ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2016年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

大阪国際女子マラソン、観ました。
福士加代子、ついに優勝しましたね。トラックの女王がついにマラソンでやりました。高橋尚子、野口みずきに次ぐ大物と言われ続けた福士がついに。
ついに何回言うねんって感じですが、それほどついになんです。
増田さんが泣いてたので、もらい泣きしそうになりました。
あの初マラソンの、フラフラになって何回もこけるシーンが、今も目に焼き付いています。でもついに。
リオオリンピックも間違いなし。前のオリンピックの選考会の時もこの大阪で、失速しましたもんね。あの時は重友が優勝してオリンピックに選ばれましたけど、今日は重友遅れましたね。
ちなみに併催されてる大阪ハーフマラソンっていうのがありまして、今日はそれに野口みずきが出てましたけど、実は4年前の大阪ハーフマラソンは、僕も出ました。一瞬だけ、本マラソンの選手とすれ違う場所があるんですけど、それがねえ、テンション上がるんですよねえ。
当時は僕も結構走ってて、ハーフの大会とかよく出ましたね。フルも1回だけ走りました。もちろんタイムは平凡なものですけど、でもよく走ってましたね。今は全然無理です。もうジムとか行っても、ちょっとの距離でもしんどいです。あかんなあ。また走りたい気持ちはありますけど、もうしないでしょうねえ。
福士の話に戻りますけど、タイムも2時間22分30秒を切る好タイム。しかしそう思うと、高橋や野口のタイムのすさまじさを改めて感じますね。あの二人はほんと異次元でしたよね。すごかったなあ。
高橋尚子も今日は解説で頑張ってました。増田さんに高橋尚子に千葉ちゃんに有森も。解説もオールスターで。千葉ちゃんのしゃべりが好きです。ほわんてなります。
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-31 23:36 | スポーツ | Comments(0)
c0195200_0101177.jpg
難波の高島屋に山崎豊子展を見に行きました。
(写真は同じ階でやってた高島屋のバレンタイン特集のパンフレット)
山崎豊子は船場の昆布屋、小倉屋山本の家に生まれ、晩年は堺に住んでたんですよね。
「白い巨塔」、「華麗なる一族」、「不毛地帯」、「大地の子」、「沈まぬ太陽」、「運命の人」、、、。作品はもちろん、知ってる話ばっかり。そして取材の量がすごくて、ため息が出ました。すごいなあ。
死後見つかった日記も紹介されてました。戦争のこと、仕事のこと、そして恋愛のことも書かれていました。
これ、公開していいもんなんでしょうか。僕も日記を書いてますが、こんなもん公開されたらえらいことです。
最後、全集が売ってたので、欲しいなあと思ったのですが、10何万もするので、あきらめました。まあ、そうだろうと思ったけど。
せっかくなので、帰り、同じ階でやってたバレンタインフェアで、京都のどっかのお店の、チョコときなこのソフトクリームを食べました。おいしかった。
それにしても、高島屋のバレンタイン。ガラスの仮面とコラボしてるのはいいですが、ガラスの仮面よ、50巻いつ出すねん!ええ加減にしいやほんま。頼むから、美内すずえ死ぬ前に完結さしてやー。
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-29 23:03 | イベント | Comments(0)

エージェント・ウルトラ

映画「エージェント・ウルトラ」を観てきました。
ダメ男のマイクが実はCIAのエージェントだったという話。
タイトルが良さそうだったのと、『おバカでキュートなラブ&アクションムービー』という映画紹介の文に惹かれたのです。
そう書いてあったので、もっとおもしろく気軽に観られる映画かと思ったら、あんまり笑えるシーンはなく、殺し合いのシーンも血がドバーッと出るなど、ややグロくて、グロいのがさっぱり苦手な僕にはちょっときつかったです。
R15指定なんですね。内容的にはあっさりしてて嫌いではないです。「ファック」と「シット」どんだけ言うねんっていうくらい言ってました。
意外とキュンとくるシーンがあって、よかったです。アクションよりそっちが印象に残りました。サブカル好きなカップルが観に行ったらいいんじゃないでしょうか。
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-28 21:50 | 映画、舞台 | Comments(0)
2016年、早くも1月が終わろうとしています。早すぎますよね。
今シーズンのドラマも、大体2週終わったくらいですかね。
では、恒例の、今シーズン僕が観てるドラマはこれです、のコーナーです。どうぞ。

月:「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
火:「愛おしくて」
水:「相棒14」
木:「ナオミとカナコ」
金:「わたしを離さないで」
土:
日:「真田丸」「臨床犯罪学者火村英生の推理」

です。今シーズン結構観てます。
まずは月9。長いタイトルです。有村架純、高良健吾、高畑充希、森川葵など。似たような女の子が多くて、一瞬わからなくなります。話は暗いです。世知辛いです。と思ったら脚本が坂元裕二か。この人の話暗いんです。でも、まだ希望があるような気がします。
「愛おしくて」。田中麗奈、吉田栄作、秋吉久美子という、なんとも渋いキャストで、逆に興味がわきます。NHKらしい、ゆっくりしたテンポのドラマです。説明くさいセリフはなく、映像で見せる感じ。やや微妙ですが、観ています。田中麗奈ってこういうドラマ多いですよね。
「相棒14」。これは前から続けて観てます。相棒も昔と比べたら熱心に観なくなりましたけど、でも観てます。
「ナオミとカナコ」。広末と内田有紀。佐藤隆太がDV夫役をしてます。昔「カレ、夫、男友達」っていうドラマで、ユースケがDV役をしてましたが、それを思い出しました。めちゃくちゃ暗いです。今のところ救いがありません。高畑淳子が中国人役で出てるのが笑けます。いろんな役やるなあ。吉田洋も出てます。この人もよく出るなあ。
「わたしを離さないで」。綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみというキャストですが、今のところ子供時代の話ばかりで、ほとんど出てきません。子供時代の綾瀬はるかに鈴木梨央ちゃん。この子ほんっとに上手です。「WOMAN」で観た時からすごいなあと思ってました。しかしこのドラマも暗い。何これっていうくらい暗いです。
「真田丸」。三谷幸喜の大河です。堺雅人など。これはおもしろいです。大河を観るのは「八重の桜」以来です。前に三谷がやった「新撰組」も観ました。僕はあまり歴史に詳しくないので、史実と違う、とか思うこともなく、純粋に楽しんで観てます。ここでも高畑淳子が出てます。よう出るなあ。
「臨床~」。これ、有栖川有栖の小説。昔、結構好きでした。本も何冊か持ってます。国名シリーズ。火村先生の役に斉藤工。うーん、ちょっとイメージ違うような。じゃあ誰かと言ったら思い浮かばないけど。そしてアリス役に窪田正孝。火村先生以上にイメージ違いますが、じゃあ誰かと言っても思い浮かびません。アリス役をそのままテレビでもやることや、関西弁(京都弁)を使おうとする姿勢はいいと思いますが、それならもっと関西出身の役者を使ったらいいのに。なんぼでもいそうだけど。これ、今後見るかどうか微妙です。

という、今シーズン観てるドラマの今のところの感想です。暗いドラマばっかりです。びっくりするくらいどれもこれも暗いです。似たようなドラマが多いですが、この中でイチオシですか。うーん、今のところ、月9かなあ。
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-26 00:26 | テレビ、芸能 | Comments(0)
テレビで相撲を観ました。
結構昔から相撲好きです。
今日は友達と一緒に観たんですけど、友達は僕よりもっと熱心な相撲好きで、地元の大阪春場所はもちろん、今場所も東京まで見に行ったくらいなんです。
琴奨菊が豪栄道に勝って、日本出身力士(旭天鵬は帰化して日本人扱いになるので、日本出身のと書きます)の優勝が栃東以来10年ぶりということで、それは素直にうれしい。お父さんも涙を流して喜んでて、感動的でした。
豪栄道が変化したらどうしようとちょっとドキドキしたけど、さすがに空気読んだね。
中継で、琴奨菊のお兄さんが映ったけど、普通に細いし、男前で、その点でもなかなかの衝撃でした。
だけど、ほんとはこれだけ琴奨菊で盛り上がってて、逆転で豊ノ島が優勝したらおもしろいのにと思ってましたが、ちょっと残念でした。でも、最後琴奨菊が優勝決めてから、豊ノ島が待ってて祝ってくれたのが、良い映像でしたね。中学時代からのライバルなんですよね。いいですよね。
しかし、琴奨菊の優勝はもちろんめでたいのですが、どうも違和感を感じるのが、白鵬です。昨日も今日もふわっと負けましたよね。あんな強い白鵬があんなにふわっと負けるなんて。
八百長?というより、やる気がなさそうに見えます。ここ最近、白鵬が悪者扱いされてるのが、どうも納得できません。
確かに、せっかく高いお金を出して観に行ったのに、変化であっさり終わられたら残念だし、がっかりするけど。
だけど、これまで八百長騒動で相撲がピンチの時に、ひとりで支えてくれたのが白鵬なのに。この扱いはちょっとなあ。そらやる気もなくすわな。もう辞めそうな感じがします。
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-24 23:30 | スポーツ | Comments(0)

スマスマスマップ生報告

「スマスマ」の、スマップの生報告を観ました。
木村拓哉が真ん中で仕切る形で、メンバーそれぞれコメントをしていきます。
ご迷惑をおかけしましたとか、これからも頑張りますとか。最後に草なぎが「木村君がジャニーさんに謝る機会を設けてくれて」と言って、あ、これでスマップは残るのかなと思いました。
よかったよ。なんか、涙出そうになりました。
木村が真ん中で仕切って、リーダーの中居が端っこで何とも言えん表情を見せてたのが、見てて苦しかったけど、でも、スマップが残るならとりあえずよかった。
しかし考えたら、メリーさんがスマップの育てのIさんを切って、中居達は育ててくれたIさんについて行きたいと思うのは当然だし、それなのにIさんを切ったメリーさんに謝ることになるって、よく考えたらめちゃくちゃというか、家族経営のこわさというか。中居は悔しいだろうなあ。かわいそうな気もする。まあでも、とりあえずスマップが残る形になってよかったよ。
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-19 00:29 | テレビ、芸能 | Comments(0)

阪神大震災から21年

阪神大震災から今日で21年ですか。
去年、もうあれから20年かあ、早いなあって言ってたのに、それからもう1年経ったんですか。なんかもう、昨日そのセリフを言ったばかりのような気がするけど、もうまた1年経ったとは。
東北の地震があってから忘れがちになりますが、神戸の地震もすごかったんですよ。どっちがすごかったとかいう話じゃなくて、どっちも忘れてはいけないということです。
うちは大阪の堺なので、たいした被害もなかったですけど、あの日のテレビの映像は、ほんとにこわかった。
昔、大学の時の先輩が神戸の東灘区の人で、その人の家は山手だそうですけど、地震の時に家から下の方を見たら、火事でえらいことになってて、地獄みたいやったっていう話をしてました。
亡くなった方も、遺族の方も、家を失った方も、ほんと、つらいですよね。
今の軽井沢の夜行バスの事故も、たまりませんね。若い人ばっかり。
若いからかわいそう、年寄りならいいってことじゃなくて、なんかもう、未来ある人が亡くなるというのが、たまりません。
親も、子供がスキーに行ってくるって言って、行ってらっしゃいって送って、まさかこんな、死ぬことになるなんて夢にも思わんでしょう。その気持ちを思うと、たまりません。
さっき「Mr.サンデー」を観てたら、コメンテーターの竹田さんの追悼をやってましたけど、ガンで、最後はガリガリになって、歩くのもやっとって感じになってて、見るのもつらかったです。
なんていうか、人間、いつ死ぬかわかりませんね。病気や事故や震災や、あるいは犯罪にまきこまれたり。いつ死んでも悔いの無いよう、日々、一生懸命生きていかなくてはいけません。
いやいや、いくら充実した毎日を生きてたって、死ぬのは嫌です。できるだけ長生きしたいです。
はあ、もう、とりとめのない文になってしまって、すいません。おわりです。
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-17 23:53 | その他 | Comments(0)

ブリッジオブスパイ

映画「ブリッジオブスパイ」を観てきました。
監督がスピルバーグで、コーエン兄弟が脚本で、トムハンクスが主演という、名だたる人たちがズラリ。
スパイといっても007みたいにドンパチものではありません。どちらかというと静かな映画ですが、でも全く退屈ではありませんでした。めちゃくちゃおもしろかった。
米ソ冷戦時代に、ソ連のスパイをアメリカで裁判することになり、敵国の人間を弁護することで周囲から非難されつつも、職務を果たそうとする弁護士役にトムハンクス。
冷戦時代の米ソと、さらに東ドイツも絡んできます。
実話に基づく話なんですよね。この前観た「杉原千畝」のアメリカ版みたいです。
それにしても、戦争は終わってるのに、冷戦は続いてたんですね。アメリカとロシア(この時はソ連)がこんなに危機的状況だったなんて、今からは考えられないですよね(今、どういう状況なのかよく知らんけど)。ベルリンの壁も、もはや今のドイツからは考えられないけど、あったんですよね。うーん。
やっぱり、トムハンクスの安定感はすごいです。さすがです。
少々ネタバレになりますが、トムハンクスが序盤から「1・1・1」って言ってたセリフが、あるシーンで「2・2・2」になったり、電車の車窓から見る、アメリカと東ドイツの違いなど、見せ方がうまいなと思いました。さすがスピルバーグ。
いやあ、この映画、今年イチかもしれません。
アカデミー賞にもノミネートされてるらしいです。そらこれは取るわ、アカデミー賞。倒置法で締めてみました。
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-16 22:28 | 映画、舞台 | Comments(0)
c0195200_23273852.jpg
漫画、「服なんて、どうでもいいと思ってた。」の3巻を読みました。
この巻で完結です。あらら。
この人(青木U平)の漫画って、前の「フリンジマン」もそうだったけど、すぐ終わるんですよね。打ち切りなんかなあ。
僕は大好きですけども。フリンジマンも、これも。
フリンジマンは終わったのも分からないくらい唐突に終わりましたけど、これはちゃんと終わりました。
女性ファッション誌で働くダサい男たちの話です。オシャレな人は読まないでくださいって帯には書いてたけど、オシャレな人もダサい人も、どっちが読んでもおもしろいと思います。
フリンジマンとキャラ設定がほぼ一緒です。これだけを読んでもおもしろいけど、フリンジマンを読んでから読んだらよりおもしろいです。
この人の描く女の子がかわいいんですよね。今回の服なんて~も、アオバちゃんもかわいいけど、Zappaのもが編集長がたまりません。サブサブ。
おもしろかったのになあ。でも、すぐおわってさみしいけど、だらだらと続くより良かったのかも。
なんせ個人的には大好き、「服なんて、どうでもいいと思ってた。」でした。
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-15 23:10 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

SMAP解散か

昨日、FMCOCOLOを聴いてたら、メメさんのコーナーにMISIAがゲストで来てました。
そんなにファンってこともないけど、ラジオ聴いてたらちょっと好きになりそうになりました。この人のしゃべる声がかわいくて好きです。
それと、紅白でも歌ってた「オルフェンズの涙」って曲がいい曲だなあと思いました。

それにしても、ベッキーの不倫とか、北川景子とDAIGOの結婚とか、それらが全て吹っ飛ぶ、スマップ解散かというニュース。
うち、スポニチをとってて、今日の1面に「SMAP分裂危機」って大きく載ってて、どうせスポーツ新聞のいつもの飛ばし記事だろうと思ってたら、マジっぽくてびっくり。
そこまで大ファンってこともないけど、普通に好きだし、いつまでもいて当たり前と思ってたので、これは相当ショックです。
なんでも、スマップの育ての親のマネージャーと、ジャニーさんのお姉さんのメリーさんとその娘のジュリーさんとの確執があって、マネージャーがジャニーズを辞めることになって、それでスマップのメンバーもジャニーズを辞めると。木村拓哉だけは、マネージャーに恩義はあるものの、事務所との筋を通して、ジャニーズに残ることを選んだということです。
元々、昔から木村拓哉はジャニーズを辞めて独立かみたいな噂はしょっちゅうあったけど、結局逆に木村だけがジャニーズに残るっていう。それがいかにも木村っぽいなあと思いました。
大人の事情で辞めるっていうのも悲しい話だけど、夏ごろからそういう騒動があったらしいから、メンバー的にも嫌気がさしたんでしょうね。
これを機会に結婚とかするんじゃないですか。香取とか特に。
なんぼ嵐がすごいと言っても、AKBやらエグザイルがすごいと言っても、こんなスマップみたいな、老若男女、全国民がメンバー全員の名前を知ってるであろう、こんなアイドルは後にも先にもスマップだけです。
トシちゃんやモックンあたり、ジャニーズを辞めてから干されたとか(ほんとかうそかわからないけど)言われてるけど、スマップほど各個人が大物になったら、まあ干されるということはないでしょうけど、もうスマップの5人のグループで見られないと思うと、やはりさみしいですね。森君が辞めたときより存在そのものが大きくなりすぎてますからね。
1回くらいスマップのコンサート行きたかったな。
まだ解散と決まったわけではないので、何とか戻ってほしいけど、もう無理だろうなあ。さみしい。
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-13 23:08 | テレビ、芸能 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン