ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今日は休みで、久しぶりにドラえもんの「鉄人兵団」のビデオを観ました。

昔から何回も観てまして、セリフもほとんど全部覚えてます。
今回すごく久しぶりに観たけど、やっぱりほとんどセリフ覚えてました。

泣きました。号泣。
セリフを全部覚えてるくらいだから、もちろん話の内容も全部覚えてますが、それでも泣きます。
内容知ってるもんで、次にこのシーンが来るって思ったら、その前からもうウルッてしてしまいます。

「リルル、行けば撃つぞ」
「ほんとに撃つよ」
「いいわ、撃って」

もうこのシーン、今思い出しただけでまた涙。
リルルが、奴隷制度がいけないことだということを思いつつも、祖国を裏切ることができないという葛藤。
リルルは笑顔で振り返るんですよ。
ほんとにのび太に撃ってほしい、止めてほしいと思ったんでしょうね。

そして感動のラスト。
しずかちゃんの絶叫。
さすが野村道子。これぞプロの声優ですね。
僕も何回も観てるのに涙ボロー。

やっぱいいですよ。
もうこののぶ代ドラの声を聴くだけで涙出そうになります。

僕はこの「ドラえもんのび太と鉄人兵団」が全ての映画の中で一番好きなんです。
それが今度のわさびドラでのリメイクの対象になるというのがですね、嫌で嫌でしょうがありません。
これだけはやめてほしかった。
これだけじゃないですけどね、もちろん。
「恐竜」も「魔界大冒険」も「宇宙開拓史」も全部嫌でしたよ。

世代交代は仕方ないとしても、やり方に問題がありますよ。
映画もせめてオリジナルせえよと言いたいです。
[PR]
by yuricoramu | 2010-09-28 23:30 | ドラえもん | Comments(0)

ともちん

AKBの板野友美はともちんっていうニックネームらしいです。
ファンから「ともちーん」とか呼ばれたりしてるんです。
ちょっと待てと。
板野友美もきらいじゃないですよ。イッテミヨーカドー。
でも、僕の中ではともちんといえば高橋智子なんです!
高橋智子て誰やねんといえば、まあ、僕が昔仲良かった子なんですけど・・・。
例えば昔からの友達にヨッスィーってあだ名の子がいたとするでしょ。
でも今やヨッスィーといえばモー娘のヨッスィーでしょ。
「ヨッスィー」って呼んだら他の人から「ああ、モー娘のヨッスィーからあだ名をとったんだね」って思われると思うんですよ。
違うんです。もっと昔からヨッスィーって呼んでたんです。こっちの方が先にヨッスィーって呼んでたんです。
ってなると思うんですよ。
僕のともちんもそうなんです。
[PR]
by yuricoramu | 2010-09-26 11:10 | その他 | Comments(0)
連日のチェッカーズ日記です。
復活したらいいのに、と思うけど絶対無理だな、と思うのがこのチェッカーズ。
クロベエも死んだし。
クロベエ死んだのもそうだけど、それ以上にフミヤと高杢との確執よ。
どうなってるのあれ。
ユニコーンも10何年ぶりに復活して、小沢健二も10何年ぶりの復活ライブをしました。
どちらもちょっと前までは考えられなかった。
歳とると、昔トガッてたのも丸くなるもんなんです。
チェックの服を着さされるのが嫌だったって言ってたフミヤも、今なら喜んで着ると思うんです。
そういう感じで高杢と和解できないもんですかね。
あの頃はもめてたけど、それも今となっては思い出だねみたいな。
まあ、無理やろね。
実際フミヤと高杢だったらみんなフミヤ寄りだと思います。
高杢の暴露本、感じ悪いもん。
それに僕は自分の下の名前がフミヤだしね。
小学校の頃、チェッカーズ全盛期で、僕は自己紹介するのがいやでした。
フミヤですって言ったらえーって言われて。
今となってはフミヤって名前でよかったと思ってますけどね。
そんな訳でフミヤには頑張ってもらいたいっす。
高杢と(鶴久も?)和解して、チェッカーズ復活しいや。
って思います。
[PR]
by yuricoramu | 2010-09-25 01:38 | 音楽、ライブ | Comments(0)
最近無性にチェッカーズが聴きたくなって、年上のお友達に3枚組のベスト版を借りました。
聴きたかった「哀しくてジェラシー」や「あの娘とスキャンダル」が入ってなくてショック。
3枚組で知らん曲もいっぱい入ってるのに何であんなメジャーな曲が入ってないんだ。
それでも、「ジュリアに傷心」や「I Love you,SAYONARA」など、懐かしくていい曲にテンション上がってリピートで何回も聴いたりしてます。
「I Love you,SAYONARA」なんてめっちゃいい曲ですね。
好きなのにさよならなんてめっちゃせつないじゃないですか。
『嫌いと言うしかなかったよベイベー』ですよ。
せつな。涙出そう。
バカだね男って。
[PR]
by yuricoramu | 2010-09-24 01:13 | 音楽、ライブ | Comments(0)

夜行観覧車

「告白」でおなじみの湊かなえの本、「夜行観覧車」を読みました。
告白面白かったし、本のカバーもいい感じだったので、買いました。
この人の書く話だなあって感じの話でした。

高級住宅地で起きた殺人事件、その家族と、隣の家の家族の話です。
出てくる人物がみんな濃いです。もうなんなんどいつもこいつもって思いましたが、しかしそれが普通の世の中なのかもしれないと考えてみたり。

彩花がすごくうっとおしい、ですが気持ちが全くわからんでもない。
それぞれ、周りから見るとうっとおしいんですが、その人の立場になると気持ちがわからんでもないという感じです。
いやそれにしてもいくらなんでも彩花はうっとおしすぎました。

唯一まともな家族も出てきて、救われた気になりました。
僕はああでありたい。

内容はほんと、ちょっと重いなあというか、しんどいなあとも思いましたが、グイグイスラスラ読めたし、後味が結構良かったので、印象は良いです。
おもしろかったです。
[PR]
by yuricoramu | 2010-09-22 01:50 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

はやぶさvs近鉄電車

ここ最近左足の太ももの辺りが痛くて、今日は休みなので整形外科に行ってきました。
結局特に病気でも怪我でもなかったんですけど、ちょっと腰は弱いかなと。
まあ何もなくてよかったんですが、この整形外科で何と2時間半も待たされて、それでグッタリしました。
なんだかせっかくの休みなのに疲れて損した気分です。

整形外科から帰ってきて、ジムでも行こうと思ったけど、グッタリ疲れちゃって、ゴロンとテレビを観てたら、押尾学の刑が確定したとか言ってます。
それから阿倍野近鉄百貨店で、西日本初、はやぶさの帰還カプセル特別公開をやってますとか言ってます。
ああそうそう、この展示やるって言ってたっけ。
今しか見れない。これは寝てる場合じゃないぞと思い立って、天王寺に向かうことにしました。

アベ近9階の近鉄アート館での展示。
整理券をもらって、いざ入場。
ちょっと並びましたけど、そこまで大行列ってこともなかったですよ。

はやぶさ。
皆さんご存知、小惑星イトカワへの壮大な旅の末、なんとか地球に戻ってきた探査機のはやぶさです。
通信が途絶えたり、エンジンが故障したりで大変だったんですよね。

実物ですよ。実際宇宙に行って帰ってきた実物のはやぶさですよ。
苦労した様子がテレビや新聞で報道されてたので、それが目の前にあるというのがすごく不思議というか、勇気がわいてくるというか、胸の高鳴りがありましたね。

会場には関連グッズが置いてまして、僕は本とノートを買いました。
他にも宇宙食やはやぶさTシャツ、はやぶさ応援タオルや手ぬぐいといったものまで置いてましたよ。

僕も宇宙の話とか結構好きで、はやぶさを見て泣きはしないですけど、こう心に何か感じるものはありました。
なかなか見れるものではありませんからね。
しかもタダで見れるんですよ。
皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか。
そうそう、会場の端に、はやぶさへのメッセージボードが置いてまして、僕もそこにメッセージを残してきました。
よかったら後で行く人、僕のメッセージもついでに見つけてください。

ということで、はやぶさも見たし、帰ろうっと思ったら、2階で、近鉄電車100周年のあゆみ展っていうのをひっそりやってるのを見つけまして、ついでにそれも見ていきました。

電車も結構好きなもので。
近鉄電車の歴史や、関連グッズも売ってました。

はやぶさには負けるけど、これはこれで楽しめましたよ。

おわり。
[PR]
by yuricoramu | 2010-09-18 01:49 | イベント | Comments(0)

鶴久かわいく

チェッカーズの『ウィークエンドアバンチュール』って曲のサビのところ、
「女めずるくかわいく」って歌詞なんですが、僕ずっと「女め鶴久かわいく」って思ってました。
ネタじゃなくてマジで。
ずっと鶴久かわいくと思ってたのに、この前カラオケで歌ったらずるくかわいくってなってたのでショックでした。
[PR]
by yuricoramu | 2010-09-17 03:24 | その他 | Comments(0)

歩きながらDS

子どもが歩きながらDSをしてるのを見ると、家でせえよって思いますね。
そういう僕も電車ではDSをします。
電車でDSをしてて、たまに終われない時があります。
例えばドラクエをしててなかなか教会に行けない間に駅についてしまったり。
そういう時はやむを得なく、セーブするまでのちょっとの間、歩きながらDSやります。
違うんです。ずっと歩きながらゲームやってるわけじゃないんです。
セーブして終わりたいのにセーブできてないだけなんです。
っていう。
[PR]
by yuricoramu | 2010-09-16 00:22 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

古市にて

古市といっても羽曳野の古市ではありません。
古本市場の古市です。
本を買いまして、レジでポイントカードを出そうと思ったら、間違えてタワレコのポイントカードを出してしまったんです。
同じ黄色だから間違えたんですね。
あ、恥ずかし。
って思ったら、店員さん、表情一つ変えずに「これ違いますねー」って。
よくあることなんでしょうね。
[PR]
by yuricoramu | 2010-09-15 23:46 | 生活 | Comments(0)

トイレット

映画「トイレット」を観にいってきました。
「かもめ食堂」「めがね」の荻上監督の映画です。
ああいう流れの映画です。

外国が舞台で、個性あふれる3人の兄弟と、英語が話せないばあちゃんとの奇妙な共同生活、家族愛の話です。

ばあちゃん役のもたいまさこがすごいです。
セリフは全然ないんですが、さすがの存在感。
カナダ人の3兄弟もみんないい味出してて、良かったですねー。

僕は「かもめ」も「めがね」も観ましたが、この「トイレ」が一番良かったですねー。
内容がわかりやすかったというのもあるかもしれません。
あと、細かい内容は言えないのであれですが、途中泣きました。

まあとにかくもたいまさこがすごいです。
前の「めがね」の時に舞台挨拶で生もたいまさこを見たんですが、その時もオーラがものすごいなあと思いました。
すごいですこの人。さすがです。
[PR]
by yuricoramu | 2010-09-10 01:33 | 映画、舞台 | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン