ユリコーンのベースフーミンのコラム

by ユリコーンフーミン

<   2014年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

山田洋次監督の映画「小さいおうち」を観てきました。
黒木華がベルリン映画祭で賞をとって話題になったから、ではなく、元々原作のファンだったから観たかったんです。
原作は以前図書館で借りて読んだんですが、すごく気に入って、普通に本屋で買い直したくらいなんです。
で、映画ですが、キャストはよかったです。松たか子は毎度さすがの演技力だし、黒木華もかわいいですね。最近売出し中でよく見ますが、この映画では特にかわいかったです。ただ、板倉さんの役が純(吉岡秀隆)だったのはだいぶイメージと違いましたけどもね。
妻夫木をはじめ、他のキャストも、山田洋次のこの前の「東京家族」とかなり被ってましたね。そういえば蛍(中嶋朋子)も出てたから、純と蛍の共演ですね。
タキが山形に帰ってから、一度上京して奥様と再会するエピソードが映画では削られてました。僕、そこが好きだったんだけどなあ。
まあ、原作の話を全部詰め込むなんてできないし、違って当たり前なんだけど、それでも、本を読んだ時に感じた、奥様とタキの関係、恋心というか、それが映画では出てませんでした。そういえば奥様と旦那様の関係も、本と映画とは違いましたね。
あえて映画ではそこは省いたのだと思います。戦争で市民の生活が変わっていく感じとか、そういうのを出したかったんだと思います。
ってえらそうに言いましたが、映画自体はすごくよかったですよ。キャストもよかったし、内容だって、戦争の理不尽さが伝わったし、観てて涙がホロリとこぼれました。
原作と比べて悪いということではなく、最後ちょっと違うなとは思いましたが、いい映画はいい映画でした。
[PR]
by yuricoramu | 2014-02-25 18:05 | 映画、舞台 | Comments(0)

臨場劇場版

さっきテレビで「臨場劇場版」を観ました。
テレビでシリーズでやってる時は観てたけど、この劇場版を観たのは初めてです。
なかなか迫力あっておもしろかったです。内容も考えさせられました。
いやほんと、人を殺しといて、精神異常で無罪とか勘弁してほしいです。大体、人を殺す時点でもう普通の神経じゃないでしょうに。
しかし内野も渋いですね。いうても。

その後ちらっとだけ中村正人の番組を観ました。今井美樹が「プライド」を歌ってました。
そんなに好きな歌ではないんですけどね。
でも、実は中学の時、「piece of my wish」が好きすぎてCDも買いました。今でも大好きな歌です。


[PR]
by yuricoramu | 2014-02-24 00:24 | 映画、舞台 | Comments(0)

舟を編む

ツタヤで「舟を編む」のビデオを借りて、観ました。
原作は前に読みましたが、映画は映画館でやってる時に観よう観ようと思いながら、ついに終わってしまって、今回ビデオで借りてきてようやく観ることができました。
大体原作を先に読んでたらイメージが違うってなるもんですが、これはそうでもなかったです。
概ね合ってたんじゃないですかね。というか松田龍平味ありすぎです。ほんま味あるわあ。
ここの兄弟はすごいですねえ。ここは七光り関係ありませんね。二人とも。
オダギリジョーの西岡と、その彼女の池脇千鶴もいい味だしてましたよ。
いい映画でした。
まじめくん、自分に合った仕事に就けてよかったね。かわいい彼女もできて。ちょっとうらやましいです。
三浦しをんの本は2,3冊読みましたが、どれもやさしい雰囲気が漂いますね。
[PR]
by yuricoramu | 2014-02-23 00:03 | 映画、舞台 | Comments(0)
真央ちゃんのフリーの演技、よかったですねえ。僕も感動しました。
しかし、その後の報道はいくらなんでも真央ちゃん真央ちゃん言い過ぎてひきます。
真央ちゃんも最後かもしれんけど、鈴木明子だって最後なのに。もうちょっと鈴木のことも言ってあげて。
まあ、真央ちゃんはスター性があって、鈴木はないからと言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが、それにしても、あまりにも極端すぎる気がします。


最近、昔途中まで読んだ漫画を全巻大人買いして読むっていうことをよくやります。
この前読んだのが、「ラッキーマン」。
ラッキーマンといえばよく言われるのが下手くそな絵ということですが、僕は全然気になりません。
むしろ見やすくて好きな絵です。ちなみに僕はワンピースの絵はうけつけません。まあ、こういうのはそれぞれの好みですね。
ラッキーマン、おもしろかったです。あのゆるい感じが結構好きです。
どのキャラが好きかと言われると、うーん、迷いますね。
結構どのキャラも好きです。スーパースターマンも好きですし。
地味に修正マンとかも好きですけど。もうちょっと各キャラ活躍してほしかったという気もします。ナイスマンとかも。
[PR]
by yuricoramu | 2014-02-21 22:36 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)
出先のトイレで大をしてたら、ドアをノックされました。
ノックしかえそうと思ったけど、カギも閉めてるし、入ってるの分かるだろうと思ってそのままにしてたら、何回もノックしてきました。
えっ、こわっ。
しょうがないのでノックしかえすと、止まりました。
なんなん?ノックの返事が欲しかったん?
気を取り直してまたきばってたら、だいぶ経ってからまたノックしてきました。
えーっ、こわいこわい。
今度はすぐにノックしかえすと、その一回だけで済みました。
確かに僕も長居したけど、別に中で休憩してた訳じゃないもん。ほんとにきばってたんだもん。お腹もちょっと痛かったし。
だけど焦らすので、あわてて出ましたよ。
そしたら外には誰もいませんでした。他のとこに入ったのかしら。どっちにしろいなくてよかったよ。いつまで入っとるんじゃってキレられかねない。

気分直しにこの曲をどうぞ。
♪ミーミミインヨソー

[PR]
by yuricoramu | 2014-02-19 00:46 | 生活 | Comments(0)
葛西銀メダル。いやあ、すごい。
葛西といえば妹は若くで難病になって今もずっと闘病で、母親は放火で亡くなってるんですよね。なんて苦労人。
それで今回7回目のオリンピック、41歳でメダル。すごい。ほんとにすごい。感動した!


小学生くらいの男の子が、「BONJOVI」と書かれたトレーナーを着てて、ワラケタ。
その横にいた母親らしき女性は「EXILE」と書かれたポーチを持ってた。どないやねん。
人気のある人が好きなんだね。
[PR]
by yuricoramu | 2014-02-17 00:56 | スポーツ | Comments(0)
いやあ羽生君はすごいね。金メダル。今日はさすがに仕事なので明け方は寝てたけど、VTRで観ましたよ。
上品なルックスだけど、心が強いね。すごい。


僕はあまりユーチューブとか見ないけど、たまたま昔の素敵な映像を見つけました。
すかんちの「恋のマジックポーション」を歌うユニコーン。


ユニコーンの「服部」を歌うスパゴー。


ええ時代や~。
[PR]
by yuricoramu | 2014-02-16 00:28 | 音楽、ライブ | Comments(0)

袴田今日子は俺の嫁

久しぶりに帯ギュ(帯をギュッとね)を読みました。
大昔に読んで以来です。
いやあおもしろかった。めちゃくちゃおもしろかったです。古い漫画ですが、最近の流行の漫画よりよっぽどおもしろい。
時代を感じさせないというか、いや、時代は感じました。バービーボーイズとか、バンドブーム時代のワードがいっぱい出てきて、逆にそれもおもしろかったけど、それを差し引いても、ほんとにおもしろかったです。
僕が昔読んでた頃は、まだ全然話の途中だったので、実は最後まで読んだのは今回が初めてなんですね。なんで今まで読まなかったのか、自分を恥じます。
河合克敏の漫画は「モンキーターン」も、今やってる「とめはね」も全巻持ってて、どっちも大好きです。この人の絵好きです。話も好き。
男も女もいいキャラがそろってて、誰が一番好きか選ぶのが難しいです。まあでも、女子でいうと、やっぱり袴田さんかな。別所さんもかわいくて迷うけど、やっぱ袴田さん。マジで惚れる。え?石塚さんがいるって?それはまあ、おいといて。
とにかく、今読んでもほんっとにおもしろい漫画です。感動しました。今さらですいません。
[PR]
by yuricoramu | 2014-02-15 00:12 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

ハンドパワーです

マッサージ屋に行ってきました。今回はマッサージと足ツボのセット70分コースにしました。
やってくれたおっちゃんがめちゃくちゃ滑舌の悪い人でして。
「ここはごにょごにょのツボですね」、「ここはごにょごにょのツボですね」。
どこのツボか聞きとれなかったので、最初、えっ?って聞きかえしたんだけど、もっかい聞いても、やっぱり「ごにょごにょのツボですね」、と聞きとれなかったので、もう分からんけど、はあって言っときました。
二つだけ聞きとれたのが、「ここは前立腺のツボですね」と、「ここは睾丸のツボですね」というのでした。そこだけなぜかやたらはっきり言ってました。
どこのツボかを言い終えて、今度は「張ってますねえ、きてますよ」「張ってますねえ、きてますよ」を連発してました。
きてますきてますって、Mr.マリックか。と心の中で突っ込みました。
「やっぱり張ってる方が押されて痛いもんですか?」って聞いたら、「あのー、ごにょごにょごにょ」とまた何を言ってるか聞きとれない返事をされたので、何を言ってるか分からんかったけど、はあって言っときました。
ところでさっき心の中でMr.マリックかと突っ込んだけど、よく考えたらマッサージだけにハンドパワーやなと思って、自分で感心した次第です。
[PR]
by yuricoramu | 2014-02-13 23:15 | 生活 | Comments(0)
例に漏れず、連日オリンピックを観てる僕です、こんばんは。勝てば官軍というけれど、ほんとにそうですね。メダルを取るか取らないかで大違いですね。今日はノルディックの渡部がやりました。銀メダル。すごい。荻原の解説もおもしろかった。試合後の渡部のインタビューを観てたら、サッカーの長谷部がしゃべってるのかと思いました。顔も似てるし、しゃべり方も似てますね。


さてさて、ドラマも好きな僕だけど、今シーズンはあんまり観てません。「glee」も終わったしね。
今観てる(観てた)ドラマはこれだけです。



火:「福家警部補の挨拶」、※「紙の月」
水:「相棒12」、「僕のいた時間」
木:「緊急取調室」
金:
土:

これくらいです。そして「紙の月」は5話完結だったので、もう終わってしまいました。
紙の月の感想はこの前書きました。暗いけど、見応えのある、おもしろいドラマでした。
それ以外でいうと、「福家~」は檀れいさんの刑事モノ。古畑と相棒を足して割ったみたいなドラマ。この前の回は板尾が犯人で殺される役にホンコン、他にも吉本の芸人がいっぱい出てて、おもしろかったです。
「相棒」はもはや言うこともございません。
「緊急取調室」は天海祐希の刑事モノ。刑事モノばっかりです。これも悪くはないけど、さすがに刑事モノばっかりで、インパクトに欠けます。
そんな中、「僕のいた時間」。これは三浦春馬の病気モノ。韓流ドラマみたいです。韓流ドラマ観たことないけど、おそらくこういうのでしょう。なんかこう、演出が古臭いというか。でも、久しぶりにこういう分かりやすいドラマはいいですね。病気モノなので楽しくはないけど、実に観やすいドラマです。うちのおばあちゃんも喜んで観てるみたいです。母も、おばあちゃんも、声をそろえて言います。三浦春馬はほんまに男前やと。役で得してるところもあるけど、あれは確かに男前や。多部未華子と斉藤工のカップルがどないも合ってないけど。
大河はねえ、前の「八重の桜」は観ましたが、今回、1年間通して観る自信がなかったので、やめました。
[PR]
by yuricoramu | 2014-02-12 23:53 | テレビ、芸能 | Comments(0)