ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今日は休みで、次の日曜日に車で遠出するもんで、洗車することにしました。
死ぬほど暑かったです。
日差しが強烈でした。
でもこんな暑い日中に車を洗ってる俺ってちょっとカッコいいやんなんて、ちょっと自分に酔ってもいました。
すると隣の家のおばちゃんがやってきて、
「いやあフミヤ君、こんな暑い時に車なんか洗って、熱中症になるで。やめときー」
と言ってきました。
うん・・・。たしかに。わざわざこんな暑い日中に車を洗うなんてどうかしてるぜ。
これで熱中症になって、死んだりして、ニュースで、
『堺市の35歳男性が、車を洗車中に熱中症で倒れ、死亡しました。当時堺市の気温は35度でした』
なんて言われたら、わざわざそんな熱い時に車洗うなんかあほやでって、いろんな人から言われるのがオチです。
そう思うと、確かに、わざわざこんな一番暑い時に車なんか洗って、何してるんやろうって気になってきました。
ちびまる子ちゃんのはまじ風に言えば、『オレって一体・・・』です。
とはいえなんとか車を洗い終えて、そこそこきれいになったので満足しています。充実感ってやつでしょうか。
車を洗った後、ジムに行こうと思ってたんですけど、暑さにやられたのか、心が折れてしまって、行く気力がなくなってしまいました。
こういう時こそ、マシンでさらに汗かいて、プールで気持ち良く泳ごうと思ってたのに。情けなや。
代わりにグリーンティーを飲んで、縁側で昼寝をしました。夏にグリーンティーを飲んで縁側で昼寝するのってめっちゃキモちE。
It's a family affair
[PR]
by yuricoramu | 2013-07-31 19:15 | 生活 | Comments(0)

春琴

c0195200_21916100.jpg
深津絵里主演の舞台「春琴」を観てきました。in兵庫県立芸術文化センター。
谷崎潤一郎の『春琴抄』を原作にした物語です。
恥ずかしながら、僕は谷崎潤一郎の原作を全く読んでなくて、それなのにえらそうに感想を語るのもどうかなあという気もしますが、まあ、はい。
そもそも僕は深津絵里が好きで、この舞台は東京や海外で何度も公演されて、とても評判が良く、今回関西でやるということで、これは絶対に観とかないとと思った次第です。
盲目の春琴の話ということで、舞台全体の照明はとにかくうす暗いです。セットもほとんどなく、畳と棒くらいです。出演者も、登場人物もやりつつ、黒子的な役もやりつつで、なんというか、生きた舞台を観ている、と思いました。
若いころの春琴は人形を深津絵里ともうひとりが動かしつつ、セリフは深津絵里が言うという形で、これが、人形劇の様なそうでないような、とにかくすごかったです。
春琴が大人になった時に、深津絵里本人と変わるのかなと思いながら観てたのですが、これが舞台の最中に劇的に入れ替わり、鳥肌が立ちました。
なんというか、うまく説明できないですが、すごい舞台だったなあという感想です。今まで観てきた舞台とはちょっと違う、人形浄瑠璃のような(人形浄瑠璃観たことないですが)、静だけど動というか、なんだか何を言ってるかよくわかりませんが、とにかく、プロの芝居を観た、という気がしました。確かにこれは海外でも評価得そうだなあと思いました。
そしてやっぱり深津絵里はすごいなあと思いました。深津絵里以外の人もすごかったです。
[PR]
by yuricoramu | 2013-07-27 21:12 | 映画、舞台 | Comments(0)
今日、ドコモショップに行ってきました。
長年愛用してきたパカパカ携帯ともついにお別れです。
昔の彼女の保護メール。かわいいストラップたち。
誰がこんな、お別れする日が来ると思いますか。
僕のパカパカ携帯よ、今までありがとう・・・。さようなら・・・。

まてまてまてーい。
フーミンは、パカパカ携帯を、やめへんで~。

どうや。びっくりしたやろ。
ドコモショップには電池の交換に行っただけや。
1年ごとに無料で電池交換してくれるんやぞー。パカパカ携帯、まだまだ、やめへんで~。
それでは聴いてください、「パカパカ携帯でええねん」

♪ジャーン、ジャーンジャーンジャンジャーン、ジャーンジャーンジャンジャーン
えーえーえーええねん
パカパカ携帯でええねん
壊れてないからええねん
流行に乗らんでええねん
それでええねん、それでえーえーえーええねん
ラインなんかせんでもええねん
インターネットはパソコンでするからええねん
外で動画見たいと思わんからええねん
それでええねん、それでえーえーえーええねん
電車でスマホをいじってる子より、パカパカ携帯をいじってる子の方がいい子に見える
そんな自分が好きならええねん、そんな日々が好きならええねん
電話できたらええねん
メールできたらええねん
ちょっとカメラ使えたらええねん
かっこつけんでええねん
それでええねん、それでえーえーえーええねん
それだけでええねん、それだけでええねん
それでええねん、それでえーえーえー
ええねん!
[PR]
by yuricoramu | 2013-07-25 01:48 | 生活 | Comments(4)
ハリーポッターのハリーことラドクリフ君の激痩せが話題になってますね。
あれはひどい。激痩せというか、やつれすぎてこわいです。
あるあるですけど、ガリガリに痩せてる子に限って「私、太ってやばいのー」って言って、どこがやねんと反発うけますね。
実は僕も太ってやばいのですが、僕の場合は正味です。なんせ四捨五入したら80台ですから。
80なんて数字、ヤクルトかウルトラマンでしか知りませんよ。ヤバス。
この夏痩せる予定だったんですが、残念なことに全く食欲がなくなりません。相変わらずケーキなどの甘いモノ大好きだし、プラス熱中症対策でジュースやらアイスやら飲み食べするもんだから、そら痩せんわと。
今からでも遅くないので、この夏痩せます。とりあえず夢の60台へ。
高校野球も地区大会やってるので、僕もあやかって宣誓をします。
宣誓~。私、ユリコーンフーミンは、本日よりケーキの買い食い、アイスの買い食いをやめます。そして、ジュースもなるべく糖分の少なそうなものにします。休みの日はジムで運動してますが、それは継続しつつ、食事をなるべく減らすよう努力します。平成25年、7月23日、ユリコーンベース、フーミン。
校歌~。♪ムヒーが丘に、かゆみを止めて、池田、池田、模範堂~。
[PR]
by yuricoramu | 2013-07-23 23:30 | 生活 | Comments(0)
今日は久しぶりにユリコーンメンバーが集まりました。
いつぶり?多分太田君の結婚式ぶり。あれは3月だったかな。
久しぶりにスタジオに入りました。ベースも太田君の結婚式以来に触りました。
ハコちゃんは仕事で来れないというので、3人でスタジオ。梅田の246。
「ビーズ刺繍」や「026」、「モダンガール」に「すごい人たち」など、初期の古い曲を中心にやりました。
いやあ、久しぶりすぎて、忘れてるもんですねえ。そしてそんな状態なのになぜか一瞬で新曲ができました。
ユリコーン、久しぶりにCDを作りますよ。このめったに集まらない状況から考えて、完成はいつになるやら分かりませんが、とにかく、入れる曲も決まったし、非常に楽しみです。
ハコちゃんが夜から参加するというので、それまで時間つぶし。中崎町のオシャレカフェにイン。
ケーキセットを食べながらしばらく歓談した後、扇町公園へ。晩ごはんどうするってなって、ヨーゼフが以前天満で食べた焼肉がすっごくおいしくて、あの味が忘れられないというので、よし、そこに行こう!となりました。
吟味屋というお店。後でわかったのですが、ヨーゼフがその店に行ったのはなんと先週との事。先週かい!そら先週行ったばかりじゃ味も忘れられんわなあ。
でもお店には有名人のサイン色紙がたくさんあり、全室個室で、確かにいい感じ。
タンでも何でも、迷わず上を注文するブルジョワバンドのユリコーン。この歳になると、安くて何の肉を使ってるか分からん焼肉屋より、高くても上質の肉を食べたいと思うようになります。ウーロン茶も黒ウーロンを注文。
いやしかし確かに肉は上質。やわらかくてすごくおいしい。特に、部位とかは忘れましたけど、限定品で梅おろしポン酢につけて食べる肉がめちゃくちゃおいしかったです。
途中からハコちゃんも合流して、さらに話は弾みました。
いじめで自殺する子や、生活保護も受けないで餓死した人の話について語りあうユリコーン。しかもそれを上の肉を食べながらというのが、なんだか政治家になったような気分になりました。
c0195200_062354.jpg

食事も終わり、カラオケへ。
カラオケも久しぶりだ。それこそ前に行ったのもユリコーンと行った以来。
カラオケって、行きたいなあと思うときは、あれも歌いたいこれも歌いたいって思うんだけど、いざ行くと、何を歌っていいのか全然思い浮かばず、特に歌いたくない歌を歌ってしまうのはなんでなんでしょうか。♪なんでなんでナンデー(鈴木蘭々)。
結局僕はブームやウルフルズを、ハコちゃんは米米や岡村靖幸を、ゆりこはつじあやのやKANを、ヨーゼフは吉井和哉やトムキャットを歌いました。
c0195200_23512830.jpg

やっぱりいいなあユリコーン。ライブとかした時ももちろんだけど、こうして楽しくおしゃべりする時間が、なんか幸せだなあって思います。スピッツはメンバーが仲良くて、死ぬまで解散しないって言ってるけど、ユリコーンもそうありたいなあと思います。まあユリコーンの場合はかわいいバンドで売ってるので、なかなか、35越えたら厳しいものがありますけど、まあまあ、いつまでも仲良くやっていきたいとは思います。来月も避暑地へ遊びに行く計画がありますしね。
[PR]
by yuricoramu | 2013-07-21 00:19 | ユリコーン | Comments(0)
今シーズンのドラマも大体1,2週終わったところで、僕の観てるドラマの感想を書きます。

月:「サマーヌード」
火:「激流」
水:「Woman」
木:「Oh,My Dad」
金:「なるようになるさ」
土:
日:「八重の桜」「半沢直樹」

「サマーヌード」・・・山Pの月9。こういうひと夏の恋的な、月9月9した月9、案外嫌いじゃない。というか結構好きです。ヒロインは香里奈と戸田恵梨香で、長澤まさみがゲスト的な扱いなんだけど、やっぱり長澤まさみの存在感はすごいです。香里奈と戸田恵梨香には悪いけど、ちょっとレベルが違うなと思いました。あと主題歌は「サマーヌード」なんですが、真心じゃなくて山Pが歌ってます。真心の歌を使ったらもっと感動するドラマになったのに。でもおもしろいです。
「激流」・・・これもおもしろいです。ドラマを2週観終えた後で原作の本を読みました。冬葉の謎は?最大のミステリを先に本で読んでしまったのですが、本もおもしろかったし、テレビもおもしろいです。田中麗奈とともさかりえというキャストもなかなか絶妙だなと思います。比べるとドラマの方はだいぶ端折ってるなと思いますが、それはそれでうまいことまとめてくれたらいいなと思います。
「Woman」・・・坂元裕二脚本で満島ひかり主演とくれば間違いないだろうと、内容も前にやった「Mother」的な話ということで、暗いだろうとは思ってましたが、想像をさらに上回る暗さでした。さらに田中裕子がお母さん役で出て、ほんとにMotherみたいです。前の芦田愛菜ちゃんも演技上手だったけど、今回の子もすごく上手です。Motherでも散々泣かされましたが、今回のドラマも、今日の話も含め、毎週泣いてます。重苦しいけど、やっぱり見入ってしまう、いいドラマです。
「Oh,My Dad」・・・織田裕二のドラマですが、すいません、用事をしながらちらっと観ただけなので、ちゃんと観てません。ちゃんと観てなかったということもあり、そんなにめっちゃおもしろいようには見えませんでした。第2話以降観るかどうかは未定です。
「なるようになるさ」・・・橋田壽賀子脚本で、舘ひろし、浅野温子主演。やっぱり、なんやかんやいうて橋田壽賀子のドラマって観だしたら観てしまいます。「渡る世間」然り。なんやかんやいうておもしろいんですよね。そんな劇的な展開はないだろうけど、地味におもしろいです。
「八重の桜」・・・これは今シーズンというか1年を通してのドラマですけど、最近周りの人が死にまくってるので、観るのがつらくなってきてます。
「半沢直樹」・・・原作から話題だったらしいですが、原作は知らないんですが、ドラマはめっちゃおもしろいですね。舞台も大阪だしね。さすが堺雅人はインテリの役をやらしたらこの人の右に出るものはいません。清々しさを感じます。檀蜜さんはいいけど、宇梶は微妙ですね。なんぼ大阪の人じゃないとはいえ、ちょっと下手すぎやしまへんか。赤井とか使ってるんだから、せっかくなんだからもっと大阪弁が出来る人を使ったらいいのにと思いました。でもほんとに面白いです。

ということで、今シーズン僕が観てるドラマはどれも結構おもしろくて、満足しています。順位をつけるのは難しいですが、順位をつけるなら、1位「半沢直樹」、2位「Woman」、3位タイ「サマーヌード」、「激流」。ってとこでしょうか。あくまで現時点でです。
ちなみに「ショムニ」はWomanと時間がかぶるので観てません。ビデオに録って観ようと思ったんですが、前の時と江角以外メンバーが変わってるので、どうも観る気しません。前と同じメンバーなら観たでしょうけど。まあ宝生舞はもう引退してるので無理ですけど。
[PR]
by yuricoramu | 2013-07-18 00:47 | テレビ、芸能 | Comments(0)

準備

選挙の期日前投票に行ってきた。そしたら、よぼよぼの年寄りのおじいちゃんがいて、「K明党の○○さんに入れたろうと思ってるんやけどな、目見えへんから代わりに書いてくれませんやろか」って係の人に言ってた。大きい声で。丸聴こえだ。入れてくれってお願いされてきたんだろうなあ。と思った。
その帰りに、近所にちょっとおいしいラーメン屋さんがあるんだけど、そこでお昼を食べた。そしたらカップルがいて、男の方が、「ここのつけ麺めっちゃおいしいねんなー」って彼女に得意気に言ってた。その割にスープをそのまま残して帰っていった。スープ割あるの知らないのかな。と思った。
最近のスポーツ選手のインタビューでよく聞く、「しっかりと準備して」っていうの。やたら聞く。以前よく聞いた「~じゃないですけど」並みによく聞く。
[PR]
by yuricoramu | 2013-07-16 23:35 | その他 | Comments(0)

Don't Stop Believin'

「ビバヒル」と並んで好きな海外ドラマ、「グリー」のフィン役の人が死んだっていうニュースに大ショックを受けてます。
フィンって主役やん。グリーどうなるの?
グリー的にもショックはもちろんショックだけど、フィン自身、まだ若いだろうに、かわいそうに。
マジでショックだ。
[PR]
by yuricoramu | 2013-07-14 23:02 | テレビ、芸能 | Comments(0)
おばあちゃんが福引でいよやかの郷のタダ券が当たって、それを僕にくれるっていうんで、そのタダ券を使っていよやかに行ってきました。久しぶり。ともちんを思い出しました。
ともちんっつっても板野友美じゃありません。大体板野友美のともちんは「と」にアクセントがついた「と’もちん」でしょう。僕の言うともちんは「ち」にアクセントがついた「ともち’ん」なのです。ってどうでもいいですけど。
もう10年、いやもっと前になります。当時岸和田に住んでたともちんっていう子と僕は仲が良くて、岸和田の山奥にある「いよやかの郷」っていう温泉施設にしょっちゅう二人で行ってました。車にはヌードルスの「long long chain」っていうアルバムを積んでて、よく聴いたものです。
今回久しぶりにいよやかに行くというので、ヌードルスのCDも久しぶりに引っ張り出してきて、車で聴きました。懐かしすぎて泣きそうになりました。
当時ともちんとは結婚しようっていうくらい仲良かったんですけど、事情があって、僕がダラダラしてる間にともちんは他の人と結婚してしまったのでした。
あーあ。あーあやね。
あの後、相当長いこと引きずりました。新しい子と付き合ってるのにまだともちんのことを引きずってました。引きずるのも分かるけど、それにしてもいくらなんでも引きずりすぎましたね。新しく付き合った子には申し訳ないことをしました。
さすがに10年経って、もうほとんどともちんのことを思い出すこともなくなったけど、今日ばかりは久しぶりにがっつり思い出しました。
バンドで曲を作ってて、ともちんのことを思い出して歌詞にした曲もいくつかあります。一番代表的なのが「026」ですね。あれは正に、ともちんと別れた後に一人でいよやかに行って、お風呂に入りながら、ともちんのことを思い出して泣くっていう歌詞なんですよね。
                                                                                                 
[PR]
by yuricoramu | 2013-07-13 23:07 | 生活 | Comments(0)

激流(本)

今NHKでやってるドラマ「激流」。なかなかおもしろくて僕も楽しみに観てるんだけど、会社の人がこの原作の本を持ってるっていうんで、ぜひ貸してくださいっていって貸してもらったら、まさかの上下巻。うわあ長いなあって思ったんだけど、読み始めるとグイグイひきこまれて、一気に読みました。
テレビでまだやってる途中なので、最後どうなるかとか内容は書かないでおきますね。
テレビで先にちょっと観てる分、最初から話にすんなり入っていけました。
どれでもそうですけど、先に本を読んで、後でドラマ化されたりしたら、イメージが違うって思うと思うけど、先にテレビから入ったので、サンクマは田中麗奈だし、美弥はともさかりえのイメージで読みました。
まあ、今テレビでやってるんでねえ、全くネタバレなしに感想を書くのは難しいですねえ。
今テレビで観てる人は、本も読んでみて、見比べるのもおもしろいと思います。
[PR]
by yuricoramu | 2013-07-12 00:47 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン