風立ちぬ~今は秋~♪
というお約束のフレーズから。こんばんは、ユリコーンのフーミンです。
ジブリの「風立ちぬ」を観てきました。
元々観る気でいたんですけど、この前の「プロフェッショナル」が宮崎駿で、この映画の製作のことをずっとやってたので、もうこれは早く観ないとということで。
友人の太田君も観たらしいけど、太田君は酷評でした。
『全然おもんなかった。バンドマンがブログとかでめっちゃよかったって書いてるけど、お前らほんまに分かって言うてんかって思う。庵野の声も違和感しかなかった』
って言ってました。実際のところ僕はどう思うんだろうと思いながら観てきました。
で、観た感想ですが、うん、よかったですよ。
ただ太田君が言う気持ちもわからんではないです。ジブリらしい爽快感や、セリフを覚えるほど何度も観たいっていう感じはなかったです。
庵野の声も、確かに最初違和感ありました。だんだん慣れましたけどね。
まあでも普通によかったですよ。好きな人と一緒に観たら、ああこの人をもっと大事にしようって、思うと思います。
なんか実写でやってもよさそうって思いました。
ところで、今回の映画、小さい子が観ても内容が分からなそうっていう声をちょくちょく聞きましたが、それに関しては言いたいことがあります。
小さい子なんて、なんの映画観たって内容なんか分かってないと。
「ナウシカ」もそうだし、「トトロ」だって、トトロやネコバスが出てきて『わーかわいー』って言うだけで、内容なんか絶対分かってない。トトロの本当の良さが分かるのは大人になってからです。
ドラえもんだってそうだ。「竜の騎士」なんて結構深い内容ですよ。あんなもん小さい子なんて絶対内容わかってない。
と熱く語りましたが、なんの話でしたっけ。
そうそう、風立ちぬ。ジブリっぽくはないけど、まあ良かったと思います。結構余韻が残ってます。
ユーミンの曲がいいですね、やっぱり。終わりよければすべてよしという言葉がありますが、最後ユーミンの曲が流れて、それでこの映画がよかったっていう気持ちが3割くらいアップしたと思います。
[PR]
by yuricoramu | 2013-08-30 02:48 | 映画、舞台 | Comments(0)

この夏、一回も海やプールにいってないぞ(ジムのプールは除く)ということで、大学の友人のミヤモとひらパーのプールに行ってきました。
日焼け止め塗ったけど、肩や背中がヒリヒリします。でも、昨日までの雨が止んでよかった。
周りは子連れの母親か学生カップルかって感じでした。
言うてもお盆も過ぎた平日なので、そないに混んでもなく、ちょうどよかったです。
浮き輪でくっついてるカップルの近くにいって水中メガネで中をのぞくと、水の中でアソコを擦りつけてたりするんですよね。そういうのを見ると、ちょっとうらやましくなりました。
まあでもミヤモが来てくれてよかったですよ。ミヤモなんて嫁も子もいるのに、家族で来たかっただろうに。すまんのう。
小さい子とか、絶対プールでおしっこのひとつくらいしてそうですよね。僕、ちょっと水飲んでしもたわ。まあ、ええか。
ジムのプールとの一番の違いは、やはりすべり台があるかないかですね。スライダー。答えはもちろんイエスです。ミサイルはループスライダーです。
僕はプールのスライダーが大好きなんです。今日も無料のやつと有料のやつと全部乗ったけど、楽しかったあ。
プールからあがって、せっかくなので木製コースターだけ乗ってから、ひらパーを後にし、それから梅田へ。
太田君たちと合流して夜から飲みに行く約束をしてたのです。
しかし正直言いまして、プールの後、もう眠くて眠くて、とても酒など飲む気分ではありませんでした。
太田君とイオリと合流。主に結婚、そして子供についての話をしました。
なんかあせってきました。
それは自分がモテないからあせる、とかではなく。なんか漠然とした不安感におそわれたのです。
まだ実家でのんびりしてるということもあって、結婚や子育てに現実感がないんですよね。でも僕も今年36で、いつまでも逃げてられんのです。
同級生もついこの間までみんな独身だったのに、今や残ってるのは僕とイオリとキョンキョンだけです。しかもみんなうまいこと、結婚してすぐ子供もできたしね。
もう同い年でかわいい子なんかは「かわいい」ではなく、「美魔女」と呼ばれるんです。もう自分はそんな歳なんです。
結婚について、真剣に考えなあかんなあ、と思ったけど、やっぱり眠くて何も考えられないので、今日はここまで。バーイセンキュー。
c0195200_01248100.jpg

[PR]
by yuricoramu | 2013-08-27 23:38 | 生活 | Comments(2)

c0195200_16364085.jpg

北川景子と握手してきた―!!
ハアハア。思い出すだけで体が震えます。
元々そないにめっちゃ大ファンってこともなかったんです。いや、好きですよ。好きですけど、そないにめっちゃ大ファンってこともなかったんです。
でも、握手会をするって聞いて、やっぱり北川景子とふれられる機会なんてまあないし、まあないというか、おそらく人生で最初で最後だろうし、ということで、頑張って行ってきました。
初の写真集を出すということで、そのイベントです。
もちろん当日券などはありません。前もって整理券をゲットして(友達に協力して取ってもらいました。ありがとう)、満を持しての参戦です。
男のファンが多いと思うでしょう。7割くらいが女性ファンでしたよ。
c0195200_16354446.jpg

そして整理券(僕は856番)があるにもかかわらず、雨の中1時間以上待たされました。
c0195200_16301841.jpg

まあ、カンカン照りの下で待つより雨の中待つ方がマシか。
しかし待たされた分だけ、近づいた時のうれしさは上がります。やっとホール内に入り、そしてあのついたての奥に北川景子がいる!と思うと、何をしゃべろう、とドキドキしてきました。
ついたての前で手をアルコール消毒して、いよいよ中へ。
うわうわ、いた。
「あ、あの、めっちゃかわいいです。好きです。頑張ってください」
と言うと、
「ありがとうございます」
とニッコリ微笑んでくれて、包み込むように両手で握手してくれました。
やわらけーっ!
今までさわったすべての手の中で一番やわらかかった。
そして思い出すだけでとろけそうになるくらいキレイでした。
一瞬だったし、緊張しすぎて、どんな服着てたとかも思い出せません。
だけどあの顔のかわいさと、手のやわらかさは一生忘れないでしょう。
あああ・・・。しばらく放心状態。
会場出たとこで泣いてる女の子とかいたけど、気持ちわかります。
いや僕も今まで何人かの芸能人や好きなミュージシャンと握手してもらったことがあって、そのたびに感動してきたけど、今回は別格でした。
かわいすぎた。
もうね、僕もう、街でかわいい子を見ても、反応しなくなります。だってもう、究極を見たから。究極にキレイでした。北川景子サマーっ。
c0195200_16483631.jpg

[PR]
by yuricoramu | 2013-08-24 16:59 | イベント | Comments(0)

うわぁぁぁ、グリー見逃してたーっっっ。
いやね、「グリー」のシーズン3をテレビでやるっていう噂は聞いてて、テレビ欄をチェックしてたんですよ。Eテレの。いつやるねんと思いながら、まだかまだかと。
そしたらまさかの総合での放送だったなんて。
そのことに気付いたのが今週の火曜。
火曜日の夜にNHK総合でやってるんですね。
ビデオに録ったのをさっき観たんですが、第5話になってました。うーわ、4回分見逃したのかあ。残念。
でも、久しぶりに観たグリーはやっぱりよかった。
レイチェルとフィンがヤルのか?ヤランのか?ってシーンで、泣きそうになりました。
こんな青春やってるのに、実際のフィンはもう死んでしまってこの世にいないなんて。
レイチェルよ、元々ダサ子で売ってたのに、今もう普通にかわいなってるやん。
なんならクインよりかわいなってんちゃうの。
そしてミュージカルのシーンは泣けた。
やっぱいいなあ、グリー。好っきゃあ。
そして「新ビバヒル」のシーズン4は一体いつやるねんていう話。
確かシーズン3はナオミが妊娠したって言って終わったよね。もう話忘れてまうわ。早よ放送してー。


はあ。高校野球も終わりましたねえ。
前橋育英が初出場初優勝。今年はほんとに、優勝候補じゃない学校が次々と強豪をやぶって、それも接戦で見応えのある試合が多くて、おもしろかったですね。
結局今年は一回も甲子園に行かなかったですが、休みの日はひたすら家で高校野球観てました。
そしてイチローの4000本安打。
もうすごすぎて、神すぎて、これ以上の言葉が出てきません。
いつまで現役でやるかわからないけど、彼のプレーを目に焼き付けたいです。テレビでですけど。
悔やまれるのは、生イチローを一回も見たことないってことです。96年にオリックスが優勝した時に、当時仲良かった女の子と、グリーンスタジアムに試合観に行こうって言って結局行かなかったんですよね。あの時行っといたらよかった。
まあ、その後も何度も見に行こうと思ったら行けたんですけどね。結局行かずじまいでした。
[PR]
by yuricoramu | 2013-08-23 21:53 | テレビ、芸能 | Comments(0)

魔法陣グルグル2

今日の「今ちゃんの実は」のトゥギャ山先生めっちゃおもしろかった。
c0195200_115865.jpg

先日買った「魔法陣グルグル2」の1巻を読みました。
前作から10年ぶりだそうです。
イメージが強すぎたか、ククリは前の方がかわいかった気がします。
でもおもしろかったです。さすが。
続編といってもキャラが変わったりしたら愛想ないけど、今回もニケとククリの冒険というのがうれしい。
『この前の魔王を倒して2週間、世界は再び魔王の力に屈しようとしていた』という設定がこの漫画らしくておもしろい。
キタキタおやじは嫌いなんですけどね。
前も言ったけど、ユリコーンの「ハートの魔法」っていう曲は、この魔法陣グルグルをイメージして書いた歌詞なんですよね。
♪円を描くよクルクルクル、とか、歌詞だけ見てたら、かなりそのまんまなんですよねー。
下の絵は「ハートの魔法」を作った時に描いた、曲のイメージ図です。完全にククリそのままですね。ここまでとは思いませんでした。この曲作ったのがもう8~9年前か。あ、ちなみに「ハートの魔法」はユリコーンの「ビーズ刺繍」というCDに入っています。よろしくでーす。
c0195200_152560.jpg

[PR]
by yuricoramu | 2013-08-22 01:13 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

今日、久しぶりにジムに行ったら、僕の好きなインストラクターのU山さんが辞めててびっくりした。
マジかと。なんならU山さん、リーダー的な感じですらあったのに、辞めた!?
宮崎あおいみたいな顔で、めっちゃ愛想良くてね。あの笑顔を見るのが楽しみだったのに。
もう行くのやめよかな。いやほんとそれくらいのレベル。
こんなことならもっと話しかけて仲良くなるんだった。ようせんけど。

c0195200_0353216.jpg

さて、先日買った「このSを見よ」の15巻を読みました。
この巻で完結です。
前の巻で真琴とのことが一応決着がついて、最後は千鶴ちゃん一直線かと思いきや、まあ一直線なんですが、いろいろとすっきりいかなくてですね。
結局最後は、父親と同じ道をいくってこと?千鶴ちゃんとはずっとセックスしないのか。
ハッピーエンドではありますが、なんかモヤッと感があります。
この人の描くヒロインにマジで惚れてしまう僕。
前の「さくらんぼシンドローム」の麻生さん然り、今回の千鶴ちゃん然り。
でも、千鶴ちゃんは終盤ちょっと勢いが落ちました。その点では麻生さんの方がすごかった。麻生さんはほんとに良かった。
今回は鴨門さんも良かったですね。あとがきのページを読んでたら、作者もこの鴨門さんをカッコいいキャラにしようとしてたみたいで。うん、惚れました。
千鶴ちゃんの最後のスティグマのアザがあまりにも大きすぎて、ちょっと引いてしまいました。
自分にスティグマがあったらどうしようっていつも想像します。
確かにうらやましいけど、この漫画にあるように、あんな苦労するくらいならなくてもいいですね。
[PR]
by yuricoramu | 2013-08-21 00:45 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

本屋さんに寄ったら、集めてる漫画の新刊がいっぱい出てたので、一気に買いました。
「このSを見よ」の15巻、「団地ともお」の22巻、「あさひなぐ」の9巻、「まりかセヴン」の4巻、「きょうは会社休みます」の4巻、そして待望の新作、「魔法陣グルグル2」の1巻。
でも実は家にはまとめ買いやらなんやらで、何十冊というまだ読んでない漫画や文庫本がたまっているのだ。どうしよう。
とりあえず前から集めてるやつの続きから読んでいくか。でもテレビも観なあかんし、たまってるビデオもあるしで、いつになったら読めるのかという、なんだか意味のない圧迫感というか、不安な気持ちでいます。
またおいおい、感想を書くやつは書いていきます。

ウォークマンをシャッフルにして聴いてたら、魚の「ピラニア」が流れて、おっ懐かしい、と思ったら、その次にスピッツの「フェイクファー」が流れて、わーってなりました。
「ピラニア」は確か「フェイクファー」に影響を受けて作った曲だって昔ゆりこが言ってたような記憶があります。
そういえばサビのドラムのとことか似てる気がする。
♪偽りの海に身体ゆだねて恋のよろこびにあふれてるーうーうー、からの、♪今から箱の外へ二人は箱の外へ未来と別の世界見つけたそんな気がーしーたー、の流れ、めっちゃ好きです。スピッツ屈指の名曲です。
京阪ガールのレコ発ライブにヨハヒフと魚が出てなあ。いい時代だったなあ。
[PR]
by yuricoramu | 2013-08-18 01:51 | 音楽、ライブ | Comments(0)

やっぱり

平和を願う。お盆。
[PR]
by yuricoramu | 2013-08-17 00:29 | その他 | Comments(0)

激流最終回

今日はドラマ「激流」の最終回でした。
最初の1、2週観た時に、おもしろいなあと思って、そしたら会社の人が原作を持ってるっていうんで借りて読んだらそれもおもしろくて。でも逆に原作とテレビ版が結構違ってるのが気にもなりました。
先週の時点で冬葉が死んだって分かって、今日の最終回どうなるんだ、やることあるのか、と心配になりましたが、今日の最終回はなかなかおもしろかったです。
今までは原作との違いが気になりましたが、逆にこの最終回はオリジナルの話を観てるみたいで、最後うまいことまとめたなと思いました。
他のメンバーはいいとして、貴子が怒るのは筋違いだろうとあきれましたが、あれはあえてああいうキャラなんで、あれでいいんでしょうね。
貴子の国仲涼子もですけど、サンクマの田中麗奈、美弥のともさかりえなど、なかなかキャストは絶妙な線ついてるなと思いました。
賀来千香子と田中美佐子も良かったです。さすがベテラン、迫力ある演技でした。
[PR]
by yuricoramu | 2013-08-13 23:24 | テレビ、芸能 | Comments(0)

おばんです。そして
おぼんです、ね。
世間の皆さまは今週いっぱい盆休みってとこも多いんじゃないでしょうか。
うちの会社は特に盆休みとか連休とかいうのはないので、いつも通りです。
盆休みにどこか海外旅行とか行くのもいいんじゃないですか。
ユリコーンのヨーゼフもまた北欧に行くとか行かないとか言ってました。
ドイツとかいいんじゃないですか。盆だけに、ボンに行くとか。
昔パタリロにもそういう話がありました。マリネラで正月の神様が暴れて、パタリロがそれを抑える為に天敵の盆をあてがうといって、盆だらけの西ドイツのボンに連れて行くとかいう、ファンタジーな内容でした。29巻だったかな。
ところで、昨日僕は淀川花火を観にいきました。
30数年大阪に住んでいながら、初めて行きました。PLは何回もあるんですけどね。
西中島南方方面から河川敷で座って観たんですが、すごくよかったです。
PLみたいに休憩をはさまずに、ずっとやってくれるし、障害物も少なくて、とても観やすくてよかったです。ラストの迫力はやっぱりPLの方がえげつなくてすごいけど、観やすさに関しては淀川の方が断然観やすかったです。
え、誰といったかって?それは内緒だけど、彼女とかではありません。
当然周りはカップルだらけで、うらやましいなと思いましたよ。
大してカッコよくない男がまあまあかわいい女の子を連れてるのを見ると、なんでやねんと思いました。
僕なんてまあまあオシャレだし、家もまあまあ金持ちだし、やさしいし、漫画も少年少女問わずいっぱい持ってるし、ドラマ好きだし、バンドもやってるしで、もっとモテそうなもんだけどなあ。なんでモテないんだろう。
♪なんでだろう~なんでだろう~なんでだなんでだろう~。
ユリコーンのフーミンもっとモテそうなのにあんまりモテないのなんでだろう~。
もっとしょぼそうな男がまあまあかわいい子と付き合ってるのなんでだろう~。
なんでだろう~なんでだろう~なんでだ、なんでだ、なんでだなんでだろう~♪
[PR]
by yuricoramu | 2013-08-11 23:56 | その他 | Comments(0)