ありがとう、浜村淳です。あ、間違えました。フーミンです、こんばんは。
さてみなさん、今日は最近僕が観た映画を3本紹介しましょう。
多少ネタバレありかもしれません。


まずは「ツレがうつになりまして」

宮崎あおいと堺雅人。
うつ病をテーマにしてるので、もっと重苦しい話かと思ったら、意外とほんわかしていて観やすかったです。
もちろんうつという病気はこわい病気です。
ほんわかさせることによって観やすくなってました。
うつ病は心の風邪って。うつ病っていうと人に言うのもためらってしまう嫌なイメージですが、いろんな病気の一種という風に見るようになったらいいですね。

でもやっぱりこわい病気ですよ。死にたいってなってしまうんですね。
映画でもそういうシーンがあり、涙が出ました。
僕の斜め前の席で観ていたちょっと年配の方、声をあげて大泣きしていました。
もしかしたら身内にうつ病の方がいるのかもしれません。
身近に同じ病気の人がいたら、また見る目も変わるでしょうね。

この映画最後も晴れやかな、いい終わり方でした。
宮崎あおいも堺雅人も良かったし、母親役の余さんもさすがでした。そして案外中野裕太がいい味出してましたよ。
いい映画でした。


次は「さすらいの女神(ディーバ)たち」

フランス映画です。アマルリックが監督と主演。
カンヌ映画祭で最優秀監督賞を取っています。
とえらそうに言ってますが僕全然詳しくないのであまり知りません。

アメリカ人のどさ回り一行とフランス人のプロデューサーの旅物語。
アメリカ人ダンサー達がとにかく陽気で、フランス人プロデューサーもちょっとろくでなしの、でもほんとは人が良くて憎めない、そしてモテそうな雰囲気で。
どんちゃん騒ぎなのにどこか物悲しい雰囲気がして。分かります、旅のこういうさみしい感じ。

僕もこういう映画嫌いじゃないです。けど、すいません、映画の内容と関係ないんですけど、僕、この時偏頭痛が起きて、痛くて全く映画に集中できなかったんです。
だから最後の方は全然頭に入ってきませんでした。残念です。
いい映画、だったと思います。


最後は「はやぶさ/HAYABUSA」

これは言わずと知れたあの惑星探査機はやぶさの物語です。
竹内結子に西田敏行、佐野史郎。
僕もそんなに詳しくないとはいえ、宇宙は好きで、はやぶさのニュースも気になってました。
本を買ったり、帰ってきてからの展示イベントなどにも行きました。

それでこの映画ですが、もっとドキュメントな感じかと思ったら、思った以上にドラマっぽい感じでした。
でも、それが実にうまく話に入っていけるようになっていて、結構良かったです。
竹内結子も最初はちょっとイヤミかなあと思ったけど、段々と役に引き込まれていったし、西田敏行や佐野史郎など、周りの役者もさすがでした。
ただ、ひとつだけ言うと、途中ざこばが出てくるんです。あの瞬間だけ一気にドラマから日常へ戻されました。まあいいですけどね。

はやぶさってほんとにものすごい苦労があったんですよね。はやぶさ自身も、スタッフも。結果を知ってるのにドキドキして、地球に戻ってきた時は涙が出ました。
これもいい映画でした。


いやあ、映画って、ほんとにいいものですね。
それでは、さよなら、さよなら、さよなら。
[PR]
by yuricoramu | 2011-10-29 03:00 | 映画、舞台 | Comments(0)

この前、シーガルスクリーミングキスハーキスハーの日暮愛葉と結婚する夢を見ました。
大学1、2回生くらいの時に結構好きで聴いてて、ライブも行ったけど、なんで今になって夢に出てきたのかは分かりません。
でも日暮愛葉って結婚して子供もいたよね。
あ、離婚してたっけ。うろ覚え。
シーガルといえばベースの人がバンドをやりながら安野モヨコのアシスタントもしてるっていって、当時すっごくうらやましかった。
いいなあ。僕もユリコーンしながら安野モヨコのアシスタントやってますとか言いたいわ。
まあ、そんな技術も何もないけども。

話は変わりますが、橋下が知事から市長へ鞍替え選挙をしますね。
残念ですね。僕は大阪府民だけど大阪市民じゃないので、これまでの橋下の評価というか、それを投票という形で表せないっていうのが残念です。
橋下に入れるにしろ、平松に入れるにしろ、他の人に入れるにしろ、それが出来ないというのがね。
まあ、それをやりたかったら知事選で松井かそれ以外の人に票を入れて表せってことでしょうけど。

また話変わりますけど、今日はドラフトでしたね。
スポーツニュースで見たけど、日ハムが菅野の交渉権を取った時、会場がドッと沸いて、おもしろかった。
ほんま、みんなが思ってたことやもんね。
[PR]
by yuricoramu | 2011-10-28 02:33 | 音楽、ライブ | Comments(0)

レッツゴーヒバリヒルズ

僕ってついつい独り言しゃべってしまうんですよね。
で、よく言う独り言が『あーもう限界ラバーズや』っていう。
なんかもう仕事とかいろいろしんどい時につい言っちゃう。

あ、若い人は知らないかもしれないですけど、昔ショウヤっていうバンドがいて、そのショウヤの曲に「限界ラバーズ」って曲があったんですよ。
バックトゥーザファイヤー!言うて。


ジュンスカとユニコーンが対バンしたっていうニュースを見ました。

僕、ユニコーンのライブは観たことあるけど、ジュンスカは観たことないです。
なんかのイベントに行ったときにジェット機で出て「マイジェネレーション」を歌った時はうぉーってなりましたけどね。

ジュンスカとユニコーンといえば、昔「服部」のビデオで、「人生は上々だ」を歌ってる時に呼人がゲストで来て一緒に歌ってましたね。
あと、90年から91年にかけての年越しライブ。テレビで中継してたんですが、あの時はジュンスカとユニコーンとブームとゴーバンズという、神メンバーでやってました。年越しの瞬間はみんなで歌ってましたね。

あの時は僕中学ですけど、ジュンスカじゃなくてユニコーンファンだったんです。
でもユニコーンファンもジュンスカの歌ちょっと知ってるし、ジュンスカファンもユニコーンの歌ちょっと知ってるし、っていう感じでしたね。
ブームも。なんかあのへんセットで聴いてました。
懐かしいですね。

パチパチとか買ったら、ユニコーンとジュンスカとプリプリと氷室京介とバクチクとバイセクとバクとドリカムとジッタリンジンとスチャダラパーと電気グルーヴとフリッパーズギターが載ってるっていう、そんな時代でした。
[PR]
by yuricoramu | 2011-10-27 00:53 | 音楽、ライブ | Comments(0)

c0195200_2372549.jpg
今日は東京セレソンのお芝居「わらいのまち」を観に行ってきました。
inシアターBRAVA!。

ほんとは行く予定じゃなかったんですけど、急遽、仕事の休みが変わりまして。
で、そういえば今この舞台やってたよなあって思って。
確認したら今日が最終日で、会場に電話したら、『当日券も用意できます』と。
今日は昼と夕方の2回公演、どうせならラストの方に行きたいよね。

開演1時間前に会場に行ったら、『完売で当日券ありません』と。
えって。
でも、『関係者席のキャンセルが出るかもしれませんので、そのキャンセル待ちになります。開演5分前にもう一度来てください』とのこと。
多分キャンセル出ます的なニュアンスで言ってたので、一安心。

開演まですぐ隣の大阪城公園を散歩することにしました。
城ホールはすごい人。「チケット譲ってください」って看板持った人がいっぱいいた。
今日は誰だと思ったら、チャングンソクだって。
そんなに人気なんや。すごいなあ。

そして大阪城公園は市民ランナーでいっぱい。
来週大阪マラソンか。
ケッ、このにわかランナーめ。
と、なぜこんなに僕がえらそうに言うかというと、僕、大阪マラソンの抽選に外れたんです。
くそー。みんなしんどくなって途中棄権してしまえー。
って、冗談ですよ。みんな頑張っていい思い出作ってください。

さあ、そうこうしてるうちに時間が来て、会場へ。
やっぱりキャンセルが出たそうで、よかった。
期待はしてたけど、さすが関係者席。めっちゃいい席。
前から5、6番目の真ん中あたり。
こんなん、普通にチケット取るよりはるかにいいやん。やった。

さあ、舞台ですけど、宅間孝之の東京セレソン。
僕、東京セレソンの舞台って今回初めて観るんです。
先に言うと、めっちゃおもしろかったです。

宅間孝之に岡田義徳、ラーメンズの片桐仁、柴田理恵に田畑智子というメインのキャスト。金子さやかも出てました。
田畑智子といえば先日のヘアヌード、びっくりしましたね。
最もそういうことしなさそうなのに。
ちょっと見たくなかったような気もしますが。
やまかつWinkの横山知枝以来のびっくりヘアヌードでした。

まあヘアヌードの話は置いといて、このお芝居、ほんとにおもしろかったです。
正に痛快ドタバタ劇で、特に終盤は怒涛の勢いで流れも良かったです。
笑いはどっちかというとベタな笑いですかね、でも、テンポが良くておもしろかったです。
台本なのかアドリブなのかわからないところが多々ありました。
田畑智子の実家の料亭の名前を出してきたり、熱愛報道の話を出して来たりとか。
あー、そういえば岡田義徳と熱愛をフライデーされてましたね。あれって、この舞台きっかけなんですね。

いやもうほんとにおもしろくて、声出して笑いました。
千秋楽ということもあって、カーテンコールも4、5回出たんじゃないでしょうか。お客さんもスタンディングオベーション。
宅間孝之はもちろん、関西ということで田畑智子のあいさつもありました。
知り合いが来てるんでしょうね。智ちゃーんっていう声援もありました。

いやあ、ほんとによかったですこのお芝居。
今日ほんと観に行ってよかったー。
またもう一回観たいくらいです。
この後は広島と福岡でやるそうです。
広島と福岡の皆さーん、このお芝居すっごいよかったから、オススメですよー。
ぜひ観に行ってくださーい。
[PR]
by yuricoramu | 2011-10-24 02:35 | 映画、舞台 | Comments(0)

c0195200_2452715.jpg
今日はユニコーンのライブに行ってきました。in大阪城ホール。

この前のシャンブルのツアーは復活のうれしさで広島や武道館にも足を運び、フェスも入れて計5回行ったのですが、今回は今日1回のみ。最初で最後です。
ユニコーンの今回のツアー自体が今日でファイナルということで、ちょうどよかった。

友達で一人熱心な民生ファンの人がいるんだけど、その人なんかこのツアーの40公演のうち22回参加したって。ははーっ、恐れ入りました。
その人と比べたら僕なんか全然大したファンじゃないなあって思い知らされるけど、でも、自分の中では結構ファンのつもりです。

とりあえず旗だけはいるっていう情報をもらってたので、開演前に旗だけは買っときました。

今日の僕の席ですが、あまりいい席ではありませんでした。
スタンドの、テッシー側の一番横の端っこ。
一応ビジネスクラスだけど、こんなにスタンドの端っこの席なんて。
見にくいところもありましたが、スクリーンが近かったので、スクリーンと実際のと、半々に見る感じでした。


ということで始まりました。
1曲目は「ライジングボール」。格好良い!
いきなりやられました。あーやっぱ格好良いわー。
やっぱ民生。もちろんメンバー皆良いけど、民生格好良すぎだ。

その後、テッシーとEBIが度々空を飛んでました。
席が悪くて、テッシーが飛んでるのが半分くらい見えなかったりしましたが。EBIのはよく見えました。
EBIの弾き語りの時に他のメンバーが後ろで打楽器隊をやったり、こういうのがユニコーンぽくていいなあって思いました。
EBIが「ランチャのテーマ」を歌ってる時に後ろで民生が口ずさんでるのがめちゃくちゃ格好良かったです。

「Maybe Blue」。キター!
鳥肌立ちました。初めてライブでこの曲聴きました。感動です。

それから「ハヴァナイスデー」「パパは金持ち」「君達は天使」と、もうこのへんの曲、中学の時死ぬほど聴いたし、ビデオも観まくったし、懐かしくてテンション上がりまくりました。
川西さんショー。52にしてこの元気。すごいなあと思うし、勇気もらいます。

さあそして、ファイナルということで、ゲストにしーたかさんが出てきました。
川西さんとツインドラムで「ヒゲとボイン」。盛り上がりました。

最後は「デジタルスープ」。
CDで聴くよりずっといい曲に思えました。

アンコールはテッシーセンターで「手島いさむ大百科」。
テッシーおもろい。EBIもおもろいけど。
テッシーとEBIでだいぶ笑いました。

それから阿部で「SAMURAI5」。
みんなで旗を振って。楽しー!
やばいくらい楽しい!
この曲の前に阿部が弱ったアンパンマンのお面をかぶってくるんだけど、このお面が最終日ということで、ボコボコにへっこんでて、それを観た民生がひっくり返って笑い転げるのがおもしろかった。
『新しい顔を焼いてくれー』って言ったらカレーパンマンのお面がやってきて。あーおもしろい。

2回目のアンコール。
「晴天ナリ」でオーラス。


あー、楽しかった。やっぱユニコーン最高。格好良すぎ。大好きだ。
先の熱心なファンの友達に聞いた話だと、このツアー、最初の方は「シンデレラアカデミー」とかもやってたらしいです。
えーっ、それめっちゃ観たかった―。

とりあえずユニコーンはまた再来年まで活動しないらしいので、それまでは民生のソロを楽しむとしよう。
[PR]
by yuricoramu | 2011-10-20 02:44 | 音楽、ライブ | Comments(0)

チュー日ドラマ男

チューがしたいフーミンですこんばんは。


チュー日(中日)優勝ですか。
やっぱ落合っすね。
僕、落合結構好きです。
自分が応援してるチームの監督が落合みたいに愛想の悪い人だったらどう思うんだって言われるとそれはどうなのか分かりませんが、でも、やっぱ言うても落合ってすごいと思います。
浅尾を始めピッチャー陣もいいけど、あれは落合の使い方がいいっていうのもだいぶあると思います。

それと、僕の前好きだった子の名字が落合でした。


さて、中日つながりでドラマの話をしましょう(中日ドラゴンズのドラとドラマのドラをかけて)。
今回僕の観てるドラマはこれです。
「家政婦のミタ」「蜜の味」「南極大陸」。それから今日から始まった「ビターシュガー」、前回から引き続き「新ビバヒル」、まだ始まってないけど「相棒」。

順に紹介していきましょう。
「家政婦のミタ」は水曜10時の10チャンです。あ、関西のチャンネルで言うてます。
僕はカセイフハミターズっていうバンドをやるくらい、市原悦子の「家政婦は見た」の大ファンでした。
なのでこのドラマも注目してたのですが、なかなか面白い。
松嶋菜々子もさすがの存在感だし、鈴木京香と熱愛報道の長谷川博己もいい味出してます。

「蜜の味」は木曜10時の8チャンです。
この時間帯のドラマといえば前回の瑛太の「それでも生きてゆく」が未だに印象深いです。
今回は菅野美穂が好きだから観ました。
昼ドラの様なドロドロ系恋愛ドラマ。
観ててしんどくなりそうだけど観てしまう系のドラマです。
菅野美穂と榮倉奈々が取り合う男をARATAがやってます。最近やたら出てますね。

「南極大陸」は日曜9時の4チャンです。
今回一番話題のドラマですね。
これはかつて映画でやった「南極物語」のテレビ版ですね。
木村拓哉です。他の役者も、いかにも出そうだなあって人がたくさん出てます。
キャストといい、時代といい、華麗なる一族かと一瞬思いました。
重厚でおもしろいです。

「ビターシュガー」は火曜日10時55分NHKです。
今日から始まったドラマです。
りょうと和久井映見と鈴木砂羽の39歳同級生の話。
NHKがよくやる、こういう大人なドラマ、好きです。
30分でシュッと終わるのも観やすくていいですね。
鈴木砂羽の旦那役がカンニングの竹山っていうのがどうもしっくりきませんが。

「新ビバヒル」と「相棒」はこれまでのシリーズ同様です。
[PR]
by yuricoramu | 2011-10-19 01:00 | テレビ、芸能 | Comments(0)

ユリコーンのベースボーカルフーミンです、こんばんは。


「さんまのからくりテレビ」なんて何年も観てなかったけど、今日は小倉優子結婚スペシャルということで、すっかり2時間丸々観ました。

実は僕は昔ゆうこりんのファンだったんです。
デビューシングル「恋のシュビドゥバ」を買って、セルシー広場のイベントに参加しました。
それでそのイベントでゆうこりんに『寒い中来てくれてありがとうございます』って目の前で言われて、ポスターを手渡しでもらって、トローッてなって、もう一生この人のファンでいようと心に決めたのでありました。

しかしやがてその気持ちは自然消滅してしまったけど、でも今でも昔ほどじゃないけど、ゆうこりんのことは好きです。

旦那さんもいい人そうだし、お互いほんとに好き同士って感じで、感じの良い夫婦でした。
昔濱口と付き合ってるって報道された時は本気で嫌だったけど(濱口のことは嫌いではないけど)、この旦那さんならいい。ゆうこりんおめでとう~。


その後「南極大陸」を観ました。
これってあれやね。タローとジロー(正しくはタロ、ジロらしいけど)の南極物語のやつやよね。

ということは高倉健が柴田恭兵で渡瀬恒彦が木村拓哉か。
と思ったら木村拓哉のお父さん役で渡瀬恒彦が出てきた。
ちょっとちょっと、混乱するやんか。
それから木村拓哉が造船所で手伝ってる姿とか「華麗なる一族」かと思いましたよ。
しかし、昔の人って、特にこの時代の人って、ほんとに一生懸命働いて、えらいですね。
僕もちょっと仕事でしんどいとか言うてたらあきませんね。

まあしかしあれですね、このドラマ、今後100%泣きますね。
間違いない。もうリキとかアンコとか、想像しただけで泣きそうになります。


その後「情熱大陸」を観ました。
三宅一生の新しいデザイナーの人をやってました。
それこそファッションの勉強をしてる人とか山のようにいると思うけど、その中でイッセイミヤケのデザイナーにまで選ばれる人って、やっぱりセンスが違うんでしょうね。
僕なんかファッション通信とか観ても、どこがどう良いのかとか違いもよく分かりません。
全く、僕の辞書にファッションセンスの文字はありません。

そういえばこれを観て、以前イッセイミヤケの時計が欲しかったのを思い出しました。
当時モノモライのあかねちんもその時計をしてて、おしゃれだなあって思って。
思いだしたらまた欲しくなってきましたよ。
よし、今度時計屋をチェックしにいこう。
[PR]
by yuricoramu | 2011-10-18 01:26 | テレビ、芸能 | Comments(0)

元ブルーハーツの梶くんとも対バンしたことのあるユリコーンフーミンです、こんばんは。

最近またイボ痔が出てきました。
ついに来たかという感じです。


僕はもともと痔持ちで、基本切れ痔なんですけど、ひどくなるとイボ痔になるんです。
以前、痔のプチ手術をしたことがあります。
忘れもしない、2001年12月1日のことです。
さっき昔の日記で確認したから間違いないです。
ちょうど雅子様が愛子様を出産した日だから印象深いのです。

痔で病院に行くなんて恥ずかしいからと、当時はなんぼ痛くても我慢してたのですが、歩けないくらい痛くなって恥ずかしいどころではなくなって病院に行きました。

血が中で固まってるので麻酔をうって取りますと医者に言われ、おもっきりおしりを開かれて穴に注射をブチューっと。
ギャーってなりました。
それからまわりを切って中の血の固まりを取ったんですが、麻酔が効いてたので、その痛さは分かりませんでした。
その取った血の固まりを見せてもらいました。
おそろしいことになってました。

おしりの穴にうたれた麻酔の注射もたいがい痛かったですが、それよりその後がもっとつらかったです。
麻酔が切れてきて、だんだん痛くなるんです。そしてそこに薬を塗るんですが、それが傷口にしみて痛くて痛くて。
さらに次の日うんこに行ったんですけど、その時の痛さといったら。
傷口を広げられるような感じで、そりゃあ痛かったですよ。


とまあ10年前にそんなことがあり、でもそれからはおさまったんですよ。
たまに血が出たときなどはすぐ薬をぬりますし。
おしりもかなり清潔にしてます。もちろんウォシュレットは欠かさずしてますし、それこそうんこをしない時でもウォシュレットだけ当てたりするくらい。

それに昔は便秘とかたいうんこという繰り返しで切れ痔になったんですが、最近は快便で、切れ痔の症状もほとんどありません。

それなのにイボが出てきたのがよくわからんくておそろしいのです。
もしかしたらイボ痔のイボじゃなくて、普通におしりの穴付近にできたでんぼかもしれません。

いや、現実を見ないと。
これはおそらくイボ痔のイボだろう。
トイレのたびに薬を塗ってなんとかおさめないと。
あんな痛い思いはもうごめんだ。
トゥーマッチペイン。
[PR]
by yuricoramu | 2011-10-14 01:47 | 生活 | Comments(0)

こんばんはフーミンです。
たまには僕のおすすめのお店でも紹介しましょう。


まずはカレー。
c0195200_0293159.jpg
堺市美原区にある「ブーメラン」。
国道309号線沿いにあるお店です。
お店のたたずまいがまず良い。
昔からの喫茶店って感じ。
カレーは普通と辛口があって、普通でも割と辛めです。
メニューには載ってないですが、普通と辛口の間のちょい辛っていうのもあります。
このおばちゃんがまた感じ良い。
普通か辛口かで迷ってる時に「ちょい辛もあるよ」と教えてくれたのもおばちゃんです。
カレーは家のカレーの2日目か3日目のカレーって感じで、味がよくしみてて、スパイスもきいてて、すごく美味しいです。
トッピングも豊富なんだけど、僕はいつもミックスフライカレーを頼んでしまいます。
からあげやカニコロもついててお得な感じがします。
カレーは辛めなので、ラッシーと一緒に頼むとちょうどいいと思います。


次は中華。
c0195200_030754.jpg
光明池にある「黒龍苑」。
教習所の道をもうちょっと上に行ったところにあるお店です。
ここは全メニュー味が濃い目で美味しいですが、特にチャーハンがめちゃ美味。
パサパサ系じゃなくてしっとり味がしみてる系のチャーハンです。
めっちゃ美味い。
言うてもそんなに知らないですが、でも、僕が今まで食べたチャーハンの中で断トツで一番美味しいです。
安いしね。
ラーメンとセットで800いくらかだったと思います。
そら王将と比べたら高いですけど、高級中華屋に行ったくらいの満足感でこの値段はかなりです。
味噌ラーメンとか麻婆豆腐も結構辛めで、どんどん食べたくなる感じです。
僕は中華って食べてる途中で飽きるというか、嫌になる時あるんですけど、ここのは飽きません。
めっちゃ美味しい。お腹いっぱいになります。安いし。


どちらも僕の家から車で行く感じですが、黒龍苑の方が家から近いので、家族でよく行きます。
ブーメランはちょっと遠いですが、たまにすごく食べたくなって、仕事休みの日のお昼に行ったりします。
[PR]
by yuricoramu | 2011-10-13 00:31 | その他 | Comments(0)

農民平民僕フーミン

c0195200_023203.jpg
今日は仕事休みでゆっくり寝ようと思ったけど、ちょうどうちが稲刈りするというので朝早く起きて手伝いました。
父と母といとこのおっちゃんと僕とで。

うち農家なんですけど、僕は最近まで全く手伝ってきませんでした。
でもまあ、僕も来月で34ですし、そろそろ世代交代というか、僕もちょっとはできるようにならないとと自覚がわいてきたわけです。
とはいえ、まだまだ段取りは全く分かっておらず、今日も刈った稲を軽トラに運ぶ作業しかしてません。

稲刈りといっても皆さんが想像するような鎌で刈る稲刈りとは違います。
今はコンバインという便利な機械があるんです。
今はっていうかもうだいぶ前からありますけど。
コンバインは稲刈りから脱穀までやってくれます。

うちのコンバインはもう10何年も使ってるやつだから、よく途中で詰まって動かなくなったりするんです。
そういう時はいとこのおっちゃんがそういうのが得意だから、直してくれます。
僕は見てるだけです。
農機具って結構あぶないんですよ。
手の指や足を切断したとかいう話も珍しくありません。
なめてたらだめなんです。

刈った稲を軽トラに積んで、知り合いの家に大きなもみすり機と乾燥機があるから、そこに持っていってやってもらいました。
今日の作業はここまで。

昔はもみすりや乾燥も全部自分の家でやってたから大変だったけど、今はお金払ってやってもらってるからだいぶ楽になったそうです。
うちは田植えも今はお金払って農協にやってもらってます。
うちの親もかなりのめんどくさがりなので、いろいろやってもらうようになってだいぶ楽になったと言ってました。
昔は全部自分の家でやって大変だったんです。

僕もおそらく継ぐでしょうから、作業が楽になるのは大歓迎です。
とはいえ、こんな農家の家に嫁いだら大変だと思います。
それでも僕と結婚してくれるという人いましたら、連絡ください。
[PR]
by yuricoramu | 2011-10-11 00:23 | 生活 | Comments(0)