ユリコーンのベースフーミンのコラム

by ユリコーンフーミン

<   2013年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

シューマッハ重体

おい、うそやろ。頼むし死なんとって。
[PR]
by yuricoramu | 2013-12-30 23:50 | その他 | Comments(0)
先日に引き続き、日記を見ながら今年を振り返り、僕の今年の10大ニュースを発表したいと思います。
とはいっても、あまりプライベートなことはここでは言えないので、言える範囲の出来事を言います。まあ、そないに隠すほどのプライベートな出来事もありませんが。

1位:太田君とひとみちゃんの結婚式に出る
大学の美術部の同級生であり、バンド仲間でもある太田君がついに結婚。ひとみちゃんと長い付き合いの末結婚、さらにその後子供も生まれて、もちろんおめでたいし、心からお祝いしました。しかしその一方で、急に僕もあせってきたのでありました。

2位:ライブが大当たり
今年はほんとに、素晴らしいライブにたくさん行きました。地球三兄弟。素晴らしくて、大阪だけで飽き足らず、広島までも足を運んだ。ベートルズ。特にトミオさんのイベントでのコケッシーズはたまらんかった。感激して泣きそうになった。そしてポールのライブ。小さい頃から聴いてたビートルズを生で聴けて、そしてまた若々しくて、ほんとにすごくいいライブだった。極めつけはゴーバンズ。25周年ということで、森若さんがひとりゴーバンズを始めたんだけど、うれしすぎて東京まで観に行きました。

3位:ユリコーンで蒜山高原に行く
今年はユリコーン結成10周年。その記念に、夏に蒜山高原に車で行きました。残念ながらハコちゃんは来れなかったけど、ヨーゼフとゆりこと楽しんだ。ゲリラ豪雨に合ったり、レンタルの自転車がパンクしたり、いろいろあったけど、それもいい思い出になりました。

4位:北川景子の握手会に参加
特に北川景子のファンではないが、北川景子と握手できるなんて二度とないことなので、行ってきました。ちなみにゆりことヨーマ君に整理券を取ってもらって。感謝。一瞬すぎて握手した感触も覚えてないけど、やわらかく、そしてとんでもない芸能人オーラが出てました。さすがでした。

えーと、そんなもんかな。すいません、10大ニュースじゃなくて、4大ニュースでした。今年は何もない1年だったと思ってたけど、こうして振り返ると、結構楽しいこともあったんですねー。

あと、世の中のニュースで僕が一番衝撃を受けたのは、これです。
『gleeのフィンことコーリー・モンティースが死去』
これはほんっとにショックでした。しかも日本では普通にgleeのシーズン3をやってるんだもん。フィンが元気に動いてて。死んだなんて信じられない。つらすぎる。
[PR]
by yuricoramu | 2013-12-29 23:36 | その他 | Comments(0)
「ゼルダの伝説神々のトライフォース2」のコマーシャルを見てテンション上がりました。
スーファミのあのゼルダはほんとにおもしろかったし、CMも、当時と同じスチャダラの曲で、うれしすぎる。
また落ち着いたら買おう。
先日、久しぶりに映画でも観ようと思い、三谷幸喜好きだし、「清須会議」を観ました。おもしろかったです。個人的にはこの前の「ステキな金縛り」よりこっちの方がずっとおもしろかった。
姫姉さま―。今日もナウシカやってましたね。最後しか観てませんが、あれはほんとに、何回観てもいいですね。もちろん漫画も持ってますが、ナウシカに関しては映画の方が好きです。

さ、ということで、恒例のフーミンアワードです。僕のプライベートの日記を見ながら、今年を振り返ってみます。
まずは映画。
僕が今年観た映画は、日記によると、「レ・ミゼラブル」、「東京家族」、「the future」、「世界にひとつのプレイブック」、「BOOWY1224」、「ドラゴンボール神と神」、「セレステ・ジェシー」、「きっとうまくいく」、「風立ちぬ」、「清須会議」。
中には内容を覚えてないのもありますが、この中で一番良かったのは、やはり「きっとうまくいく」ですね。これはめちゃくちゃよかったです。今年というか、今まで観た全ての映画の中でも5本の指に入る映画です。それと「世界にひとつのプレイブック」もすごくよかったです。

続いて、ドラマ。
日記によると、「八重の桜」、「相棒11」、「glee2」、「シェアハウスの恋人」、「おトメさん」、「とんび」、「最高の離婚」、「ご縁ハンター」、「第二楽章」、「鴨、京都へ行く」、「ガリレオ2」、「空飛ぶ広報室」、「激流」、「夫婦善哉」、「Woman」、「サマーヌード」、「なるようになるさ」、「半沢直樹」、「ガラスの家」、「夫のカノジョ」、「安堂ロイド」、「リーガルハイ2」、「真夜中のパン屋さん」、「相棒12」、「glee3」。
いっぱい観てますねえ。今年は結構おもしろいドラマが多かったように思います。
相棒もグリーもシリーズでずっと観てるし、リーガルハイも前回同様おもしろかったし、で、一位を決めるとなると、うーん、やはり「Woman」ですね。あれは毎週泣きました。もちろん話題になった半沢もよかったし、「シェアハウスの恋人」も地味に変わってておもしろかったと思います。

舞台、は今年はひとつしか観てません。
「春琴」。深津絵里の。よかったです。

ライブ。
今年行ったのは、地球三兄弟、ベートルズ、大阪ほんわか、ポールマッカートニー、奥田民生、ゴーバンズ。地球三兄弟とベートルズは2回行ったし、そう思うと、結構行った方ですかね。
どれもよかったですよ。地球三兄弟もすっごくよくて、大阪だけじゃなくて広島までも行ったし、ベートルズもトミオさんのイベントでコケッシーズをやった時は感激だったし、ポールもめちゃくちゃよかったし、ゴーバンズも感動したし。一位なんて選べません。どうしても選べというなら、うーん、ゴーバンズかな。でも、ほんとにどれもよかったです。

こんなもんかな。
[PR]
by yuricoramu | 2013-12-28 00:44 | その他 | Comments(0)
大沢樹生がえらいことになってますね。喜多嶋舞との息子が自分の息子じゃなかったとかどうとか。
いろいろあったのか、どういう経緯でこんなことになったかのか、わからないので何とも言えないけど、なんだかすごいなあと。喜多嶋舞なんてできちゃった婚で結婚して、それで大沢の子じゃないってどういうことやねん。
僕はユリコーンともうひとつ、カセイフハミターズっていうバンドもやってるんだけど、そのカセイフに「北島すごい」っていう歌がありまして、その歌詞で喜多嶋舞のことにちょっと触れてるんです。
どういう内容かというと、北島(康介)はすごいねえっていって、そうそう、大沢樹生の元嫁で、昔はなきんデータランドに出てたよねっていって、それは喜多嶋舞やろー。っていう歌です。
あれは我ながらなかなかおもしろい曲だなあと思ってます。今やったら旬でうけるだろうなあ。

話かわりますけど、今日久しぶりにいいとものクリスマス特大号を観ました。
いいともも観なくなったから、誰がレギュラーやらわかれへん。テレフォンショッキングが友達の輪じゃない時点でもう終わりやね。
といいつつちょっとさみしさもあるけど。
そして今NHK観てるんだけど、佐久間正英痩せすぎやろ。ガンが体中に転移してるんだって。さぞかししんどいんだろうなあ。観ててつらい。
BOOWYとかジュディマリは知ってたけど、エレカシの「今宵の月のように」やくるりの「東京」もこの人のプロデュースだったのか。すごいね。プラスチックスもCD1枚持ってます。
しかしそれにしても、ガンっておそろしいね。
[PR]
by yuricoramu | 2013-12-26 00:50 | テレビ、芸能 | Comments(0)
しまったぁ。「真夜中のパン屋さん」の最終回見逃したぁ。ビデオも録ってないので、ほんとに正味見逃した。ドラマ好きの僕が毎週観てたドラマの最終回を見逃すなんてありえない。マジショックだ。疲れてるのかなあ。

しょうがない、年末だし、いつもやってるやつをやります。
好きな女性芸能人ベスト10です。2013下半期。
顔が好きな人、雰囲気が好きな人などいますが、まあ、全体的に好きというか、今までの実績も踏まえてというか、チャンネル替えててこの人が出てたら指が止まるという人です。

1位:深津絵里
2位:井田寛子
3位:鈴木砂羽
4位:宮崎あおい
5位:夏川結衣
6位:鈴木京香
7位:満島ひかり
8位:川口春奈
9位:佐々木希
10位:樫野有香

こんな感じでしょうか。
深津絵里や井田さんは、今大好きというより、今までの実績から。
鈴木砂羽や夏川結衣、鈴木京香といったベテランも昔から好きだけど、テレビに映ってるとやっぱり好きって思うから。満島ひかりは顔とかより、演技で。川口春奈は前のドラマや今の携帯のCMでいいなと思ったから。
あまちゃん観てたら絶対能年玲奈は好きになってたと思うけど、観てなかったし。
結局その時に観てたドラマとかの影響を受けるってことですよ。
[PR]
by yuricoramu | 2013-12-24 23:27 | マイベスト | Comments(0)

リーガルハイ2最終回

今日は「リーガルハイ2」の最終回でした。おもしろかったです。
今回は生瀬に代わって岡田将生がライバルとして出てきて、当初は「若い人気のある俳優に逃げやがって。前の方がおもしろかったぜ」って思ってたけど、こうしてすっかり観終わってみると、岡田将生の羽生先生にも愛着がわいてきて、これはこれでよかった。
今回やたら最初から小雪を絡ませてきて、「小雪もうええって」っとも思ったけど、それも最終回で無事に終わってすっきりしたし、やっぱりいうてもおもしろかった。
またスペシャル版や3もありそうな感じ。いくらでも続きができる内容だし、もちろん大歓迎だし、またやってほしい。
[PR]
by yuricoramu | 2013-12-19 00:26 | テレビ、芸能 | Comments(0)

じなんです

c0195200_23134180.jpg

いや長男です。そうじゃなくて、痔なんです。
最近イボ痔なんですよねー。
座ったら痛いとかじゃなくて、座ろうが立とうが、常にちょっと痛い感じなんです。
ひどくなる前にと、病院に行ってきました。
10年くらい前も痔で病院に行きましてね。あの時はイボじゃなくて切れ痔だったんだけど、ほっといたらあまりにも痛くなって、たまらず病院に行ったら、血の固まりがおしりの外まで出てきてるとかで、麻酔を打たれてその血の固まりをとったんです。あれはほんとに痛かった。
今回はそうなる前に、手遅れになって痔(ジ)エンドになる前に、病院に行ったのです。
今回は麻酔打って血を取ってとかはなしで、薬で治療していくしかないですねと。
いや、そんなんボラギノールめっちゃ使ってるけど。なのにまた同じような薬を大量にもらいました(上の写真)。
あとはちゃんとお風呂に入って、トイレの後はウォシュレットをしましょうねと言われました。
いやいや、人一倍お風呂入ってるし、ウォシュレットも死ぬほどやってるけど。なんならうんこしない時でもウォシュレットだけ当てに行ったりしてるくらいなのに。
それなのに痔になるという。なんて痔(じ)れったい。
ところで今回、医者は男の先生だったんだけど、女性の看護婦さんがやたら積極的におしりをぐっと開かせてきて、ちょっと恥ずかしかった。
まあ、向こうはプロで、なんとも思ってないだろうけど。
それに、そういう僕も看護婦とは違うけど、違うプロの女性の方におしりをグッと開かれてなめなめされたこともあるけど、・・・て何を言わせるんですか。すいません。痔爆(ジバク)しました。
[PR]
by yuricoramu | 2013-12-17 23:19 | 生活 | Comments(0)
c0195200_0285361.jpg

今日は「八重の桜」と「安堂ロイド」の最終回でした。
まずは八重から。
久しぶりに一年ガッツリ観た大河でしたけども、明らかに後半失速しました。
関西人だから同志社のこととか興味を惹かれたんだけど、いざ観るとそれほどでもなかったです。
八重もそうだし、他の人も歳とらなさすぎ。江戸時代と明治20何年と同じ顔だもん。今何歳か分からへん。剛力彩芽に大きい子がいてるのはあまりにも無理ありすぎだった。もっと白髪にするとか、シワをつけるとかしないと。
そうそう、八重の子供の頃の役の子って、この前の「WOMAN」でのぞみちゃんの役をやってた子だったんですね、今思えば。そういえば演技が上手とか、当初ちょっと話題になりましたもんね。そうか、のぞみちゃんだったのか、そら演技うまいわ。
八重ですが、すごく長生きしたんですね。昭和まで生きたんですね。お母さんも長生きしたし、お兄さんも病気した割には長く生きたと思うけど、旦那が二人とも早死にですね。それ以前にお兄さんは不倫したりされたり、子供も早く死んだりと、波乱万丈でしたね。
あ、写真はこの前京都に行ったときに見てきた八重のお墓です。
さあ、次は安堂。
うーん、しょうもなかったですねえ。
思ったんですが、やはり木村拓哉はもっと純粋な恋愛ドラマをやるべきですね。いうてもロングバケーションも、車イスのドラマもおもしろかったもん。この前のポットのやつとか、アイスホッケーとか、レーサーとか、どうもいまいちしょうもないのが多いです。次に期待。
[PR]
by yuricoramu | 2013-12-16 00:27 | テレビ、芸能 | Comments(0)

夫のカノジョ最終回

今日はドラマ「夫のカノジョ」の最終回でした。
視聴率が悪くて打ち切りだとかなんとか。
でも、僕はおもしろかったと思うけどなあ。
視聴率が良かった半沢も確かにおもしろかったけど、これはこれでおもしろかった。
なんなら今シーズンのドラマの中でも1,2を争う好きなドラマだったけどなあ。
要するに、視聴率が良かろうが悪かろうが、自分が好きなら好きだし、好きじゃなかったら好きじゃないのだ。
みんなが観てるからおもしろいとか、みんなが観てないからおもしろくないとか、そんな風にしか考えられない人になりたくない。
というわけで、ドラマの内容はというと、鈴木砂羽と川口春奈が入れ替わるという、昔からある入れ替わりもの。
単純だけど、観てて心が洗われる、気持ちの良いドラマでした。
鈴木砂羽は元々好きだし、川口春奈もこのドラマで好きになりました。
すごくいいドラマでしたよ。
[PR]
by yuricoramu | 2013-12-12 23:28 | テレビ、芸能 | Comments(0)
駅から家まで原付なんですけど、ウォークマンを聴きながら乗ってます。
熱唱系の歌が流れると、つい一緒に歌ってしまいます。
今日、小沢健二の「ラブリー」が流れたのでつい一緒に大声で歌いました。
そしたら信号待ちの時に横の歩道にいた人が、、なんじゃこいつみたいな顔で見てきました。
しまった、つい。恥ずかし。
[PR]
by yuricoramu | 2013-12-11 00:10 | 音楽、ライブ | Comments(0)