が、僕にとっては初めてのバレエ鑑賞。とっても興味深くておもしろかったです。
一緒に観にいった友達が、かなり本格的にバレエをしてた人なんですよね。『コッペリアはこうこうこういう話で~』とか、いろいろ教えてもらいながら観ました。今日出てたメインの男性についても、『崇くんは私と同じバレエ団にいたの』とか。すごいなあと。
僕は全くの素人なので、詳しくは全然分かりませんが、それでも、やっぱりメインで踊ってる人はうまいなあというのは何となくわかりました。
その他大勢の人たちの中に、ひとりすごく背の高い子がいて、やっぱり目立ちました。それ以外にも、背の低い子、高い子、細い子、肉付きのいい子、ひと言でバレリーナといっても、いろんな子がいるんだなと思いました。
生で観ると、跳んで着地の時に『トン』と音が聞こえるんですね。そういうのも新たな発見でした。でもそれも一緒に行った友達に言わすと、あまり音をたてるのはよくないみたいだけど。
観客も、ちょっと技を決めたりすると、歌舞伎の『よっ、中村屋』みたいな感じで、『ブラボー』って言うのがおもしろいです。
ちょうど今、「テレプシコーラ」っていうバレエ漫画を読んでまして、だから余計興味深かったです。
バレエいいかも。次はまた本格的な公演も行きたいなあと思いました。
[PR]
by yuricoramu | 2016-02-07 21:18 | イベント | Comments(2)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン