ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

淡路島へ

昨日から1泊2日で淡路島へ旅行に行ってきました。
姉夫婦と姪と甥と、うちの母と僕とで。
姉の旦那と、僕と、車2台で。2CARSで。

この夏どこにも旅行に行ってないわ―ってこの前愚痴ってたら、姉の旦那が「じゃあ一緒に旅行に行こうか」って誘ってくれましてね。いい人。
姉の旦那も休みの少ない仕事なんですが、お互い休みを合わせて昨日から行ってきましたよ。



淡路島、僕ほとんど初めてなんですよ。
阪急の淡路なら学生時代毎日通ってましたが。
淡路島は小学校の低学年の時に家族で旅行に行ったんですが、ほんとにぼんやりとしか憶えてないんですよね。

当時は大阪の岬町深日港からフェリーで行ったもんですが、今は車で、明石海峡大橋で。
明石海峡大橋も僕、初めて渡りました。
思ったより大きくて、運転しながらちょっと興奮しました。

渡ったところにあるサービスエリアで休憩。
c0195200_1412185.jpg

ここよくテレビに映りますよね。観覧車があって。
その観覧車にも乗りました。
うわー、この旅行、楽しい。

さらに高速を走らせ、南あわじ市へ。
慶野松原にあるリゾートホテル。
姉が調べて予約してくれたんですけどね、ここのホテル、なかなかよかったですよ。
♪ホテルニューウあーわーじーではないですけど。
部屋もスイートのいい部屋で、目の前が海で。なんかハワイを思い出しました。

早速海へ。今年初海です。
うれしな僕はバタフライでブイまで行ったり来たり、だいぶ泳ぎました。
それからホテルのプール。
ここでは姪らとまったりと。

そしてお風呂。うずしお温泉。
お湯はぬるぬるの、龍神温泉系のお湯で、気持ちよかったです。
僕は普段からスーパー銭湯やそれこそ近所の温泉施設にもよく行ったりするんですが、やっぱりほんとに旅行に来て入るフロは全く気分が違いますね。
なんでしょうこのリフレッシュ感。最高。

料理も美味しかったです。
あ、ホテルの目の前の砂浜から見える夕日がまた最高にきれいで。

夜は海ほたるの鑑賞。
ホテルのスタッフに案内されて、海まで。
めちゃくちゃきれいでした。
海ほたるって初めて見たけど、あまりのきれいさに感動。
ラピュタで地下のポムじいさんのところで石がパーって青く光るでしょう。あんな感じで、暗闇の中を海ほたるがパーって青く光るんです。
それはそれはきれいでしたよ。


という1日目が終わり、2日目。
今日は鳴門うずしおクルージングに行ってきました。

あ、結局お風呂は4回入りました。
昨日プールの後と、晩ごはんの後と、今日起きてからと、朝ごはんの後。
旅行に来ると、何回でもお風呂入りたいですよね。

あと、ホテルの別のお客さんで、すごく感じのいい人がいたんですよ。
顔もかわいいし、おしゃれで、気さくな人でね。
旦那も子どももいるので、何もなかったですけど。
もしあの人が独身で子どももいなくひとりで来てたら、告白してたかもしれません。
まあそんな旅先のロマンスもあったりなかったり。

話がそれてすいません。
さあ、鳴門クルージングです。

まあまあ大きい船で、鳴門のうずしお周辺をクルージングするというものです。
船に乗ってしばらく、ちょっと酔いそうな雰囲気になりました。

船で酔うといえば忘れもしない、グリーン島の悲劇。
もうえげつない波で、異常なくらい揺れて、死ぬほど酔いました。
グリーン島だけで十分酔ってるのに、グリーン島からさらにアウターリーフに行くという、あれはもう死のツアーでしたね。
10回くらい吐きましたよ。

まあ今回は全然そんなことはなく、酔いそうになったけど酔いませんでした。
それよりうずしおの迫力がすごかったです。
c0195200_1392774.jpg

瀬戸内海と太平洋の波がぶつかってるのが分かるんです。
あれはほんとに、大鳴門橋の上から見ても伝わりません。えらそうに言って僕は橋の上から見たことはないんですが。
いやでも、あれは絶対船から体験すべきです。
すごい迫力で、感動しました。

という具合に、その後は雑誌に載ってる食堂に行ったり、おしゃれカフェに行ったり。そうして帰ってきました。
運転で疲れたといえば疲れたけど、そうでもないです。
姉の旦那には感謝です。
うちの母もお金出してくれたし。
僕は運転しただけで、お金も出してないし、プランも何も考えなくて、ほんとに旅行に連れていってもらったって感じで、純粋に楽しみました。

姪もテンションあがってキャッキャ喜んで、よかったねって感じでしたけど、ちょっと待てよと。
僕が前に淡路島に行ったのが小学校低学年、それでもほとんど憶えてないんですよ。
姪は3歳半。こんなに喜んだ旅行もさっぱり忘れるんだろうなあ。
甥は1歳なのではなから記憶も何もないだろうけど、姪にはちょっとは憶えといてほしいけど、無理か。


いやあそれにしても、いい旅行でした。すっごくリフレッシュしました。
意外といったら失礼だけど、淡路島ってほんと意外といいですよ。
そらたむけんもよく来るわという感じですね。
[PR]
by yuricoramu | 2011-08-31 01:44 | 生活 | Comments(0)

私が今死んでも

この前ユリコーンで集まった時に『自分が死んだらみんなはお葬式で泣いてくれるのか』という話になりました。

確かに自分のお葬式で誰かが泣いてくれたらうれしいけど、実際に死んでしまったらそれを見るどころか何もかもなくなってしまうので、確かめようがないけど。

そもそもお葬式で泣くというより、自分が死んだらどこまで連絡がいくんだっていう話です。

一番仲の良い大学の友達と、ユリコーンメンバーには連絡がいくと思うけど。
まあユリコーンも大学の友達と一緒っちゅやあ一緒ですけども。

しかしそれも誰がどうやって連絡するんでしょう。
僕が急に死んだとして、やっぱり親が、携帯を見て連絡とかするんでしょうか。

ちょくちょく話に出てくる太田君やイオリやハコちゃんやヨーゼフに連絡がいったりするのかな。

となると昔の彼女とかには連絡がいかないんだろうな。
それだって名前はちょくちょく話に出てきたりするけど、でも連絡はいかないんだろう。

昔の彼女に限らず、ほんとにたまにメールする友達とか、年賀状のやりとりで続いている友達とかは、もう普通にメール来なくなったなあって感じで死んだとも知らずに疎遠になっていくだけなんだろうなあ。


という話をして、その後カラオケに行ってユーミンの「翳りゆく部屋」を歌ったんですけど、あれ、いい歌ですよね。

そしたらゆりこが、「それ、エレカシも歌ってた」って言うんです。
あー、エレカシ歌いそう。
もう宮本が目を見開いて歌ってる姿が目に浮かびます。

エレカシ、いいなあって思うんですけど、全く音源を持ってないんですよね。
これを機に聴いてみようと思いました。

まあしかしユーミンも大概いい歌作りますよね。
天才ですね。
桑田も布袋も民生も小室も秋元康もみんな天才です。

しかしユーミンは、特に荒井由実時代のユーミンは神がかってますね。
この前ベスト盤を買ったんですけど、ほんとにいい曲ばっかり。
ベスト盤なんて聴いてるとファンに怒られそうだけど、やっぱいいっす。
[PR]
by yuricoramu | 2011-08-29 00:41 | その他 | Comments(0)
映画「こなから坂から」を観てきました。
岸和田にあるこなから坂をだんじりが一気に駆け上がるドキュメント映画です。
え、違う?
ちょっとボケが分かりにくかったかしら。

正しくは「コクリコ坂から」でした。
宮崎駿じゃなくて息子の吾朗の監督の映画です。
吾朗といえば「ゲド戦記」の酷評が記憶に新しいですが、ゲド戦記よりは今回の方がずっとおもしろかったです。
ってまあ、僕ゲド戦記観てないんですけど。
観てないんかい!

まあ冗談はこれくらいにして、ほんとに結構おもしろかったですよ。
細かい内容は書きませんが、古き良き学園モノの物語です。
東京オリンピックっていってたから昭和30年代ですね。

主人公の名前が海なのかメルなのか途中で混乱してしまいましたが、とにかくこの子がよくできた子で。
男の子の風間君もかっこいいですが、その友達がインテリでモテそうな彼でした。

学園モノですが、「耳をすませば」よりは「おもひでぽろぽろ」系でしょうか。
とにかく、結構、いや、かなりよかったです。僕は、こういう話好きです。


~映画の話はここまでです~


映画を観終わって、余韻にひたりながら家に帰ってきました。

僕が通っているジムから郵便が届いていて、何かと思ったら、なんと閉館のお知らせだったのです。

これ、めちゃくちゃショックです。
なんせ12年通い続けたジムですから。

また別のジムに行けばいいやんっていう簡単なものではありません。
家からも近いし、オールド会員なので会費も結構安いし、長い間通っているので愛着もあります。
いつもプールで一緒のおっちゃんや、掃除のおばちゃんと別れるのもさみしい。

この12年間、暇さえあればジムのプールに行ってました。
もはや生活の一部でした。
マジでショック。

11月15日をもって閉館するそうです。
最終日とか泣いてまうわ。
[PR]
by yuricoramu | 2011-08-26 23:10 | 映画、舞台 | Comments(0)

それでも観てゆく

『それでも、生きてゆく』、辛すぎて観てられへん。
時任の気持ちになったら、ほんと、生きていかれへん。
大竹しのぶと健次郎、もとい、風間俊介のやりあうシーン、息をするのも忘れるくらい見入った。
この風間の役名が文哉という、僕と同じ名前で、字まで一緒という。
他人ごととは思えない。
[PR]
by yuricoramu | 2011-08-25 23:10 | テレビ、芸能 | Comments(0)

紳助引退

紳助引退かあ。
暴力団との関わりがあったことを受けてということで。

よく知らんけど、芸能人なんか多かれ少なかれ暴力団と関わりくらいあると思うけど、どうなんやろか。

会見見たけど、ほんとに正直にしゃべってそうにも見えたけど、どこまでほんまなのかもわからんという感じでした。なんか別の言えない理由があるんちゃうんって思ったり。

僕は紳助は特別好きというわけでもないですが、ネットとかでやたら叩かれてるほど嫌いではないんですよね。

ヘキサゴンは嫌いというかほとんど観たことないけど、それ以外の番組はたまに観たりします。

特にさんまとのトークのやりとりはさすがだなと思いましたよ。
27時間テレビだったか、さんまのまんまだったか忘れましたけど、あの二人のトークの掛け合いは世界一面白いと思いました。

しかしね、結局紳助で何が一番印象に残ってるかといえば、僕はさんまの名探偵なんですね。ファミコンの。
あのガイコツの服が忘れられません。
未だに紳助といえばあのイメージなんですよね。

まあ、残念です。
さみしいというか、もったいないというか、やっぱり残念ですね。
[PR]
by yuricoramu | 2011-08-24 00:25 | テレビ、芸能 | Comments(0)
c0195200_0502858.jpg
今日はユリコーンでスタジオに入りました。
めっちゃ久しぶり―。
いつぶりでしょう。とりあえず今年初です。
大阪のスタジオがとれなかったので、わざわざ神戸まで行ってきました。

久しぶりのスタジオ。この日の為に家で2曲作ってきました。
「ガラスの仮面」と「母乳パッド」って曲。

「ガラスの仮面」はユリコーンっぽいのらりくらりした曲です。
漫画を読んだ方が聴いたらニヤッとするような内容の歌詞です。
「母乳パッド」はパンク系の、家出少年みたいな曲です。

それ以外にも懐かしい曲をやったりしました。
特に「ジュリー」と「ライト」はめっちゃいい曲。
これなんで前のCDに入れなかったんだろうって後悔しました。
機会があればまた音源作りたいです。

さあそしてスタジオの次はカフェでお茶です。
ユリコーンはメンバー仲良いので、話が弾むんです。
あさってが誕生日のヨーゼフにみんなからプレゼント。
喜んでくれてよかった。

カフェの次はカラオケです。
カラオケめっちゃ久しぶり―。
ボウイとかユーミンとか歌いました。

その次は焼き鳥屋さんで晩ごはん。
恋バナで盛り上がりました。
ここでハコちゃんから衝撃の事実を聞いて、僕はちょっとショックを受けました。
いや、ちょっとじゃないです。かなりショックです。
ショックというか、さみしいです。

その後またお茶をして、それから帰りました。

すっごい楽しかったです。
やっぱ僕、マジでユリコーンが好きなんですよ。
マジでもっとユリコーンがやりたいです。

さっきも言いましたがヨーゼフはあさって(日付変わって明日)23日が誕生日です。
でも、その日にはもう日本にいません。
明日(日付変わって今日)からフィンランドに旅行に行くそうです。

この前は南米のペルーに行って、今度は北欧フィンランドですか。
その行動力に感心します。
それもツアーじゃなくて、自分でプランを立てて行ってるんです。
旅が好きなんですね。

ハコちゃんも結構海外に行ったり、おしゃれイベントを自ら開催したり、フットワークが軽いです。
ゆりこもこの夏高知に行ったり、群馬に行ったりしています。

どっこも行かないのは僕くらいのもんです。
今年は甲子園すら行きませんでした。高校野球の。
まあ、南大阪のスーパー銭湯はほぼ全部制覇しましたけどね。
そんなんじゃなくて、旅行で温泉に行きたいですねえ。

ま、とりあえず、ヨーゼフ気付けて行ってらっしゃい。
誰もみな、手を振っては、しばしわかーれーるー♪
[PR]
by yuricoramu | 2011-08-22 00:49 | ユリコーン | Comments(0)

夏をあきらめて

♪フーミンキャンチュシー

あ、ダーリンか。

あの歌いいよね。「あきらめの夏」。あ、違う、「夏をあきらめて」。
サザンも研ナオコもどっちもよし。
さみしい歌です。
音源持ってないけど、思いだしたら泣きそうになってきました。

夏の終わりに聴いたら泣きますね。
まだ夏の終わりというにはちょっと早いですか。
でも、お盆も終わって、もうすぐ高校野球も終わったらいよいよ夏も終わりという感じですね。

ちょっと前はウルフルズのヤッサに行ったらいよいよ夏も終わりかあって感じしました。
あれは、いいイベントでしたね。


夏の終わりってさみしいですね。
「夏をあきらめて」もそうですが、真心の「サマーヌード」や小島麻由美の「真夏の海」とか、夏の終わりに聴いたら泣きます。
ベタな曲ばかりですが。
いいんです。

僕はといえば夏バテです。
体もだるいけど、なんか精神的に、何もやる気がおこらないというか。
なんかもうだめです僕。はあ。

ところで、奈良に京終(きょうばて)という地名があるでしょう。
それでいうと夏バテも夏終と書いてもいいなと思いました。

ところでその京終という地名ですが、駅もありますよね。
僕、あの京終という字を見ると、こわいんです。
終っていう字がこわいんですかね。
なんか、こわいんです。


それはそうと、今日「まんが日本昔ばなし」やってたんですってね。
全然知りませんでした。
でも姉がやってるのに気付いてビデオ録ってくれたらしいのです。
ナイス姉!

小学校の頃、大好きでしたね。
土曜日といえば昔ばなしでした。
僕スイミング通ってたんで、スイミングから帰って「あばれはっちゃく」を観て、「昔ばなし」「クイズダービー」「全員集合」と観て。
これぞ土曜日って感じでした。
いい時代でしたね。

あれ、今日は何曜日だ。
もう訳わからん。


夏が始まる前は新しい彼女がほしいって思ったけど、今はもうどうでもいいです。
ねえ好きってなんだっけって心境です。
[PR]
by yuricoramu | 2011-08-19 03:02 | 音楽、ライブ | Comments(0)

本日の男前

本日は、バンド、ユリコーンから男前を紹介します。
極度の恥ずかしがり屋、だけどさりげなく自分をアピールしたいと思っている男前です。


フーミンさーん。


はーい。


こんにちは。ユリコーンでベースボーカルをさせてもらってます、フーミンです。

今年の最初に体重が79キロまでいって、これはやばいと思ってダイエットをして先日71キロまでいったのに、今日量ったらちょっと戻って73キロになってました。
元々ポカリやアイスを中毒の様に飲み食いしてて、その量を減らしたから痩せられたのに、熱中症予防とか何とか言ってまたポカリやアイスを食べだしたからまた体重がちょっと戻ったのです。
せっかくもうすぐ目標の60台だったのに。
反省して頭を殴ります。
ポカリ。


いかがでしたか、うちの男前。


お茶目でかわいいバンド、ユリコーンを、これからもよろしくお願い致します。
[PR]
by yuricoramu | 2011-08-18 01:55 | その他 | Comments(0)
さっきうがいをしたら、吐いた水がすごい真っ赤でびっくりしたけど、その前に食べたスイカの色だと分かって一安心。
フーミンですこんばんは。
いやあびっくりしましたよ。真っ青になりました。顔がね。
水が真っ赤で顔が真っ青っていう。



テレビ版の「ときめきトゥナイト」って、最初の頃と最後の方ですごく絵柄が変わって、あんなにかわいかった蘭世もかわいくなくなったのが残念でした。
マンガは蘭世編が好きでした。
当時は僕は小学生。姉の「りぼん」を読ませてもらってました。


なぜいきなりときめきトゥナイトの話なのかというと、いやなに、昨日の日記であさりちゃんやかぼちゃワインの歌がどうこう言ってたでしょう。それで、そういえばときめきトゥナイトの歌もいい歌だったよなあって思ってそれで。


ちなみに僕がやってるバンド、ユリコーンの自主イベントの名前も「ときめきトゥナイト」です。
「ビーズ刺繍」っていう歌の歌詞にも入ってますのでチェックしてみてください。
[PR]
by yuricoramu | 2011-08-16 01:35 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)
昔ファミコンのフラッピーに似てると言われた僕です、こんばんは。

高校野球大好きで、家にいるときはずっと観てるんですが、あの松田ジュリア、じゃなくて、川上ジュリアの「ずっと、ずっと」って曲をずっと聴いてたら頭が痛くなってきました。

あと最近うちの姪が京都銀行の「ながーーーーい」っていうののマネをするんですが、それを何回もするんで、うっとおしいからやめてって言ってやりました。


昔は夏休みの朝といえばアニメをよく観ましたけど、今はやってないんですかね。

「パーマン」「オバQ」「かぼちゃワイン」「あさりちゃん」というセットでした。

あさりちゃんの終わりの歌がなんであんなに悲しいのかって話によくなるけど、おばQの終わりの歌もなんだか物悲しかったなあ。「ビリーブ」っていうやつ。

日記のタイトルはかぼちゃワインの最初の歌ですね。

僕はエルといえばエルエストのエルですね。
エルエストって僕が通ってるジムの名前なんですけどね。

ジムに行くとき、「エルはエルエストのエル~」ってひとりで歌ったりしてます。

細かいことを言うとエルエストのエルはERなんでかぼちゃワインのLとは違うんですけどね。
どうでもいい話ですけど。
[PR]
by yuricoramu | 2011-08-15 02:25 | 生活 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン