ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ときめきトゥナイト

痛ましい事件や災害などが頻繁に起こっていて、心が苦しくなっています。

さて、久しぶりにといいますか、初めてといいますか、「ときめきトゥナイト」を全巻読みました。
元々うちの姉がりぼんっ子だったので僕も読んでたのですが、ランゼ編が終わったあたりで姉が読むのをやめたので、僕もそこまでしか知らないのでした。
それがこの度、一度この名作を全部読んでみようじゃないかと思いまして、家にある分プラス、全巻を集めて読んだわけです。
ランゼ編は当時僕も必死に読んでましたが、それですら今回二十数年ぶりに読んだわけでして。その後のなるみ編はさわりだけ知ってたけど、ほとんど初読みで、愛良編に至っては全くの初読みでした。
うーん、もひとつでした。やっぱりランゼ編がいいですね。どう考えても。
小学生の頃、ランゼがいい子で、曜子はいやな奴ってイメージがあったんですが、今読むと、曜子もめっちゃいい子やん。ランゼももちろんいいけど、曜子もよかった。
なるみ編や愛良編にも大人になったランゼや曜子や真壁君が出てきて、それはそれでうれしいんだけど、やっぱり昔のみんながいいです。
ランゼは絶対ストレートの前髪パッツンがいい。後になってソバージュをかけたりしてるけど、あれはダメです。
曜子も愛良編ではもじゃもじゃヘアですらなくなってるし。イメージが・・・。
リンゼもランゼ編のかわいい弟の頃がよかった。
結局昔はよかったってことですが、でも公平に見てもやっぱりランゼ編がいいですよ。
作者の池野恋は、ストーリーを先の先まで練りに練ってってタイプじゃないですね。割と思いつきで描いてるんだろうなあっていうのが伝わってきました。
愛良編の、開陸はどうなったんだとか、いろいろほったらかしのまま終わったりしてましたもんね。
と思ったらですね、「星のゆくえ」という、最終巻のその後が描かれた漫画があるらしいですね。でも、もういいや。愛良編はもういいです。
最近出た「真壁俊の事情」も読みました。これも昔ときめきを読んでた人が読んだら、めっちゃ懐かしいんじゃないでしょうか。当時はカッコイイ男=真壁君やったもんね。
さて、ときめきトゥナイトといえばアニメも流行りました。僕は夕方の再放送で観てたクチですけど。
歌がいいんですね。エンディングがちょっとエロくて、カッコイイ音楽でね。オープニングも、今改めて歌詞を見ると、めっちゃいいんですよね。
♪物理学的には今の私 三角関係の一点なの 女の子だけが持ってるウルトラエクセレンス第六感コンピューター 分析の結果現在50:50みたい~
こんなセンスのある歌詞知りません。めっちゃいい。
両方載せときます。懐かしい~!


[PR]
by yuricoramu | 2014-09-30 00:16 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)
「マルモのおきて」スペシャルを観ました。
3年ぶりだって。ちょっと懐かしい。前の映像も映ってましたが、比べてみると、芦田愛菜ちゃんも大きくなったなあ。顔も、お子様から女の子に変わったように思います。
福くんはそんなにいうほど変わってなかったけど、やっぱり大きくなってました。
そして阿部サダヲはそんなにかわってませんでした。当然のことながら、子どもの3年間と大人の3年間じゃ全然違うわけです。
大人になってからの3年間なんてあっという間ですよ。このマルモだって、ついこの前やってたばかりの気がするけど、もう3年経ってるんです。時が経つのが早すぎていやんなる。
しかし芦田愛菜ちゃんは相変わらず演技が上手で。もはや大御所のような存在感があります。子役の中での大御所じゃなくて、役者として大御所の存在感です。すごいです。
マルモリダンスも懐かしい。今現在小1の姪が、この歌流行ってる時は幼稚園の年少で、この歌ずっと歌ってたのを昨日の様に思います。
大黒真季も言ってたけど、時が経つのはなぜこんなに早いのだろう。しみじみ思いました。

その後「新堂本兄弟」の最終回を観ました。
たまにしか観ない感じでしたけど、いい音楽番組やってるなといつも思ってました。
新が付く前からでいうと13年、さらに、前身の「LOVELOVEあいしてる」からでいうと、18年もやってたそうです。
ああ、LOVELOVEあいしてるは結構毎週観てたなあ。篠原ともえも好きだったし。
18年ってすごいですね。そんなに前かあ。全部だきしめて~って吉田拓郎と歌ってたのが、つい昨日の様に思えます。
光一はそんなに変わってなくて、剛は太ったりやせたりしながら、すっかりアーティストチックになったイメージです。
元々あんな歌い方やったっけ?そらエンドリケリエンドリケリもやるわ。
終わるとなるとさみしいです。せっかくいい番組やってたのにね。
なんかしんみりしますね。土井たか子も亡くなったっていうし。昭和のものがどんどん終わっていきますね。
え、LOVELOVEあいしてるは昭和じゃないって?もう何が昭和で何が平成かもわからなくなってきました。
天皇陛下の吐血、って毎日ニュース速報で流れてたのが、昨日の様に思えます。
はあ、とりあえず今度カラオケ行ったら「硝子の少年」歌おう。ステーイウィーズミー♪
[PR]
by yuricoramu | 2014-09-29 01:44 | テレビ、芸能 | Comments(0)

若者たち最終回

ちょっと遅れましたが、ドラマ「若者たち」の最終回のビデオを観たので、感想を書きます。
このドラマ、あまり人気がなかったようです。大声で騒いでケンカしてるだけとか、内容が今どきじゃないとかの声があったそうです。
しかし、僕はこのドラマ大好きでした。
たしかに、ありえへんやろーというご都合主義的な展開などはありましたが、いいんです。別に今どきっぽくする必要はありません。むしろ古臭い、ベタな話がいいんです。
妻夫木、瑛太、満島ひかり、蒼井優、純(吉岡)など、演技派がズラリ。それを観るだけでもよかったです。
特に毎度言ってますが、満島ひかりはほんとに上手。この人の泣きの演技はほんと、つられ泣きします。
ところで、吉岡秀隆のことをいまだに純(北の国から)と言ってしまうのを許してください。多分一生言います。
あ、最終回は家を売ってきょうだいそれぞれ旅立とうという話でした。まあ家のことは瑛太が悪いからしょうがないと思いました。
最終回がどうというより、全体を通していいドラマでした。僕にとってはね。
それから、話題の「昼顔」も最終回だけ観ました。
これは最終回しか観てないので、特に感想は書きませんが、いとこが必死に観てるドラマでした。
[PR]
by yuricoramu | 2014-09-27 00:34 | テレビ、芸能 | Comments(0)
今度、御堂会館でやる民生のいきあたり股旅のライブのチケット、外れた~。残念。

今日は「想う壺音泉!」のイベントに行ってきました。in千日前ユニバース。ナビゲートはFM802の土井コマキ。
FM802を聴かなくなってもう何年も経ちました。土井コマキはギリギリ知ってるかなくらいのレベルです(すいません)。今日のイベントは僕の好きな小島麻由美が出るので、行ってきました。
ユニバースって、味園やんね。キャバレーがいつの間にかライブハウスみたいになってました。
キャバレー時代のユニバースも行ったことなかったので、今日はそこに行くだけでも楽しみでありました。
中に入ると、素敵!とっても素敵な空間。キャバレーっぽい長椅子も置いてあって。めっちゃ雰囲気あるやーん。

小島麻由美は1番手。整理券が若かったのもありますが、開場前から並んだおかげで、ど真ん中の一番前から2列目をゲット。めちゃくちゃ近い。
ちなみに前回の小島麻由美は今年の5月。心斎橋バーミューズで、ネタンダーズのゲストで来たときに見に行ったのですが、あの時も近かったし、しかもライブ後に客席にいた小島麻由美と普通にお話しすることができたという奇跡がありました。
あの時はネタンダーズをバックバンドで歌ったのですが、今回は自分のバンドを引き連れてということで、そういう点ではかなり久しぶりの小島ライブです。
今回のバックバンドがこれまた豪華。ギターは毎度おなじみ塚本功、ドラムは元デキシーのハッチ、そしてベースにカジヒデキ!
カジヒデキ、出てきただけで笑けました。だって半ズボンなんだもん。いくつになっても変わらない。尊敬に値します。
ハッチとカジヒデキが同じバンドでアイコンタクトしながら演奏するなんて、考えられません。カジヒデキベース上手いやん。そしてハッチのドラムはめちゃくちゃカッコいい。
アサチャンのドラムも良かったけど、ハッチのドラムは迫力があって、この人が入るだけで、一気に小島麻由美のライブもロックになります。
ではセットリストを紹介します。何十曲もやると覚えられませんが、全8曲だったので、覚えてます。
1曲目、「泡になった恋」。この新曲がすごくいいんですよ。
2曲目、「月影のナポリ」。これも新しいミニアルバムから。
3曲目、「セシルのブルース」。わあ、懐かしい。一気に一番古いアルバムの曲きました。この歌詞がめっちゃ好きです。
4曲目、「ペーパームーン」。この曲も改めて聴くと、結構いいですね。
5曲目、「蛇むすめ」。いいですね。会場の雰囲気にもぴったりです。
6曲目、「茶色の小瓶」。めっちゃ盛り上がります。ハッチのドラムがやばすぎです。
7曲目、「サスぺリア」。イントロがちょっと音おかしくて、僕でも分かるくらい音がおかしくて、皆であれって顔しながら演奏してたのですが、結局止まって、もっかい最初から演奏し直しました。ベースが間違えてたんですね。おいおいカジくーん。でも顔を真っ赤にするカジヒデキ、逆に好感度上がりました。
ラスト8曲目は「ひまわり」。最後定番ですね。間奏のギターがいいんです。
今日はいつになくMCがスムーズだった小島麻由美。大人になりましたね。それにしてもやっぱり良かった。いや、今回特に良かったです。席が近かったのもあるけど、僕の今年イチのライブでしたね。
やっぱ小島麻由美いいなあ。また行きたいけど、とりあえず今年は大阪はもうなくて、あとは東京。東京のライブも行ったろかな、ほんま。

小島麻由美が終わり、僕は後ろの方に行きました。
今回のイベント、食べ物屋さんも何点か出店してて、ほんと、ちょっとしたフェスでした。
小島麻由美の次は知らないバンドでした(すいません)。
その次がボノボ。
その次も知らないバンドでした(すいません)。でもMCで「スカパラとフィッシュマンズがやってるバンドです」みたいなことを言ってて、見たら、確かに知ってる顔の人たちでした。
その次が高橋幸宏。隣にはDr.KYONも。出ました大御所。ちなみにドラムは叩きませんでした。
最後が、すいません、また知らないバンドでした。でも結構有名そうな感じでした。スカ系。ライブも結構良かったです。
最近のバンドとかほんと知らなさ過ぎて情けなくなるんですが、もうラジオも全然聴かなくなりましたもんね。

とにかく長かったんです。1時開場で、終わったのが8時半ですよ。
しんどいしんどい。転換も結構時間かかってたし、しんどかったです。
お目当てが一番最初に終わったんで、帰ってもよかったんですが、せっかくだから最後までいようと。
友達とかと来てたらしゃべったりしていいんでしょうけど、ひとりでしたからね。基本僕はいつもひとりです。
途中から一番後ろの壁にもたれて、うずくまるようにしてました。しんどくて。
そこまでしんどいなら帰りゃいいのにね。まあでもせっかくだから。
土井コマキが後ろの方の客席をウロチョロしてました。普通におしゃれでかわいかったです。
[PR]
by yuricoramu | 2014-09-24 00:09 | 音楽、ライブ | Comments(0)

HERO2最終回

今日は「HERO2」の最終回でした。ほんとはタイトルに2は入ってないけど、前作と区別するためにつけておきます。
このドラマはいい意味で予想を裏切りましたね。
もう松たか子が出なくて代わりに北川景子と言う時点で、あ、これは完全にスベッタなと思いました。当初は。
しかし北川景子が意外と良くて、全然違和感なく、スッと馴染んでましたね。
「ガリレオ」で柴咲コウから吉高由里子に変わったのはダメでしたが、こっちは全然良かったです。
しかし北川景子も演技上手くなりましたよね。昔、山Pとバスケットのドラマに出てた時は下手くそすぎて見てられなかったくらいでしたが。
ちなみに僕は北川景子と握手したことがあります。めちゃくちゃきれいでオーラありましたよ。一生の自慢です。
HEROの話に戻りますが、ほんとおもしろかったです。内容もおもしろかったし。
最後も井上順とのやりとり、結構グッときました。
あえて恋愛を出してこなかったのが良かったと思います。松たか子とどうなったとかも言ってなかったしね。
当初から匂わせてた、杉本哲太の奥さんで、角野卓造にそっくりの娘というのが、絶対最後にハリセンボンが出てくるなと、100%の確信を持ってたのですが、まさかの出てこず。
予想を裏切られて、逆にやるなと思いました。
久しぶりに木村拓哉のドラマで当たりじゃないですか。これは良かった。
[PR]
by yuricoramu | 2014-09-23 01:05 | テレビ、芸能 | Comments(0)
c0195200_1325096.jpg
秘密の学校友達のOさんと食事に行ってきました。
もう6、7年前になりますかねえ、秘密の学校。少しの間だけ通っただけでしたが、ギャルやインテリヤンキーなど、普段なかなか出会う機会のない人と友達になれました。それは楽しく、貴重な経験でした。
その秘密の学校友達のOさんと1年ぶりに連絡を取り、食事に行くことに。
Oさんはお嬢。
天王寺で待ち合わせ。そのへんの居酒屋でご飯でも、と思ってたけど、「ハルカスの上行ったことある?」って話になって、ないって言ったら、「ハルカスの上のレストラン行ってみる?」ってなって、ハルカスの都ホテルの57階レストランに行くことになりました。
お店に着きました。う、高そう。でもOさん、「わあ、予約なしで入れたぁ。前は1か月も前から予約したんだよ」と、すたすたと中に入っていきました。
メニューを見ました。う、高い。グラスワインで2000円、コースも1万円クラスから。
まあ、いいか。しょっちゅう来るわけじゃないし。記念日でもなんでもないけど、たまには贅沢しようか。
えらいもんで、貧乏人とご飯に行くと、1円でも惜しく感じるのが、お嬢と行くと、こちらも気が大きくなって、1万円のコースくらい別にいいかってなるのです。
料理もおいしかったですが、それよりもやはり夜景がきれいでした。
ごめんなさい、ちょっとナメテました。スカイツリーも行ったし、ハルカスはもういいかって思ってたんです。でも、予想以上にきれいでした。びっくり。
支払いの時、いつもはケチな僕ですが、今日は妙に腹が据わって、二人分出そうと、3万円を握ってたのですが、Oさんが半分だすよと言ってくれて、一度は断りましたが、二度目は素直に受け取りました。
フッ、ちょっと助かったぜ。
でもまあ、料理というより、こういう空間というか、時間を過ごせたことに対してのお金を払ったという感じで、そんなに出費が痛いって感じにはなりませんでした。
何よりOさんが全然変わってなくて、相変わらずインテリお嬢で、それがうれしかったです。
[PR]
by yuricoramu | 2014-09-17 01:35 | 生活 | Comments(0)
高校生クイズをガッツリ観ました。
昔大好きだったウルトラクイズみたいで、懐かしい気分に浸りながら観ました。
確か前に観た高校生クイズは、宇宙のなんちゃらの式を書けとか、問題の意味からして訳わからんハイレベルなクイズだったけど、今回のは割と安い問題でした。やり方変えたのかな。
ほんとにウルトラクイズみたいで、○×どろんこや、マラソンや、ばらまきなどなど。
懐かしいなあ。ウルトラクイズめっちゃ好きやったわあ。
確か前回のクソ難しいクイズの時は開成とか灘とか、いかにもな感じの高校が戦ってたけど、今回は開成とか見なかったなあ。
当初から応援してた洛北が優勝してうれしかったです。男の子も微妙にカッコいいし、女の子も微妙にかわいかった。
洛北が優勝でよかったけど、決勝まで残ったのに、まるで空気の様に扱いの薄かった船橋が少々気の毒でした。
逆に決勝まで残ってないのに、早稲田や女子二人組の高校の方がよっぽどフューチャーされてて、ちょっと差付けすぎやろと思いましたよ。
そして結局横須賀の二人は付き合ってたんでしょうか。今どき珍しいおぼこい二人で、好感は持てたけど。
まあなんにせよ、一生懸命頑張る若者の姿っていうのは、見てて気持ち良いですね。
優勝賞金2000ドルて。もう一ケタあげてやりなさい。
[PR]
by yuricoramu | 2014-09-13 02:01 | テレビ、芸能 | Comments(0)

同窓生最終回

ドラマ「同窓生」の最終回を観ました。
第1話を観た時、めっちゃおもしろいー!と興奮しました。回を重ねてちょっと落ち着いたけど、やっぱりおもしろかったです。
一昔前の不倫ドラマって感じで、懐かしい感じがして、大好きなドラマでした。
内容を言ってしまうので、ビデオに録ってまだ観てないという人はこの先読まないようにしてください。



最終回はアラタがアメリカに行くって言って、あけひ(稲森いずみ)がエグザイルとの離婚が決まって、アラタについていくっていう内容でした。
予告で、「これがあけひとの最後でした」って言ってて、おいおい、予告でそこまで言うなよって思いました。
予告でそういうことを言うということは、もうひと盛り上がりあるなという予測をしてしまうからです。
実際、あけひは結局離婚はしたけどアラタに着いていかず、でも最後5年後にアラタが帰ってきて、結局あけひとうまいこといって終わりました。
まあ、僕としてもアラタとあけひが最後うまいこといったらいいなあと思ってたので、うまいこといって良かったです。
そしてもう一組、松岡と薫子(板谷)の不倫は、松岡が会社を辞めて医者になるという夢を追いかけることにし、薫子はそれを応援する意味も込めて、松岡と別れます。
そして薫子のお腹には松岡の子がいて、松岡に内緒で一人で生むことを決意します。
最後は同窓会のハガキを破り捨てるなど、もはや松岡に未練もない様子で、子供と幸せそう。松岡も医学部に合格して、夢に向かって進んでるという感じで、また、嫁も支えてくれてて、薫子に未練はありつつ、これでよかったという感じでした。
そういう訳で、アラタとあけひ、松岡と薫子、いずれも一番いいように落ち着いたという感じの最終回で、それぞれ感じ方はあると思いますが、僕はこれはすっきりいい終わり方だったと思いました。
アラタも稲森も松岡も板谷も、市川実和子も、そして最初なんでこいつやねんって思ったけど、エグザイルも、みんな役と合ってたと思います。
僕も不倫はダメだと思いますけど、もし僕がアラタで、あけひに誘惑されたら、フラフラ―っていっちゃいますね。間違いなくいっちゃいます。
あけひも後半こそ子供のために距離を置いたりしたけど、最初は完全にアラタを誘惑してましたもんね。
でも僕がアラタなら、別れた嫁の市川実和子にも未練たっぷりだろうなあと思います。まあ結局僕は優柔不断な訳で。それは自覚してます。
まあ、なんせおもしろかったです。こういう古っぽい雰囲気のドラマ、大好きです。またこういうのやってほしいです。
[PR]
by yuricoramu | 2014-09-11 23:46 | テレビ、芸能 | Comments(0)

YAWARA!

うちの近所に錦織公園(にしこおりこうえん)っていう公園があります。近所っていっても車で30分くらいですど。
車で30分って近所っていうんでしょうか。そもそも僕の家は堺市で、その錦織公園は富田林だし。それでも近所っていえるのかな。
とまあ、それはこの際どうでもよくて、テニスの錦織圭、優勝は無理だったけど、決勝残っただけでもものすごいことですよ。
ウーイェイよしたかに似てると思ってしょうがないけど、すごく格好良く見えます。というか実際格好良い。
大体、決勝進出を決めた時点で、周りが絶対勝てるとか言い過ぎなんですよね。オリンピックでも、サッカーのW杯でも、いつも思うけど、絶対勝てる絶対勝てるっていうの、嫌いです。
強い相手だけど頑張れとか、そう言えばいいのに。絶対勝てるとか言ったら、負けた時、なんだ負けたのかってなるでしょう。相手だって決勝に残ってるんだから、強いに決まってるのにね。
絶対勝てるって言って勝つのは内村か吉田か、全盛期の北島かヤワラちゃんくらいですよ。
ヤワラちゃんといえば、この度久しぶりに漫画の「YAWARA!」を読み返しました。
中学とか高校の頃、必死で読んでました。20年経った今読んでも、やっぱりおもしろいです。
当時の僕は、柔より本阿弥さやかが好きでした。柔のやる気のなさにイライラしたものでしたが、今読むと、普通にどちらも応援したい気持ちです。
漫画だけでなく、アニメも好きでした。アニメのYAWARA!といえば、主題歌の良さも印象深いですね。「ミラクルガール」と「雨にキッスの花束を」。どっちも名曲です。でも、地味に最後の『遠く遠くはるかかーなたまだ見ぬあの場所へ』っていう、あの曲も結構好きでした。
しかし、現実のヤワラちゃんこと田村、もとい、谷亮子も、おかしなことになりましたね。あれだけみんなから愛されたのに、小沢の下で政治家になって、すっかり気持ち悪い人になってしまいました。
ところで話変わりますが、漫画の本が溜まってしょうがないので、徐々に整理していってるんですけど、前から売ろうか残そうかずっと迷ってた「ハンターハンター」を、ついに売りました。
まだ完結してないから迷ってたけど、もういいかって気になってきて。
1~32巻で、なんと6000いくらで売れました。こんな高い値がつくとは。
[PR]
by yuricoramu | 2014-09-09 23:37 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

ハチワンダイバー完結

c0195200_0295821.jpg

最近ごたごたしてて、なかなか漫画をゆっくり読む時間もないんですが、いつの間にか「ハチワンダイバー」の34、35巻が同時発売されてて、これが最終巻ということで、あわてて買って読みました。
ちなみにヤンジャンは読んでないので、コミックで最終回初読みです。
将棋と格闘を混ぜた漫画ですけど、最後の方は格闘の方が前面に出過ぎて、それで人気もなくなっていったという話をよく聞きました。でも、個人的にはこれはこれでおもしろかったです。
確かに途中からダレた感はありましたけど、よく最後まで描き切ったなと思います。鬼将会やそよのことも全部解決して、気持ちよく読み終えることが出来ました。
そして最後は何とエアマスターのマキが出てきました。まあ、皆口とかジョンスとか出まくってるけども。
まあ結局のところ、終わってさみしいし、最後まで好きな漫画でした。おもしろかったです。
[PR]
by yuricoramu | 2014-09-07 00:33 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン