ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2012年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

7SEEDS

c0195200_1125185.jpg
「7SEEDS」の1巻から21巻まで読みましたぁ。
BASARAの田村由美が描いてる漫画です。
これ、めっちゃくっちゃおもしろいです。
BASARAもおもしろかったけど、こっちの方がさらにおもしろいです。
いやもうほんと、感心するくらいおもしろいですよ。
一応少女漫画の部類に入りますが、少女漫画なんか読まんって言ってる男子、損してますよ。
騙されたと思って一回読んでみてください。そこらの人気少年漫画より100倍おもしろいです。
どんな内容かといえば、まあ言えば世紀末系の漫画ですかね。ドラゴンヘッドの少女漫画版ってとこでしょうか。でもドラゴンヘッドほど読んでてしんどいってことはないです。
あんまり内容を言ってしまうとあれなので言わないですけど、まあおもしろいです。
登場人物がいっぱい出てきて、それぞれのキャラに愛着が出てきます。
僕は秋生まれなので、秋のチームはやはり気になりますね。お蘭さんも好きですよ。あとは安吾のグループの繭も。
僕自身はナツみたいなタイプの人間です。ナツより弱いです。間違いなく。
[PR]
by yuricoramu | 2012-05-31 01:14 | 漫画、本、ゲーム | Comments(2)

ドヴォルザークの家路

c0195200_125473.jpg
うちの地元は、夕方6時になると「赤とんぼ」のメロディが流れます。
♪ゆうやーけこやけーのあかとーんーぼー
とてもさみしい気持ちになります。
これの2番、♪十五でねえやは嫁にいき~
って、昔の人は苦労してるなあっていつも思います。

ドヴォルザークの「家路」って曲があるでしょう。
♪とーおきーやーまにー日ーは落ーちてー
っていう。
えらそうにドヴォルザークとか言ってますけど、僕もこの曲がドヴォルザークの家路っていう曲だと知ったのはつい最近です。
そのドヴォルザークの家路ですけど、僕の通ってた小学校の下校の時に流れる曲がこの曲でした。
この曲、『遠き山に日は落ちて』って歌詞でしょう。僕、ずっと『陶器山に日は落ちて』と思ってたんです。つい最近まで。
うちの近所に陶器山っていう山があるんですよ。それで。
34年と6ヶ月、何の疑いもなく、陶器山に日は落ちてと思ってました。
漫画の「7SEEDS」にこのドヴォルザークの家路が流れるシーンがあって、それを読んで、えっ、遠き山?そうだったのかぁって、ショックを受けた次第です。
[PR]
by yuricoramu | 2012-05-30 01:06 | その他 | Comments(0)
c0195200_2182819.jpg
「ガラスの仮面コミック・ファンブック」というのが売ってたので、思わず、というか、当然のように、というか、気が付いたら買ってました。2010年に発行されてたらしいですね。
これ、豪華ですよ。くらもちふさこや魔夜峰央といった面々が、ガラスの仮面のトリビュートというか、美内すずえの裏話的なことも含めて描いてあります。
美内すずえのインタビューも載ってて、『マヤがラーメン屋の住み込みをしてたという設定になったのはなぜですか』とかいう質問にも答えています。
他にも月影先生のシールや速水さんのポストカードなどもついてて、なかなかのヴォリュームです。



今日、夢にゴーバンズのベースの谷島さんが出てきました。
僕と谷島さんが付き合ってて手とかつないでるんです。
めっちゃトキメキました。
目が覚めて、早速「チヨリスタの星」を聴きました。
いい曲。泣けてくる。
もちろん谷島さんのことが好きでたまらなくなったのは言うまでもありません。
なんで今頃になって夢に出てきたか、さらになんで森若さんじゃなくて谷島さんなのか、謎です。
[PR]
by yuricoramu | 2012-05-29 02:21 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

きんこん土佐日記

c0195200_025529.jpg
高知の友達から「きんこん土佐日記」という漫画を送ってもらいました。
これがまたおもしろい。
以前紹介した「肉までABC」と同じ作者の村岡マサヒロが描いてる漫画で、高知新聞の夕刊で掲載されてるそうです。
肉までABCはこわくなるくらいシュールだったけど、こちらはすごくほんわかしています。ちょっとシュールなところもあるけど、基本ほんわか。
おじいちゃん、おばあちゃん、孫のたくみ、登場人物もかわいくて、セリフも全部高知弁で、ほほえましい漫画です。
同じ高知出身の西原理恵子も『私より絵がうまいです』と絶賛しています。



さて、昨日は大学の美術部時代の仲間と飲み会でした。
飲み会といっても僕はシークワーサーサワーとウーロン茶を飲んだだけですが。
友達の少ない僕にとって、唯一の親友と呼べる仲間です。
ドラマの話で盛り上がりました。今どき「予備校ブギ」と「デパート夏物語」の話で大笑いできるのはこのメンバーくらいです。「愛という名のもとに」の再現もやりました。

しかし、、、僕の友達も続々と結婚したり子ども産まれたりしてましてね。
この歳になって独身で彼女もいないなんてもう僕とイオリだけになりました。
自分で言うのもあれですが、僕は若いころは結構モテたんですよ。
今でもセンスの良さを生かしてまだまだモテるんちゃうんって思ってたんですけどね。
でも、ふと鏡に映った自分の姿を見ますとね、ただの小太りとおっさんやないかええ加減にしいや自分~、て思いました。
もうあきまへん。僕みたいな母性本能くすぐり系のかわいいキャラで売ってた男は中年になるとただの気持ち悪いおっさんです。
もったいない、後で食べようと思ってたら賞味期限切れてしまいましたわ。
[PR]
by yuricoramu | 2012-05-28 00:27 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

長島温泉一泊旅行

一泊二日で長島温泉ホテル花水木に行ってきましたぁ。
おばあちゃんの誕生日も近いから、どこか連れてってあげようということで、おばあちゃんと、うちの母と、母の妹と、僕とで。

僕の運転で行きました。名阪と伊勢道を使って、2時間半くらいですかね。案外近かったです。
ナガシマスパーランドは何度も行ったことがありますが、その目の前にある花水木に泊まるのは初めてです。
家族旅行なので僕は旅費も全然出さなくていいし、最高です。

花水木はなかなか立派なホテルでした。さすが有名なだけある。
若くてかわいい従業員が多くて、それも良かったです。やっぱりいうても若い子にニコッとされるとうれしいもんです。
平日でそこまでお客も入ってるように見えなかったけど、すごい従業員がたくさんいて、もうかってるのかなっていらん心配をしてしまいました。

ナガシマスパーランドにも無料で入れるということで、じゃあせっかくなので行こうと。
僕1人で行ってきました。年寄りと来てるのでそれはしゃあない。
ホワイトサイクロンとスチールドラゴンに乗ってきました。あ、乗り物はお金入りますよ。もちろん。
めちゃくちゃ空いてて、全く待たずに乗れました。
ジェットコースターなんて久しぶりなので、こわかったぁ。
昔はもうちょっと平気だったのに。
ホワイトサイクロンなんて久しぶりに乗ったら、こんなにガタガタしたっけって思って、壊れてるんちゃうんって思って、別の意味でこわったです。
スチールドラゴンは純粋に楽しめました。

お風呂もいいですよ。湯あみの島も広くて気持ち良かったです。
僕は温泉好きで、休みの日はしょっちゅう近場の温泉やスーパー銭湯に行くのですが、やっぱり旅行に来て入る温泉は格別ですね。心の底からゆっくりできる。
夕方、夜、早朝、朝食後、湯あみの島とホテルの大浴場を2回ずつ入りました。
あー気持ち良かったぁ。
食事もおいしかったですし、多すぎやろっていうくらい量も多かったです。

やっぱり一泊するのっていいですね。
この前高知に行ったのは日帰りだったから。あれはあれですっごい楽しかったんですけど、やっぱり一泊できると思うと、気持ちの持ちようが違いますね。
晩ごはん食べて、風呂に入って、部屋に戻ってごろんとする。最高ですね。
連泊となるとさらに最高ですが、なかなか連泊は難しいですよね。

二日目はホテルをチェックアウトしてから、アウトレットに行きました。
ここのアウトレットはすごく広かったです。
何も買わなかったですけど。あ、ゴディバのスムージーは飲みました。うーん、相変わらず美味。
それからお昼ごはんを食べて、なばなの里に行こうと思ったんですけど、雨がパラパラと降ってきて、おばあちゃんもいるし、すっと帰ろうかということで、帰ってきました。

おばあちゃんも冥土の土産やと言って喜んでました。
前に有馬や芦原に連れて行った時も冥土の土産やって言うてましたけど、まあまあ、想い出が増えるのはいいことだ。
でも今回は本当にうれしかったみたいで、最後別れ際、泣いて喜んでました。そんな、泣かれたらせつなくなるよ。
毎度のことですが、僕のポケットに1万円を入れてきましてね。もちろんそんなんいらんよって言ったんですが、気持ちやから取ってくれって言うて。
タダで旅行した上に1万円ももらって、うれしいといえばうれしいけど、なんていうか。
まあお金のことはおいといて、もうおばあちゃんもだいぶ年取って弱ってきたから、今回一緒に旅行に行けてほんとによかったなって思いました。
これで最後じゃなくね、まだまだ一緒に旅行に行きたいなと、そう思います。
[PR]
by yuricoramu | 2012-05-26 01:45 | 生活 | Comments(0)

忍者フーミン

女バレ、韓国に負けましたね。
オリンピックには行けるでしょうけど、今日は勝っといてほしかった。
ユメこと山口舞選手を応援してます。
顔だけでいったらそりゃあ狩野の方が美人だし、木村の方がかわいいし、江畑の方が愛嬌があるけど、なんか山口を応援したくなるんですよね。
ユリコーンのゆりこに似てるしね。
その変幻自在な動きから、外人選手からは忍者と言われてるそうですよ。


今日はね、大変だったんです。
死ぬほど大変だったんです。

何かというと、舌を噛んだんです。
なんだそんなことかなんて言わないでください。
今まで34年と6ヶ月、生きてきましたが、これほどまでに猛烈に死ぬほど噛んだのは初めてです。

お昼、うどんを食べようと、最初の一口目ですよ。しかも、麺じゃなくてネギですよ。
食べようと思ったら、舌の裏側をおもっきり噛みましてね。
アガーッ!
あまりの痛さに涙が出ました。
さらに口の中が血の味がすごくて、洗面所に行ってペッてしたら、尋常じゃない血が。
あかん。これはマジであかん。
結局、うどんは一口も食べないまま、残念ですが、全部残しました。
そんなもん、とても食べる状態ではありません。

普通、舌かんでも、しばらくしたら治るでしょう。
ずっと痛いんです。今もう深夜ですけどね、まだ痛い。
晩ごはんも、痛みをこらえて無理くり食べましたけど、なーんも味わからへん。
そんなんお前、痛て味なんか分かるわけないよ。そらそうよ。
見た目もえらいことになってますよ。
舌の裏に黒アメがくっついてるみたいに血が膨れあがってます。
いや、大袈裟じゃなく、マジで。
みんなに見せたいです、この状況。
ほんと、みなさん、治る前に見にきてください。

忍者はスパイ活動が敵に見つかった時、舌を噛んで自害したらしいですけど、痛かったでしょうね。
舌噛んで死ぬとか、どんだけ痛いんでしょう。想像したらゾッとします。
[PR]
by yuricoramu | 2012-05-24 00:34 | 生活 | Comments(0)

うれしはずかし金環食

c0195200_139493.jpg


6時半に起きたら朝日がまぶしかった。
よし、今日は晴れだ。金環日食が見れる。

日食メガネは買いに行くのが遅すぎて手に入らなかった。
ダメだとは言われてたけど、グラサンで見ることにした。
といっても、グラサン一つではない。グラサン四重がさねだ。

グラサン四重がさねはさすがに効果があり、日光の勢いもかなり抑えてくれて、日食がきれいに見えた。
父と母にもグラサン四重がさねを回して、みんなで見た。

隣の家から子どもの声が聞こえる。
「うおー、めっちゃ見える―」
隣の家の兄ちゃんはマメな人だから、きっと何日も前から子どもの為に日食メガネを用意したのだろう。
「一緒に見さしてもらおう」
と母が言った。
恥ずかしいからやめとけと僕と父が止めた。
こっちだってグラサン四重がさねがあるんだから。
でも、
「このメガネめっちゃ見える―」
とまた子どもの声が聞こえてきた。
・・・やっぱり一緒に見させてもらおうか、と僕。
だって、せっかくだもん。やっぱり日食メガネで見たいよね。

ということで、隣の家に行き、日食メガネを貸してもらうことにした。
「すんませーん、日食メガネ買いにいくの遅くて、どこも売り切れやってん」っていうと、
「あーそうかー、見り見りー」と、気ぃ良ぅメガネを貸してくれた。

うわ、めっちゃよく見える!
グラサン四重がさねもそれなりによく見えたけど、はるかによく見える!
さすが日食メガネ。

そうこうしてるうちに、ついにリングになった!
うわあ。すごい。
やっぱり普通に欠けるのと、リングになるのとでは全然違う。

♪そうよ~太陽~のリング~やーん。

純粋に感動したよ。
なんか、ほんと、よかった。
もう生きてる間に見ることはないよ。
そう思うと、お隣に押しかけて日食メガネを借りてでも、ちゃんと見られてよかった。
[PR]
by yuricoramu | 2012-05-22 01:40 | イベント | Comments(2)
c0195200_028268.jpg
(写真は堺市役所前で大銀杏を結われる旭天鵬)

ドリカムと金環食の話の前に旭天鵬の話を。
まさかの優勝。びっくりだけど、おめでとうだね。
スポーツニュースで見たら、泣いて喜んでるし、よかったねってほんとに思いました。
先日、白鵬が堺市役所前で土俵入りを披露したことがあったんだけど、その時に旭天鵬の大銀杏を結うっていうパフォーマンスもありました。
その時にすごくニコニコしてお客さんに手を振ってくれたりして、いい人だなあっていう印象があったんだけど、正に、今日の優勝のインタビューを観てても、いい人だなあっていうのが伝わってきました。
長いこと頑張ってきて、よかったねほんと。おめでとうございます。


そしてドリカム。
「アシタスイッチ」という番組で、2週にわたり吉田美和と中村正人の対談が放送されました。
今まで語られなかったことが語られる!って言ってたけど、吉田美和の結婚話や、前の内縁の旦那さんのこと、ましてやニーヒャ(西川君)のことは全然触れられず。まあそらそうか。
まあでも番組自体はなかなか楽しかったですよ。
言うても僕は中学時代ドリカムのファンでしたから。
僕の人生で初めて買ったCDがドリカムの「LOVE GOES ON」ですから。
対談でも言ってましたが、ドリカムの歌に「時間旅行」って歌があるんです。

♪指輪をくれる?ひとつだけ2012年の金環食まで待ってるからとびきりのやつを忘れないでね そうよ太陽のリング。

ていう、1990年に出た歌なんですけども。
僕も中学の時大好きで聴いてましたよ。
あの当時は2012年なんて未来すぎて想像もできなくて、その前に1999年ノストラダムスの大予言の方が近い将来でこわかったですね。
そんな遠い未来の2012年の金環食がいよいよ明日になったって、なんだか不思議な感じがします。
ちなみに日食メガネを買いに行くのが遅すぎて、手に入りませんでした。
IT’S TOO LATEってやつです。

♪IT’S TOO LATE 時が経てば~

ていう、これもドリカムの歌にありますけど。
まあでも、長時間太陽を見るのは目がやられますけど、一瞬なら大丈夫でしょう。
気休め程度ですけど、グラサンかけて、目をそらしながら、金環食を見たいと思います。
晴れたらいいね。

♪晴れたらいいね 晴れたらいいね 晴れたらいいね
[PR]
by yuricoramu | 2012-05-21 00:28 | 音楽、ライブ | Comments(0)
※今日2つめの日記。今回の日記はかなり個人的な話なので面白くないと思います。


森ノ宮でお芝居を観終わって、それから心斎橋に移動。
夜から友達の結婚式の二次会に呼ばれてたのです。
僕の数少ない友達。秘密の学校・直島会のメンバー。懐かしの。もう5年前の話だ。
何年も会ってなかったのに二次会に呼んでくれてうれしかったぁ。

東心斎橋のお店。入った瞬間、なんだか前にも同じようなことがあったような気がしてきました。
デジャブ?そうじゃないんです。多分、僕の記憶が正しければ、ケイコちゃんの結婚式の二次会もこのお店だった気がします。すごい偶然。

さあ久しぶりの直島会メンバーの再会。うれしくもあり、ちょっと、いやかなりさみしくもあり。
なぜかというと、当時すごく仲良かった子がいたんですけど、その子が彼氏と一緒に来てましてね。
一緒のテーブルでしゃべって、気まずいってことはなかったんですけど、ああ、昔は僕と仲良かったのに、今はこの彼と仲良しなんだなあって思うと、さみしくなりましてね。

ケーキの入刀やらなんやかんやありまして、ビンゴ大会。
こういうビンゴとかめったに当たらない僕ですが、今回は当たりました。やった。
そして景品は、なんとジャイアンの名言を集めたジャイアン名言トランプ!
実は、僕は秘密の学校ではドラちゃんっていうあだ名で通ってたので、そのドラちゃんがジャイアントランプをひくなんてすげーミラクル!って直島会メンバーで盛り上がったのですが、実は、僕はもうひとつミラクルを感じてたのです。
実はケイコちゃんの二次会の時も僕はビンゴが当たり、景品にトランプをもらったのです。
同じ店でやる結婚式の二次会のビンゴで同じくトランプが当たるってどんだけミラクルやねん。

僕は今まで友達の結婚式とか出ても自分も結婚したいとか全く思わなかったのですが、今回は思いました。
今日結婚する友達が僕より3つ上で、この子がいるから僕もまだ大丈夫って思ってたところもあったので。ちょっとあせる。
それプラス、仲良かった子が彼氏を連れてきててさみしくなったのもあって。

まあでも久しぶりに直島会メンバーで集まれてうれしかった。ほんとにうれしかったんです。
みんなと別れて家に帰ったら、僕の心の中では河島英五の「旧友再会」が流れてきた。
♪今日は~ほんとに~笑った~
なんか涙出てきた。あー。
最後になったけど目賀さん結婚おめでとう。お幸せに!
[PR]
by yuricoramu | 2012-05-20 03:29 | 生活 | Comments(2)
c0195200_2391254.jpg
舞台「彼女の言うことには」を観てきました。in森ノ宮ピロティホール。
主演は真矢みき、筒井道隆、矢田亜希子。そして脚本は北川悦吏子。
フランスから日本に帰る飛行機、隣同士の席に座った真矢と筒井。見知らぬ二人の大人の恋の行方は・・・。

とにかく真矢みきの存在感がすごいです。
マルちゃん麺づくりや茶のしずく石鹸(は、言うたらあかんか)のCMそのままに、もう真矢みきがセリフを言うだけでおもしろいんです。
コメディータッチのお芝居ということで、あえてそうしてるんですけど、しゃべるだけでおもしろいってさすがです。

筒井道隆は「あすなろ白書」のかけい君のイメージそのままに、ほんわかしたいい人の役です。
実は僕、高校、大学にかけて、筒井道隆に似てるって結構言われたんです。10人くらいに言われました。
なので、応援してるんです。

そして矢田亜希子はCA役。
ファンの方には申し訳ないですが、もひとつ好きな女優さんではなかったのです。
でも、やっぱり生で見たらめちゃくちゃきれいでした。さすが。いうても。またCAの制服がよう似あうんです。
今日でちょっと好きになりました。考えたら実生活でもえらい旦那もろてしまって大変でしたからね。
舞台はまだ慣れてない感じが出てましたが、逆にそれがよかったかも。頑張ってほしいです。

僕も今までちょくちょくお芝居を観てきましたが、まあ、今回はほんとにテレビドラマを観てるような感じでしたね。
テンポはあまりよくなかったように感じました。中盤ちょっと眠くもなりました。でも、よかったです。
もうほんとに、さわやか。絵に描いたような望みどおりのエンディングで、気持ち良かったです。
さすが、「ロングバケーション」や「ビューティフルライフ」の北川悦吏子。もうまさにって感じでした。
もちろんいい意味でですよ。やっぱり気持ちいい終わり方をしてくれたら気分いいですから。
カーテンコールで出てくるときも、真矢みきはちゃんとお芝居をしてました。さすがプロです。

そうそう、帰り、ロビーに遥洋子がいました。
一応芸能人なのにまるで隠れることなく、ロビーの真ん中でおっきい声でしゃべってました。
こちらもある意味さすがと思いました。
[PR]
by yuricoramu | 2012-05-20 02:43 | 映画、舞台 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン