ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

幸せになりたい

渋滞は毎日~鳴らしあうクラクション~

昨日からなぜか今井美樹の「幸せになりたい」がずっと頭の中で流れています。
なんでやろ。幸せをもとめてるんかな。

そういえば、前の仕事辞めてから全くいいことがないなあ。

なんか日記もおもしろいこと書かれへんわ。


そういえば今日は「渡る世間」の最終回だったんですね。
僕も昔観てました。
それこそ岡倉のお母さんが生きてた頃。

最終回ということで久しぶりに観たんですが、それぞれの家族がえらいややこしいことになってましたね。



あー、なんやろ、このモヤモヤ感は。
気をしっかり持とう。
[PR]
by yuricoramu | 2011-09-30 00:34 | 生活 | Comments(0)
c0195200_23514389.jpg

恋愛をしてるかといえばしてないけど、好きな人がいます。

今日はその好きな人の誕生日です。

井田さん、誕生日おめでとうございます。

そうです。NHK「ニュースウォッチ9」のお天気担当、井田寛子さんの誕生日なんです。
井田さん大好き。

この日に合わせて手紙というかファンレターを送りました。
ちゃんと自分をアピールするために僕がデザインしたイラストの便箋に書いて送りましたよ。
さらに井田さんと春ちゃんの似顔絵まで描きました。

キモいかなあと、自分でもちょっと思いました。
でも、どうせ存在も知られてないんです。
たとえキモいと思われても自分の存在を知ってもらいたい。
それに、ファンレターなんてキモいというより、普通にうれしいもんでしょ。

ちゃんと読んでもらえればの話ですけど。

実は井田さんにファンレター送るのこれで2回目なんです。
読んでてほしいなあ。


せっかくこの前マイポストカード作ったし、積極的に手紙なりファンレターなり書いていこう。
[PR]
by yuricoramu | 2011-09-26 23:37 | その他 | Comments(0)

武士の家計簿

ツタヤで「武士の家計簿」を借りてきて観ました。

映画館でやってる時から観たかったんですが結局観に行けなくて。

堺雅人、仲間由紀恵、中村雅俊、松坂慶子、草笛光子、西村雅彦というキャスト。

堺雅人の猪山家は代々加賀藩の会計係で、剣ではなく、そろばんが仕事道具です。
時代劇ですが、チャンバラはありません。
淡々とした話の中に笑いもあり、涙もありました。

僕こういう映画好きなんですよ。
よくある、盛り上げて、死んで、さあここで泣いて、っていう感動映画も、まあ僕は単純なんでそれでも泣いたりしててしまうんですが、それよりもこういう映画はすごく心に残ります。

堺雅人が今回の役のイメージとすごく合ってました。
それに仲間由紀恵もよかったし、松坂慶子もよかったし、全員よかったです。
すごくいいキャストでした。

これ、ほんとにいい映画でした。
自分の人生についてもいろいろ考えました。
[PR]
by yuricoramu | 2011-09-23 02:55 | 映画、舞台 | Comments(0)
昔ミスドの氷コーヒーが好きだったんだよねー。

ということで、久しぶりにミスドに入って、氷コーヒーを頼みました。
ほんとに、何年振りかという久しぶりです。

あれ、氷コーヒーがそのまま出てきた。
前は牛乳と別で出てこなかったっけ。

味は多分昔と変わってないと思う。おいしい。
でも、コーヒーの氷が残ってしまった。
昔はここから牛乳を足して、何回か飲めたのに。
しょうがないからコーヒーの氷を食べました。
まあやらかい氷なので難なく食べられたましたけど、食べ方としてはこれで合ってるんでしょうか。

前って牛乳と別で出ましたよね。
僕の記憶違いかしら。
店舗によって違うのかな。

昔ミスドでバイトしてたO田宏君に聞いてみようか。
聞くほどのこともないか。

そもそも氷コーヒーって夏だけでしたっけ。


もうどうでもいいか。
[PR]
by yuricoramu | 2011-09-22 03:06 | その他 | Comments(0)
夏の間に書こうと思って後回しになってたものをやっと書こうと思います。



『冷シャンプー』

スーパー銭湯で、噂に聞く冷シャンプーが置いてあったので使ってみました。

おーおー、なるほど。冷たい冷たい。
メンソール?メントール?が効いてますね。
スースーします。
前にナイトスクープでめっちゃ寒い入浴剤があるって話があったけど、多分これと同じ感じなんでしょうね。
確かに、これの入浴剤があったら寒くてたまらんでしょうね。

この冷シャンプー、クラシエで市販もされてるみたいですよ。
リピーターが続出らしいです。
確かに、暑い日に最高ですね。クセになりそうです。

って思ってたけど、ここにきて急に涼しくなってきました。
また来年やね。
[PR]
by yuricoramu | 2011-09-22 03:04 | その他 | Comments(0)

井上あずみコンサート

c0195200_14182641.jpg
この連休いろんなことがありました。
全部書くと長くなるので、ひとつだけ選んで書きます。



ラピュタやトトロの歌でおなじみの井上あずみさんのミニコンサートに行ってきました。


堺の国際障害者交流センタービッグアイで障害者のコンサートがあり、その審査員のひとりとして来られたのです。

このビッグアイって僕の地元中の地元なんです。
きっとラピュタやトトロの歌を歌ってくれるだろうということで、これは絶対行かなあかんやろうと。

障害者のコンサートも思ったより良くてですね、何かこう、勇気をもらったと言いますか。うん。よかったです。

そしてそれが終わってから、井上あずみさんのミニコンサートが始まりました。
すごいキラキラしたドレスにティアラまでつけて登場です。

まずは「さんぽ」。
♪あっるっこー、あっるっこー、私はー元気ー
子どもたち大喜びでみんなで合唱。

その後、サービスで魔女宅やポニョなど、他のジブリの歌も歌ってくれました。

と思ったら、ジブリの歌をカバーしたアルバムが出たそうです。
『買ってくださいねー』とのことです。
NHKみんなのうたのナレーションもしてるそうですよ。

MCを聞いてると、結構天然な感じの人でした。
『大阪市水道局の歌も歌ったんだよー』って言って、『えー、ちょっとどんな歌かど忘れしてしまったので、帰ってネットで調べてくださいねー』だって。

そしてついにラピュタの「君をのせて」を歌ってくれました。
もうあのイントロが流れた瞬間涙出そうになりました。
これはやっぱり名曲ですよね。

ただ、ちょっと原曲と歌い方を変えてるのが残念でした。
『あのちーへいーせーんー』と伸びやかなイメージだったんですが、
『あのち、へい、せ、んっ』と細かく切る歌い方になってました。

それから藤井フミヤがよくやる、わざとメロディーからちょっとずらして歌う歌い方をしてたのも、ちょっと残念でした。
あーん、一緒にメロディーに合わせて歌いたいのにーって思いました。

でも、そうは言ってもやっぱりよかったですよ。
サビの部分、聴いてるだけで涙でました。
パズーとシータの絵がぱあっと脳裏に浮かんできましてね。
よかったあ。

ラストはトトロの歌。
もちろん会場の子どもも大人も大いに盛り上がったんですが、ここで頭のティアラが髪の毛にひっかかって、落ちそうになるんですね。
それでトトロ歌ってる間、ずっと片手でティアラを押さえてました。
『トットロ、トットーロ』って最後お客さんとコール&レスポンスで盛り上がるんですが、その間ずっと片手で頭のティアラを押さえてるのが気になって気になって。

なかなか天然な人でした。

しかしやっぱラピュタがよかった。
[PR]
by yuricoramu | 2011-09-20 14:21 | 音楽、ライブ | Comments(0)
ユリコーンのベースフーミンです、こんばんは。
スキスキスー。


山のようにあったビデオテープをDVDーRにダビングするという果てしない作業を、思いだしてはやってます。

山のようにあったビデオテープの8割はドラえもん(もちろん大山ドラ)で、残りの2割が音楽番組だったりドラマだったりという感じです。

大概どれも懐かしいのですが、特に『うーわこれは懐かしい!これはレアだ!』っていうのが何個かあったので、それを紹介します。


「ジャストポップアップ」最終回。
野沢直子と田中美奈子とできるかなのノッポさんという異色メンバーがMCをやってた音楽番組です。
当時のバンドブームの人たちがいっぱい出たいい番組でした。フリッパーズギターの曲が間に流れたりして。
最終回は最後ノッポさんがしゃべるんですよ。それだけでレアでしょ。


「スマスマ」森君最後。
今もやってるスマスマですが、森君がほんとに最後っていうこの回をビデオに録ってました。
久しぶりに森君みたけど、やっぱりいうてもかわいい顔してますね。小顔。
最後はメンバーみんなが森君にメッセージを言うんだけど、吾郎も泣いてるし、中居なんか号泣ですよ。中居が号泣すぎてしゃべれなくなって、木村がパッと中居の代わりに進行をするんです。それがまた木村らしい。


「ボニータ」ゲスト小島麻由美。
うち、ほんとに一時期だけケーブルテレビに入ってたことがあって、その時にスペースシャワーでやってた番組なんですけど、ホフディランがMCで、小島麻由美がゲストで出た回です。
さよならセシルが出たころのやつなんですけど、当時の小島麻由美は相当イカレてる感じで、生放送のこの番組、観てる方もドキドキしました。
僕はこの時の小島麻由美と小宮山雄飛のやりとりを今でもモノマネでやります。


そしてこれはめちゃくちゃレアちゃうかという、90年から91年にかけての年越しライブ。
テレビ大阪かサンテレビか忘れたけど、で中継してた年越しライブです。
多分場所は渋谷公会堂かそのへんだと思います。
出てるメンバーがすごいんです。
ユニコーンにブーム、ジュンスカ、そしてゴーバンズ。
どんだけ豪華やねん。いい時代だったんですね。
特にゴーバンズが良すぎて、僕、またゴーバンズ熱再燃です。



それではここからゴーバンズの話です。
CDも3枚しか持ってなくて、全然コアなファンじゃないんですけど、でも好きです。
今聴いても全然古くない、というかおしゃれ。
そのライブの映像なんか観ると、普通に格好いいんです。
森若さんかわいいし、谷島さんかわいらしいし、光子さんはきれいだし。
でもみんな変わり者っぽいですけど。

スマスマで一夜限りの復活をした時はうれしかったけど、ほんとにあれ一夜限りでしたね。
ほんとに復活してツアーでもしてくれたら、死んでもライブ行くのになあ。
でも、絶対復活しなさそうですね。森若さん以外のメンバーが集まらなさそう。

僕もバンドをしてて曲を作ったりしてますが、詞に関しては森若さんに影響されてる部分がだいぶあると思います。
「高校野球ベイビー」なんか正に「ジェットコースタージェントルマン」からインスピレーション受けて書いた歌詞だし。

僕がやってるバンド、ユリコーン。
一回だけラジオに曲を送ったことがあって、それが森若さんがやってる「インディーズファイル」って番組なんですけど、なんと、いきなり採用されまして、しかも、森若さんに気に入ってもらい、なんと、2010年2月の今月のナンバーワンソングに選ばれました。
あの時は飛び上がって喜んだもんです。
あ、曲は「モダンガール」です。
森若さん曰く、『ビート、ガレージ、サイケ、ビート。ちょっと60’sぽくてね、あたし大好きこういう音楽、こういうバンド』

ありがとうございます。ユリコーンのベースフーミンでした。
[PR]
by yuricoramu | 2011-09-18 01:21 | 音楽、ライブ | Comments(0)

えらいことしてもうたー

フーミンです。
携帯のグループ分けを編集してたら、間違えて全部の電話帳を消してしまいました。


絶望すぎて死ぬかと思いました。
正にリアルドラクエ3です。
「ぼうけんのしょがきえました」


幸い、この携帯を買って1年半、その間にもらったメールの受信を頼りに、まずはメールアドレスから復旧していきました。
電話番号は全くわからなくなったので、みんなにメールして、改めて電話番号を教えてもらってます。
みんなには余計な手間をかけさせて申し訳ないです。
でも、おかげでなんとかある程度は戻りそうです。


でも、この1年半にメールのやりとりをしてない人たちのアドレスはどうやら分からなくなりそうです。
この1年半、僕とメールのやりとりをしてない人で、改めて僕にアドレスを教えてくださる方いらっしゃいましたら、メールをください。くれたらすごくうれしいです。僕のアドレスは変わってませんので。


しかしあれですね、今アドレスの復旧をしてますが、どうやらこれまでの半分くらい、いや3分の1くらい、いや4分の1くらいにまで減りそうです。
アドレス登録してた人の4分の3の人とは疎遠になっていたんですね。

確かに、これはもうどう考えてもいらんやろっていうのもありました。
大学の時の友達の当時のPHSの番号とか、それこそ学生マンションの番号とかも残してましたから。


古いアルバムの中に隠れて想い出がいっぱいですね。
[PR]
by yuricoramu | 2011-09-16 23:09 | 生活 | Comments(0)

それでも、生きてゆく

「それでも、生きてゆく」の最終回を観ました。
なんともつらい話で、泣きながら観ました。

どうしても深見さん寄りに観てしまうので、最後深見さんと遠山さんがうまいこといったらいいのにって思ったけど、文哉がサトエリにあんなことしなかったらそれでいけただろうけど、やっぱり被害者は深見さんだけじゃないから、深見さんとだけって訳にはいかないんです。

いろいろ考えさせられることがたくさんあるドラマでしたが、結局一番言いたいのは、被害者家族はもちろん、加害者家族も大変なんだということですね。

時任の気持ちを考えたら、たまりません。時任が出てくるシーンは毎回泣きました。

それから大竹しのぶよ。
どんだけ演技うまいねん。もうほんまに圧倒されました。

あと文哉。僕、名前が一緒なんです。字まで一緒で。だから余計しんどくなりました。
また演じてるのが金八の健次郎でね。思いだします。

最後までしっかりと作りこんだ、ほんとにいいドラマでした。
もう瑛太を見ても深見さんとしか思えません。今やってるダイハツのCMとか、完全に深見さんやん。




すいません、話変わりますが、「アメトーーク」でやってたのび太ほっとけない芸人について言わせてください。

僕、死ぬほどドラえもんが好きなんですけど、声が変わってからは受け入れられなくて、全然観なくなりました。
でも、世代交代はしょうがないと思うし、僕は嫌ですけど、わさびドラに関しては半ばあきらめの境地になっていました。

しかし、しかしですよ、のび太の感動するシーンの紹介で、さようならドラえもんが流れたんですが、それも今のわさびドラの映像で流れたんです。
うわあって思いました。
今のわさびドラファンには悪いですが、全く感動しませんでした。
大山ドラにのび太くーんって言われたら100%泣くのになあって。残念でした。
きっと今日のび太の格好で出てたみんなも思ってたはずです。まあ、しょうがないんでしょうけどね。
でも、僕個人の意見ですよ、あれは大山ドラにやってほしかった。
大山ドラと小原のび太とたてかべジャイアンにやってほしかった。

まあもっと言うなら、今日のアメトーークは大山ドラの映像もちょっと出てうれしかったですけど、今日の内容なら、全部マンガからの紹介でよかったんちゃうかなと、そういう思いです。
[PR]
by yuricoramu | 2011-09-16 01:53 | テレビ、芸能 | Comments(0)

水越峠の悲劇

以前、金剛山に登ってよかったという日記を書きましたが、あれから何回か登りました。
それこそ登る人は毎日出勤前に早朝登山をするそうです。すごいっすね。

僕もおしゃれ山ボーイと言いたいところですが、全くああいう大層な装備はしてません。Tシャツと半ズボンとスニーカーだけです。
イチローが履いてそうなああいうピチッとしたやつを履いた方がいいんでしょうけどね。

初心者なので登山本道と念仏坂のルートからしか登ったことがないのですが、このコースなら軽装でも全然大丈夫です。

何回か登ってると、もっと奥の方まで行ってみたいという気持ちが湧いてきました。
山の向こう側、水越峠までです。
そして先日、行ってきました。

念仏坂のルートで頂上まで登り、ダイヤモンドトレールで水越峠まで降る。その往復のコースです。

頂上までは余裕で行けましたが、そこから水越峠までがちょっと不安でした。
いくら分かりやすいコースとはいえ、初めて行く道だし、道に迷ったらどうしようとか考えて。

そして水越峠までが思ってたよりも遠くて、これ行くのはいいけど帰りは暗くなるまでに戻らないとこわいなって思いました。

体力的にはちょっとしんどかったけど、まだ大丈夫でした。
それより、別のことですっごい大変だったんです。

水越峠まで行って、帰り、また金剛山の山頂に向かって登ってる途中で、お腹が痛くなってきたんです。
これはやばいと。
うんこびちびちやねんのパターンですよ。

よっぽど途中山の中に入ってやったろうと思ったんですが、そんなもん、今までの人生で立ちションだってしたことないのに、野グソ(野びちびち)なんか死んでもできるかと思って、山頂のトイレまで我慢することにしました。

もうね、それから山頂までの遠いこと遠いこと。
それまでも汗びっちょりでしたが、それからは冷や汗びっちょりでした。
記憶もないですが、多分ずっと白目むいて登ってたと思います。

途中ですれ違った人こわかったでしょうね。
白目むいて冷や汗びっちょりの男が登ってて。

おかげさまでなんとか山頂のトイレに着きまして、もうしゃがんでズボンをおろすやいなや、びちびちびちーっ!!と。

大変でした。
[PR]
by yuricoramu | 2011-09-15 02:31 | 生活 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン