ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2012年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

オフロで泣くよ

昼、一番台風がきつい時にあえて車でスーパー銭湯に行ってきました。
貝塚の美笹の湯。
車が風にあおられてひっくり返って死んでもいいやという投げやりな気持ちで。
でも実際雨風の中で車を運転して、死にたくないし、普通に事故もしたくないって思いました。
岩盤、いつも以上に長く入りました。
もうのぼせて死んでもいいやという投げやりな気持ちで。
でも実際はちょっとのぼせてしんどくなったけど、死ぬまでは我慢しませんでした。
その後お風呂に入りました。
過去を全部洗い流してやるという意気込みで。
でも実際は全く洗い流せませんでした。体は洗ったけど。
ここ1,2か月間のいろんな出来事を思い出して、胸が苦しくなりました。
涙が出ました。
ユリコーンに「026」という曲がありまして、『オフロで泣くよ~』っていう歌詞が続くんですけど、あれはオフロで泣くけど、泣いて過去を吹っ切って、前を向いていこうっていう歌詞なんです。
あの歌詞を書いたのは僕ですけど、当の本人は全く過去を吹っ切れません。
オフロで泣いて余計思いだすよ~です。
P.S.すごい雨風の中、露天のオフロに入ったのは、なかなかおもしろかったです。
[PR]
by yuricoramu | 2012-09-30 23:04 | 生活 | Comments(0)
すれ違った後立ち止まらない
どこかでもし出会っても幸せ祈るだけで
振り向かない君を見つめない
確かに歩き出すよ

これでいこう。うじうじと振り向かない。前を向いていこう。
と、思おうと思ったけど、無理である。

いつでも探しているよどっかに君の姿を
向かいのホーム路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに

どっちかというとこれである。
どっちかというとというか、完全にこれである。
僕は今、生きているのがつらい。
[PR]
by yuricoramu | 2012-09-30 01:01 | 生活 | Comments(0)

村上春樹さん寄稿

うち朝日新聞をとってるんだけど、今日の一面にどーんと、『村上春樹さん寄稿』って載ってて、こんな一面に顔写真付きで載ってるから、村上春樹死んだんかと思ってめっちゃびっくりしました。
結局中国や韓国とせっかく苦労して文化やいろんなことで交流を持ってきたから、それを壊したらあかんということを言ってました。
まあ、一部の中国人や韓国人みたいにあほみたいに大騒ぎしないところが日本人のえらいところだと思うし、挑発に乗ることはないと思うけど、会社とか、中国から撤退したらいいのにとはいつも思います。
例えば工場とかも東北に作ったらいいねん。日本人の雇用を増やして、日本人が作ったものを日本人が買ったらいいねん。わざわざ中国に日本の技術を持っていって盗まれることないねん。
っていつも思うんですが、そういうわけにはいかないんでしょう。
ところで今日はNHKで草間彌生の特集やってたでしょう。観たかったんですが観れなかったので、今度NHKオンデマンドで観ます。
[PR]
by yuricoramu | 2012-09-28 23:55 | その他 | Comments(0)
ウォークマンをシャッフルにしてたらドリカムの「サンキュ」が流れました。
『好きだったのにな、言っちゃった後泣けてきた』
ここの歌詞いいなあって、あらためて思いました。

テレビの音楽番組で、歌手の人がバラードとか歌ってて、お客さんが聴きながら泣いてるっていう映像を見たことあると思います。
あれ、気持ち分かるわあ(分かるんかい!)
僕もライブを観に行って涙したことが一度や二度ではありません。

例えばユニコーンが復活した時のライブに行ったとき、最初の「ひまわり」で泣きそうになり、3曲目の「おかしな2人」のイントロで泣きました。わーってなって。
コケッシーズのまさかの一夜限りの復活ライブ。その1曲目の「犬こけし」で泣きました。これなんて全く感動するような曲じゃないのに。
歌自体に感動して泣くっていうこともあるけど、わーって気持ちが盛り上がって泣いてしまいます。
いろいろ思いだしてみよう。

