ユリコーンのベースフーミンのコラム

by ユリコーンフーミン

<   2014年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

木村拓哉の「HERO」の映画をやってたのを観ました。前もテレビでやってたのを観たけど、また観ました。
2007年の映画ということだけど、みんな今よりだいぶ若い。携帯も古いし。
2007年ってそんなに前?2000何年っていうとつい最近の様な気がするけど、もはや一昔前だね。
やっぱり、2011年の東北の地震以降、世の中が大きく変わった気がします。


なんでかわからないけど、昨日夢にアルフィーが出てきて、そのせいで今日は一日中「星空の下のディスタンス」が頭の中で延々リピートしてました。とまりません。
今度ユリコーンでカラオケ行ったとき歌おう。
特にアルフィーファンという訳ではありません。ファンではないですが、3人とも人が良さそうなので、印象良いです。
知らなかったんですが、キョン2の「木枯らしに抱かれて」も高見沢の曲やってんね。へー、ええ曲作るね。
さらに知らなかったんですが、なんとなんと、ポンキッキの『おはよーおやすみーこんにちーはこんばんはー』って歌、アルフィーが歌ってたんですってね。
えーっ。全然知らんかった。これはマジびっくり。
この曲は「おふろのかぞえうた」と、カンフーの歌と並んで、僕の3大好きなポンキッキの歌。
めっちゃ好きやったし。
コレ↓懐かしー!!泣きそう!ていうか今度はこの曲がとまりません!

[PR]
by yuricoramu | 2014-06-30 23:54 | 音楽、ライブ | Comments(0)

ママレード・ボーイ

『90年代りぼんの名作を読んでみよう』のコーナー。わー。パフパフー。
第3弾は、「ママレード・ボーイ」。略してママレ。作者は吉住渉。
c0195200_13482841.jpg

自分の両親と、もう一組の夫婦が、それぞれの旦那と嫁を入れ替えて同居して、さらにその子ども同士が恋仲になるというわけわからんすごい設定。
そんなすごい設定にもかかわらず、とにかく軽い。めっちゃ軽くて、あっという間に読みました。
でも、この軽さでいいんです。この設定でドロドロしてたらとても読んでられません。
後半、遊が実の父親のことで悩んでる時は、ちょっと読んでていらいらしたけど、最後うまいこといったからよし。
亜梨実さんがめちゃかわいかった。亜梨実さんと付き合えた銀太がうらやましい。
それにしても、作者が柱で「アニメは自分の思ってたのと違った」とか、ファンレターで名前の書き間違いがある(笑)って言って、小ばかにしたりとか、ちょっとエラそうなのがいやでした。
調べたらこの人、筑波大付属の中高を出て、大学は一橋だって。かしこっ!
いや、かしこいのはいいけど、えらそうなのはあかんわ。
大人気の漫画ですが、一気に読んだ限り、そこまでハマりませんでした。連載中だったらもっと続きが気になってイーってなったと思うけど。
今、続編の「ママレード・ボーイlittle」が出てるそうです。
[PR]
by yuricoramu | 2014-06-28 14:22 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)
「続・最後から二番目の恋」の最終回を観ました。
もちろん前作から観てました。
いつも回の前半ははちゃめちゃな感じで、後半にしんみりさせる感じなんです。
気楽に観れて、でも最後はちょっとしんみりして、観終わった後もいい余韻が残る、という、ほんといいドラマでした。
最終回はずっと長倉家でした。長倉家にみんな集まって。
ちょっとはちゃめちゃすぎやろと思いましたが、やはり最後はしんみりして。
最後の千明と和平さんのシーンはドキドキしました。ん、プロポーズなんか?どうなんだ?って。
このドラマ、当初は前作の方が良かった、長谷川京子もいらんわあって思ってたんですが、全部観終わってみると、ああ、今回の「続」があってよかったなあって思いました。前作があって今作があるわけです。千明と和平の関係も、よりこう、自然な感じになるというか。最後のセリフ、「46歳の私より48歳の私の方が若い気がする」っていって、2年前の映像が出てきて、あー、なんか、ずっと続いてたんだなあっていう気になって、すごい良かったです。
終わってさみしいです。さっきも言いましたが、気楽に観れて、しんみりして、いい余韻が残る、ほんといいドラマでしたね。
[PR]
by yuricoramu | 2014-06-27 00:47 | テレビ、芸能 | Comments(0)
以前にお見パで知り合った女性から、映画に誘われたので行ってきました。
「アナと雪の女王(吹き替え版)」。
アナかあ。。。
元々、公開前は積極的に観に行こうと思ってたんです。レリゴーの方を。でも、なんだか誰もかれも、アホそうなギャルや小さい子どもまで、「ありのー」ばっかり言うから、すっかり観る気なくなったのです。
大体、僕は昔から舞台やコンサートなどで、何度か松たか子の生歌を聴きました。そのたびに上手だ、感動した、と感想を言ってきました。それが何が今さらありのーじゃ。にわかか。
と思ってたのですが、まあせっかくの機会なので、一応観とこか的な感じで、観ました。
いやいや、普通にめっちゃ良かったー!
しかも松たか子の「ありのー」のシーンで、わぁってなって、きたーって思って、思わずテンション上がったし。にわかか。
いや、でも、実際良かったです。そして松たか子はもちろん、神田沙也加もすごく良かった。見直しました。
エンドロールでは違う人がありのーを歌ってたけど、断然松たか子版の方がいいね。
ところで、一緒に行った女性が、エンドロール中に荷物をまとめて、席を立とうとしてました。
わー、ありえへん。人が余韻に浸ってる時に。「まだ行かないの」って言われたから、当たり前やろと思いながら、「はい」と答えました。
その後、カフェでお茶して、付き合いたい的なことを言われました。
ありがたい話ですが、お断りしました。
ちょっと合わなさそうだし。
まあとにかく、アナは良かったです。
[PR]
by yuricoramu | 2014-06-26 01:01 | 映画、舞台 | Comments(0)
「なるようになるさ」の最終回を観ました。
ドラマのタイトルには2はついてないけど、一応シーズン2ということで。
橋田壽賀子のドラマです。
前も観てたから今回も観たけど、前も結構どうでもいいドラマだったけど、今回はどうでもいいというか、なんだこりゃって感じのドラマでした。
しょう君とはるなちゃんがまさかの婚約。急すぎる。しょう君って前のシリーズのヨウコと仲良くなかったっけ?
このはるなちゃんって、レストランあやを勝手に辞め、たつさんのお店を勝手に辞め、どこがいい子やねん。
ていうかこの二人、「夜行観覧車」の兄妹やんけ。
りょう君とキョウコちゃんもうまいこといって。ほんで急に呼び捨て。早い早い。
一から十まで説明するセリフは「渡る世間」で慣れたし、浅野温子のセリフの言い回しも、前の時からだからもう慣れたけど、りょう君のあの棒読みな感じもわざとかしら。
何か前の時よりさらに違和感を感じました。前はやっぱりヨウコ(志田未来)ちゃんが出てたから引き締まってたのかもしれません。今回、キョウコちゃんはいいとして、はるなちゃんやばいでしょう。
なんだか文句ばっかり書いてしまいました。申し訳ありません。それでも観てしまうというのが、やはり橋田壽賀子マジックなのでしょう。
[PR]
by yuricoramu | 2014-06-25 00:27 | テレビ、芸能 | Comments(0)
c0195200_0434492.jpg
うわさでしか知らなかった霧の森大福、ついに食べましたー。
おいしっ。
さすがのおいしさ。
ところでところで、僕は今、自分史上最重体重を更新し続けておる次第でございます。
78キロ。もう80目前やん。ヤバス。マジでヤバス。
ちなみに身長は170センチ。友人の太田君が、身長ほぼ同じで体重55、6キロって言ってるから、、、うわー、太田君より20キロ以上重い。その分体に何が入ってるのかと思うと、おそろしやー。
どおりで最近体が重いと思った。ジムに行っても走ったり泳いだりが前よりしんどいと思った。
やせよう。
一時、おかしなどの間食をやめてて、あの時は70台前半まで落ちてたのだ。
それが今やケーキに大福、おかきにアイス、etc…。間食シマクリマクリスティなのだ。
家族でケーキを食べようとホールで買ってきて、1、2切れだけあげてあと全部自分で食べるみたいなことを最近よくやってます。
こんなことをしててはいかん。フーミンならぬ、ブーミンになってします。
明日からダイエットします。今度こそ。ここに宣言します。
[PR]
by yuricoramu | 2014-06-24 00:53 | 生活 | Comments(0)
ドラマ「ルーズヴェルトゲーム」の最終回を観ました。
「半沢」と同じ池井戸の原作のドラマ。キャストから何から似すぎっていう批判があったみたいだけど、そんなん、あえてやん。
半沢ほどの人気はなかったようです。確かに半沢の方がおもしろかったけど、これはこれで結構おもしろかったですけどね。
半沢以上に漫画チックというか。特に野球に関しては、そんなアホなな展開でしたけども、逆にここまで徹底したら文句も出ません。
ここまで最後うまいこといくと分かってて観られるドラマもそうそうありません。でもそれでいいんですよ。ベタですけど観てて気持ちいい。
当然最後は大団円で終わりました。よかったよかった。
唐沢と江口のコンビ。「愛という名のもとに」も「白い巨塔」も観てきました。いいですね。好きです。
唐沢もだけど、江口が渋い。歳を重ねるごとに渋くなっていきますね。
香川の演技はもはや笑かそうとしてるとしか思えませんでした。もちろんわざとそういう演出にしてるんですけども。いや、いいんですよ。実際おもしろかったです。
しかし工藤の息子もいい役もらいましたよね。
[PR]
by yuricoramu | 2014-06-23 01:45 | テレビ、芸能 | Comments(0)
c0195200_462384.jpg
今日はユリコーンのレコーディングでした。略してユリレコ。
ここ何年も、ユリレコやろうユリレコやろうと言ってきて、ついに実現しました。
2008年「ユリコヨミ」以来、6年ぶりのオリジナル音源になります。
ってまだできてないけど。しかしついに一歩を踏み出しました。
大阪の守口市にあるスタジオ。全く初めてのところですが、ヨーマ君に調べてもらって、ここにしました。
あ、今回は青木ヨーマ君にエンジニアをやってもらってます。
ユリコーンは素人バンドなので、機械のことはもちろん、普通のバンドマンなら知ってて当たり前のことであろうことも知りません。自分たちで何もできないので、ヨーマ君にいろいろ、というかほぼ全部、やってもらってほんと助かります。
曲はライブでおなじみの曲や、昔作って埋もれてしまった曲や、新曲も少々。
まだ全然完成してませんが、お楽しみにね。
終わってからかごの屋でごはん。
みんなでしゃぶしゃぶの食べ放題を食べました。お腹いっぱい。
c0195200_417989.jpg

そうそう、今日6月21日はハコちゃんの誕生日なのでした。
みんなで、せーの、ハコちゃん、誕生日おめでとうー!
[PR]
by yuricoramu | 2014-06-22 01:23 | ユリコーン | Comments(0)

デヴィ夫人

今日の「金スマ」のデヴィ夫人特集を観ました。
一応断っておきますが、「あいのり」に出て、後にAV女優になったデヴィとは違いますよ。え、わかってるって?失礼しました。
デヴィ夫人が若い頃めちゃくちゃ美人だったのは知ってますか。めちゃくちゃ美人だったんです。絶世の美女です。
それでスカルノ大統領に気に入られて、玉の輿で、悠々自適、貴族の様な生活をしてきたと思ってたんですが、いやいや、とんでもなく苦労してるんです。
戦争で疎開し、疎開先ではひどい仕打ちを受け、父親を早くに亡くし、母と弟は夫人が世話をすると心に決めます。
勉強ができたけど中卒で働き、やがてその美貌から社交界デビュー。19歳でスカルノ夫人となります。このへんまるで少女漫画の様なストーリー。
しかしその後母親は心労で倒れて亡くなり、すぐその後には弟がお金をだまし取られて自殺。日本に身内がいなくなります。
インドネシア国籍を取得した夫人ですが、その後大統領は失脚。逃げるように娘と二人、フランスでの生活を始めますが、スカルノは病死。夫人は死ぬ間際にようやく会うのが精いっぱいでした。
その後、恋人もできますが、破産したりなんやらで、結婚まで至らず。
また事業を起こして成功させて、今の地位を築き上げたわけです。
決してのんびり過ごしてきたわけではないんですね。
「私は人より3倍苦労して、3倍努力して、3分の1しか寝ないで、それでここまでやってきた」って言うセリフがすごく説得力があって、ちょっとデヴィ夫人、だいぶ見直しました。
今、バラエティであほみたいなことしてるけど、それがまた逆にすごく見える。デヴィ夫人すごい。
そして、夫人の孫を初めて見ましたが、これがめちゃくちゃイケメン。キランくん。笑けるくらいの超イケメンでした。さすが夫人の孫。
[PR]
by yuricoramu | 2014-06-21 02:29 | テレビ、芸能 | Comments(0)

朝病院昼歯医者夜激痛

今日は仕事休みで、朝、病院に行ってきました。
会社の健康診断を受けに。
近所に新しくできた病院に行きました。建物はきれいだし、看護婦さんも親切で、いい感じと思ったけど、最後の会計の時の受付の姉さんが愛想悪くてがっかり。
視力は右2.0、左1.5をキープ。でも、どうなんでしょう。最近遠くの小さい字が全然見えなくなりました。確実に昔より悪くはなってます。絶対2.0もないと思うわー。

昼、歯医者に行ってきました。
ここ数日、冷たいものを飲んだとき、右下の奥歯が異常に痛いんです。
今回は今まで行ってた歯医者じゃなく、新しいとこに行ってみました。
先生が若い先生で、びっくりするくらいオドオドしゃべる先生でした。
「あ、痛いですか」「だ、大丈夫ですか」「あ、あの、レ、レントゲンを撮っても、い、いいでしょうか」
といった具合。大丈夫かおい。
でも、ベテランと思われる歯科衛生士に「え?これは?いるんですか?どっち?」とか、えらそうに言われてるのを見て、ちょっとかわいそうになりました。あんなえらそうに言わんでもいいのに。
症状はというと、昔の銀歯がもう役目を果たしてないらしく、虫歯が神経にいってるそうで、それで痛むそうです。
久しぶりにキーンってやられました。何年ぶりだ。
麻酔をやってもらったんですが、それでも、時々神経にキュイーンってくる痛みが。痛かったら手をあげてくださいっていわれても、気の弱い僕が手などあげられるはずもなく。
吸い取ってくれてるのかくれてないのかもよくわからないけど、唾がたまって飲み込むタイミングも難しくって、ハアハア言ったり。
新人の医者か知らんけど、やっぱり下手なのかも。だいぶ痛かったし。あるいは、症状がそれほどひどかったのかもしれません。
それにしても、麻酔をやっても時々痛かったけど、昔って麻酔とかしないで直でキーンってやった気がする。どんだけ痛かったんだろうって、想像しただけで背筋が震えました。

そうして、今、夜中ですが、ちょっと、めっちゃ痛いですー。麻酔の切れた痛みなんでしょうか。めっちゃ痛いんですけど。さきほど歯医者でもらった痛み止めも飲みましたが、今またさらに痛くなってきました。痛み止めもそう何度も飲むわけにはいかないし。うー、痛いよー。
[PR]
by yuricoramu | 2014-06-18 01:32 | 生活 | Comments(0)