氷室京介のライブを観に行って、BOOWY時代の曲「ブルーバケーション」をやった時も涙出ました。
真心が前に活動停止するって時に行ったライブで、「素晴らしきこの世界」をやった時も泣きました。
ウルフルズの解散するときのヤッサに行った時も、「ええねん」と「いい女」の時に泣きました。
去年、ドリカムワンダーランドに初めて行って、「あの夏の花火」の時だったかな、泣きました。
小島麻由美のライブでも何度か泣いた気がします。あれは名古屋のブルーノートに観に行ったときだったか、舞台から降りて、僕の真横の席にちょこんと座ったんです。あれは後で思いだして泣きましたね。

他にもいろいろあったと思うけど、もう思いだすのが大変なので今日はこのへんで。バーイセンキュー。
[PR]
by yuricoramu | 2012-09-27 22:32 | 音楽、ライブ | Comments(0)

さんまとせっちゃん

さんまのまんまに斉藤和義が出てました。
斉藤和義最近ようテレビ出るなあ。
元ブランキーの中村達也とバンド組んだらしいですね。
二人でやるってこと?
まあ、間違いなく、笑けるくらいかっこいいんでしょうね。
せっちゃん番組で歌ってました。ええ声。かっこええの。
その前に所ジョージも歌ってました。
これまたかっこええのって思いました。
やっぱ音楽やってたらかっこいいね。音楽の種類にもよるけど。
僕も音楽やってるんですけど、自分では結構趣味がいいと思ってるんですけどねー。
誰か僕の魅力をわかってくれえ。
今度民生も真心と一緒にバンド組むらしいですね。
これまた、いいに決まってる。
ライブもやるらしい。行くに決まってる。チケットとれたら。
今度村上ショージのイベントにさんまが出るらしいですよ。
それも行きたいなあ。
[PR]
by yuricoramu | 2012-09-26 23:36 | 音楽、ライブ | Comments(0)

禁区

戻りたい、戻れない、気持ちうらはら
他の人愛せればいいのだけれど、それはちょっとできない相談ね

ツタヤで中森明菜のベストを借りてきました。
聖子ちゃんのベストも借りたのですが、明菜ばっかり聴いてます。
ひとりさみしく明菜の歌を聴いてると、ほんとに泣きそうになります。

ただ単に恋人がいなくてさみしいとかじゃないんです。
明菜も歌ってるように、他の人愛せればいいのだけれど、それはちょっとできない相談なんです。
もうだめだ。考え込んだら気が狂いそうになる。

ところで小学校の頃、♪飾りじゃないのよおならは、くっさーって歌ってました。
ってどうでもいいけど。
なにもかもどうでもいい。
[PR]
by yuricoramu | 2012-09-25 22:23 | 音楽、ライブ | Comments(0)
今日のプロフェッショナルは脚本家の遊川和彦でした。
代表作に「家政婦のミタ」や「女王の教室」、「さとうきび畑の唄」など。
「曲げられない女」も好きだったし、懐かしいところでいうと、「ママハハブギ」「予備校ブギ」「ADブギ」のブギ3部作。
他の脚本家はどうか知らないけど、すごい現場で役者に怒ったりして、監督みたいなことするんだなあって、意外に思いました。
脚本家ってすごいなあって思います。
僕はバンドで歌詞を書いたり曲を作ったりするけど、せいぜい3,4分ですからね。
こんな3ヶ月も半年も続く物語を作るっていうのは、すごいなあって思うわけです。
今度のNHKの朝ドラの脚本をやるんです。「純と愛」。
めっちゃ観たくなりました。宣伝に乗せられてます。いいんです。
ところでプロフェッショナルって今日が最終回なんですよ。
次は年末に特番でやるんですって。毎週やるのは今日で最後。
好きな番組だったのに。さみしいなあ。
[PR]
by yuricoramu | 2012-09-24 23:44 | テレビ、芸能 | Comments(0)
c0195200_22444332.jpg
友達のケイコちゃんが和泉の国ジャズストリートに参加するっていうので、行ってきました。
和泉市の町おこし的なイベントで、去年もやってたみたいです。
僕の家からも車で10分15分くらいと近いのですが、こんなイベントやってるの知りませんでした。
ケイコちゃんに教えてもらって初めて知ったくらいです。
ケイコちゃんも家はこの辺ではないのですが、知り合いに誘ってもらったとかで。
和泉中央の駅近くにある弘法寺で。
こんなところにお寺があるのも知りませんでした。
写真はおしゃれな洋館のように見えますが、これはお寺です。
お寺の中にカフェがあったり、ケイコちゃんのアクセサリーが売ってたり。
僕が行くと、ケイコちゃんとぐっさんと、ハコちゃんとあおい君も来てました。
このメンバーはもちろん、周りの人たちもおしゃれでかつやさしい雰囲気に包まれていて、すごくいい空間でした。
お寺の境内ではジャズの演奏が行われていたり。
このお寺だけじゃなく、近所のトヨタやらヤナセやら、いろんなところでジャズライブが行われていて、なかなかいい雰囲気でしたよ。
僕は先日、一生立ち直れないくらいショックな出来事があったんですが、今日ケイコちゃんが呼んでくれたおかげでちょっと気晴らしになりました。ありがとう。
持つべきものはいい友達やね。
[PR]
by yuricoramu | 2012-09-23 22:57 | イベント | Comments(0)

最強の失恋ソング

サンキューフォーユアカインドネス
サンキューフォーユアテンダネース
サンキュー、フォーユアスマイル
サンキューフォーユアラーブ
サンキューフォーユアエブリシーング
さよならのかわりに~
さよならのかわりに~

百恵ちゃん歌うまいなあ。


ユリコーンのフーミンです、こんばんは。
僕は今、世の中のありとあらゆることがどうでもよくなっています。
もう何も考えられないという状況です。はあ。

今日は、失恋ソングを紹介します。
中学の頃バンドブームだったから、BOOWYの「CLOUDY HEART」とか。
ユニコーンの「逆光」もせつない。
ブームの「僕はぬけがらだけおいてきたよ」も泣ける。
しかしなんといっても、なんといってもこれです。
ゴーバンズの「BYE-BYE-BYE」。
これこそキングオブ失恋ソングです。
『ドアを閉めて歩いていくあなたの足音聞いてた のぞき穴から消えていくあなたはいつも優しかった』
ここ超絶さみしい。
ああ。
[PR]
by yuricoramu | 2012-09-21 22:51 | 音楽、ライブ | Comments(0)

夢売るふたり

仕事帰りにパークスシネマで「夢売るふたり」を観てきました。
踊る捜査線も観ようと思うけど、それよりこの前ぴったんこカンカンに松たか子と阿部サダヲが出て、松たか子がこの映画の為にフォークリフトの免許を取ったっていうのがすごい印象的で、観たいなあって思って、だからこれを先に観ました。

西川美和監督に主演が松たか子、阿部サダヲとくれば観る前から期待してしまいますが、期待通りのおもしろさでした。
まだ観てない人もたくさんいるだろうから、ネタバレしないように、細かい内容は書かないでおきますね。
映画を観てる最中も、観終わった後も、いろいろ考えさせられました。
間合いもいいし、脇役にも結構いろんな豪華キャストが出てて、見応えがありましたよ。
阿部サダヲも良かったけど、なんといっても松たか子ですね。
僕、松たか子好きなんですよねー。好きなタイプとかそういうのじゃなくて、松たか子というパーソンが好きなんです。上品やしね。それに同い年なんで応援してるんです。
そう、松たか子がほんとに存在感ありました。さすがでした。
ヘビーだけどライトに観れる映画です。よかったです。
[PR]
by yuricoramu | 2012-09-20 01:56 | 音楽、ライブ | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン