ユリコーンのベースフーミンのコラム

by ユリコーンフーミン

<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

女子アナ?好きですよ

前も言ったかもしれませんが、「マヨブラジオ」を観る度に読売テレビの川田アナと付き合いたいなあって思ってしまいます。
最近やたら、どの番組にも出てますよね。

最近大阪のテレビ局も若手の女子アナをどんどん売り出してますよね。
ABCの桂アナもそうだし、関テレの高橋アナも売り出し中ですよね。
高橋アナかわいいですね。特にランキン王国で見せる僧侶の格好がかわいい。
MBSはちちんぷいぷいやら何やらでいろんな女子アナを見る率が高く、印象の良い人が多いですが、MBSの中でも特に斉藤アナは好きですね。めっちゃかわいい。
昔は断トツで八木アナだったんですけどね。やはりもう結婚したということで。
[PR]
by yuricoramu | 2010-06-27 03:48 | テレビ、芸能 | Comments(0)
昨日の余韻が半端じゃないです。
今日はもう仕事になりませんでした。
とは言ってもまじめに仕事しましたよ。
まじめですから。

でも、昨日の余韻がすごいんです。

仕事帰りの電車でウォークマンを聴いてました。
もちろん小沢健二。
「ドアをノックするのは誰だ」を聴いて、我慢しきれずに口パクしながら肩を動かしました。
ウォークマンでノリノリな奴なんて気持ち悪いけど、やっちゃいました。それほど余韻がすごいんです。
何も考えられないんです。

それで家に帰って、おしっこしようとトイレに行ったら、何とチャックが全開でした!

うーわ、いつからやろう。

ウォークマンで口をパクパクしながら肩を動かしてノリノリのチャック全開の男。
これ以上ないってくらい気持ち悪いじゃないですか。

今日南海電車でそんな気持ち悪い男を見たという方いらしたら、すいません。
その気持ち悪い男は僕です。
[PR]
by yuricoramu | 2010-06-24 02:36 | 生活 | Comments(0)
今日は小沢健二のコンサートに行ってきました。in京都会館。

ネタバレ日記なので、その前に、僕の小沢健二のこれまでを紹介しましょう。



まず初めて知ったのは中1の頃です。
姉がフリッパーズギターのCDを持っていて、一緒に聴きました。
ドラマ「予備校ブギ」の主題歌にも使われていたので、結構好きでよく聴きました。
「海へ行くつもりじゃなかった」と「カメラトーク」しか知りませんが、シャレた音楽だなあと思いながら聴いてました。

高校になって、ソロデビュー曲「天気読み」を初めて聴いて、すごい衝撃を受けました。
これがあのフリッパーズの小沢健二?全然違うやんと。
でも、この「天気読み」のイントロの音とか、めっちゃ気に入って、何回も聴きました。
だから今でも小沢健二の曲の中で「天気読み」が一番好きです。

それから「犬は~」、「LIFE」のアルバムはもちろんめっちゃ聴きましたし、3枚目のアルバムまではよく聴いてました。
何かの面接の時に「尊敬する人物は小沢健二です」と言ったくらい、ほんとに尊敬してました。

でも復活アルバムとなった4枚目のアルバムは、レコード屋で視聴はしたけど、買いませんでした。僕には難しすぎて理解できなかったです。
その次のアルバムもです。

そして最近の動向とかは全く知りません。
だから、僕の中では3枚目のアルバムまでの知識しかないのです。

今回のコンサート、すっごい楽しみでした。
実は小沢健二のコンサート、1回も観た事がありませんでした。
昔付き合ってた彼女もすごいファンで、一緒に行こうって言ってたんですが、結局行かないまま時が過ぎてしまって。

今回も自分ではチケットが取れなかったのですが、友達ののむっちが一緒に行こうって誘ってくれて。
死ぬほどうれしかったです。ほんと、のむっちにはほんとに感謝しています。ほんとにありがとう。



ということで、そろそろライブレポにいきましょう。
京都会館。
会場は京都中のオシャレ30代が集まりましたって感じの雰囲気になってましたよ。

照明がガンと落ちて真っ暗に。
そして始まったのが「流れ星ビバップ」。
みんなキャーって。
間奏のところで詩の朗読が始まりました。
ニューヨークの停電の話。真っ暗の中でラジオから聞こえてきた音楽は歌詞がすごく伝わってきたっていう話。
なるほどなあって思いました。
歌が再開して、歌詞をじっくり聴きました。

真っ暗のまま2曲目へ。
「僕らが旅に出る理由」。
わーこの曲好き。
サビのところで明かりがついて、みんなキャーって。


小沢健二。
一生見ることないと思ってた人のライブにいることのこの幸せよ。
しかも、今回のライブは僕の知ってる曲ばかりやってくれましたよ。
曲順とかは覚えてないけど、どんな曲をやったかとか大まかに紹介していきます。

「天使たちのシーン」。
名曲。でも、アレンジされすぎてて一緒に歌えませんでした。

「ローラースケートパーク」の途中で「東京恋愛専科または恋は言ってみりゃボディーブロー」、でまた「ローラースケートパーク」。
いいね、いいね。

曲と曲の合間に詩の朗読。
これがまたいいんです。
小沢健二のしゃべる言葉、じっくり聞いて噛み締めました。
この詩の朗読なんですが、結構噛んでて、それがなんか人間らしいところが見えたようで、逆にうれしくなったりしました。


「天気読み」。
うわー、うれしい。大好きこの曲。
そして「戦場のボーイズライフ」「強い気持ち強い愛」。
このへんの流れがやばかったです。
好きな曲連発。
涙出そうになりました。
いや、ちょっと泣いたかも。

まさかの「カローラⅡに乗って」。
この曲が聴けるなんて夢にも思いませんでした。

「ラブリー」が始まって、みんなワーってなって、そしたら『みなさんお待ちかねのこの曲はあと1時間後にやります』って。
それで、一緒に歌う練習をしました。
歌詞が原曲と変わってたので、そこをみんなで合わせる感じで。

そういえば僕もそうだけどお客さんみんな、久しぶりに小沢健二の歌を聴いたり歌ったりしたと思うんだけど、みんなめっちゃ覚えてますね。
僕もずっと口ずさんだり一緒に歌ったりしましたよ。

新曲も盆踊りみたいな曲もあって。
よかったです。

極めつけは「今夜はブギーバック」でしたね。
スチャダラのところどうするんだろう、まさか本人たち出てくるのかなあと思ってたら、ほんとに出てきました!
スチャダラが出てきて、みんなギャーってなりましたね!
飛び上がって喜びましたよ。
あれはうれしかったなあ。

それから「ドアをノックするのは誰だ」。
一番ライブでやってほしかった曲です。
昔「ヘイヘイヘイ」でやってて、あのダンスやりたいなあってずっと思ってたんです。
それが10何年の時を経て、まさかやれるなんて!
『マークはずす飛び込みで僕はさっと奪い去る~』って思いっきり踊りましたよ!
うれしかったあ!

「さよならなんて云えないよ」でメンバー紹介。『オッケーよ!』もやりました!
「痛快ウキウキ通り」もやりました。

それからお待ちかね「ラブリー」もやって、歌詞をちょっと変えてみんなで歌って、あの一体感はすばらしかったです。

また「流れ星ビバップ」で、お客さんに歌わせながら、舞台裏に消えていきました。


アンコールは「いちょう並木のセレナーデ」でしっとり。

そして最後の曲は「愛し愛されて生きるのさ」。
サビとセリフのところも繰り返しやってくれて、盛り上がりました。


そして最後はまたスチャダラも出てきて、メンバー全員でトーク。
おもしろかったです。
昨日錦市場や伏見稲荷に行ってたんですって。へー。
お客さんに京都の人どれくらいいるって聞いて、実は大阪の人の方が多かったという結果にもびっくりしました。
そういう僕も大阪人ですが。

スカパラやヒックスビルの人たち、当時のメンバー変わってなくてうれしいです。
僕は当時ライブに行かなかったけど、テレビとかで観てたから。

小沢健二、双眼鏡でアップで見たけど、昔と全然変わってない。
ヒックスビルも昔ライブで一回見たけど、この人も全然変わらないなあと思いました。

みんな変わってないけど、スカパラのあの人死んだなあって。
しんみり。

10何年ぶりだもんね。
独身だった人も結婚して子どもがいたりしてますよ。
僕の当時の彼女も今は3人の母親です。



まあまあ、そんな訳で、ライブが終わりました。
ほんとに楽しい時間でした。
今まで32年半生きてきましたが、こんなにこの空間が愛おしいと思うことって、そうそうないです。
ほんとにほんとに、素敵な時間を共有できました。

あ、BOSEが『すぐにつぶやかないで3日くらい溜めてからつぶやいて』って言ってたんですが、すいません、我慢できませんでした。
それに、これはつぶやきじゃないんでいいですよね。


最後に、ライブに誘ってくれたのむっち、ほんとにありがとう。
[PR]
by yuricoramu | 2010-06-23 23:00 | 音楽、ライブ | Comments(0)

新参者

今日はドラマ「新参者」の最終回でした。
仕事でオンタイムで観れないので、帰ってからビデオで。

いやあ、面白かったですねえ。
このドラマ大好きでした。

ビデオに録ってまだ観てないという人もいるだろうから誰が犯人だったとかは書きません。

このドラマはサスペンスなのに毎週感動して心温まってホロリとする、そんな素敵なドラマでした。

僕は原作を読んでないので、余計良かったのかもしれません。
原作を読んでたらイメージと違うって思ったかもしれませんね。

最終回もよかったです。
原田美枝子の最後のあとがき、泣きました。
ただ一つ気になったのは何で本を最後の方から読むねんと思ったことです。
まあそんな細かいことはいいですね。

しかし阿部寛はいつの間にこんな渋い役者になったんですか。
三浦友和も最近いい味出しまくってますね。
息子もリポビタンDに使われたりして売出し中ですよね。
「RAILWAYS」にも出てましたが、いい演技してましたよ。

このドラマで阿部寛が決まって言う「ちなみに」っていうセリフがあるんですが、僕も最近仕事でお客さんとかとしゃべるときに、「ちなみにこちらのサイズですと・・・」とか、ついつい「ちなみに」って言ってしまって、言った後で「あー、また言ってしまった」って思うんです。影響されてますね。

ちなみに今度東京行くときは是非人形町に寄りたいなあと思っています。
[PR]
by yuricoramu | 2010-06-21 02:59 | テレビ、芸能 | Comments(0)

パーマネント野ばら

机に野ばら飾って暮らす たまにサンダーが小雨を降らす


今日は休みで、映画を観にいってきました。
「パーマネント野ばら」。
前から観たかったんですよ。
西原理恵子原作で菅野美穂主演。

離婚して実家のパーマ屋に戻った菅野美穂と、その周りの人たちの日常を描いた話。

夏木マリ、小池栄子、池脇千鶴、江口洋介と、実に渋くて味のある脇役たち。
そして何と言っても菅野美穂のかわいさよ。
菅野美穂大好きなんです。

高知県の話なんですが、まさに、僕がイメージしてる高知県そのままな感じがしました。
クスッと笑えて、どこかせつない。
全体的にほんわかした雰囲気の映画でした。

前に観た「告白」が緊張感のある映画だったので、こちらはゆったり観れましたね。
それだけに最後ちょっと「えっ」って思いました。
ものすごく余韻が残ります。

よかったですよ、すごく。
菅野美穂がすごく愛おしいです。
大好きです。
僕と同い年です。
「告白」の松たか子も同い年です。
同世代にこんな素敵な人がいるというのはうれしいですね。

この2週間で3本映画を観ました。
「RAILWAYS」「告白」「パーマネント野ばら」
どれも良かったです。
どれもとても良かったです。
3本ともとてもオススメします。


そして家に帰ったら姉が出産したという報告。

早速病院に行ってきました。
甥と初対面。
またこれからたくさんお世話すると思うけど、よろしくね。

ちなみに二人目の子どもです。
一人目の姪は2歳半になりますが、週に2、3回は会うし、特に最近は毎日一緒にいます。
[PR]
by yuricoramu | 2010-06-17 02:00 | 映画、舞台 | Comments(0)
サッカーW杯、日本勝ちましたね、おめでとう。
最後ヒヤヒヤしましたが、よかったよかった。
その後インタビューの時から全然音が聞こえなくなりましたが、まあいいとしましょう。


サッカーも話題なら、映画「告白」もかなり話題ですよね。
今日は仕事休みなので、観にいってきました!


あ、ここからは内容がばれるかもしれないので、まだ映画を観てなくてこれから観にいくという人はご遠慮したほうがいいかもです。





いやあ、さすが話題になるだけあって、かなり印象深い映画でしたね。
松たか子演じる学校の先生が、生徒に我が子を殺されて、復讐するという、そんなおどろおどろしい内容です。

そういう内容だと聞いていたので、映像的にこわかったらいやだなあと思ってたのですが、映像的にこわいということはあんまりなかったです。
こわいというか、非常に考えさせられる映画でした。

松たか子のやり方に不快な思いをする人もいると思います。
しかしこの、加害者が異常に保護されるこの少年法がおかしいというのはみんなが思ってることだと思います。
殺された子の親にしたらたまりませんよ。
松たか子の子どもがポシェットを開けるシーン、プールに放りこまれるシーン、つらすぎました。
こんなん、復讐したったらいいねんと僕は思いました。

それにしても松たか子の演技はすごかったですね。
前の「ヴィヨンの妻」の時もいいなあと思ってたのですが、今回はほんとにすごかったです。
ファミレスのシーンはほんとに引き込まれて、涙ボロボロ出ました。

あまりの内容に、映画終わった後もしばらく動けませんでした。
賛否両論あると思いますが、命についてすごく考えさせられたので、良かったと思います。

それにしても、学校の先生って大変ですね。
なんぼ公務員とはいえ、学校の先生は大変だあと思いました。
今の中学生ってみんなこんなんですか。
普通に先生が話してる時も携帯いじったりしてるんですか。
うっとおしいですね。
[PR]
by yuricoramu | 2010-06-15 03:11 | 映画、舞台 | Comments(0)

ラストショット!

今日は小島麻由美のライブに行ってきました。in京都磔磔。

小島麻由美のライブは4月のクアトロ以来。
大好きな小島麻由美のライブが続けて見られるのはうれしい限りです。
磔磔で小島麻由美といえば、あれは僕がまだ前の会社にいた頃だから5年くらい前になりますか。
確か2デイズで2デイズとも行ったと思います。

僕は小島麻由美がデビュー以来ずっと大好きで、ライブも20回以上行ってますが、最近ライブが変わりました。
昔はフルートがあって、ムーディーな感じのライブで、小島麻由美楽団って感じでした。
今はビート。ギターとドラムとベースの、小島麻由美バンドって感じになってます。
だから昔小島麻由美のライブに行ったけど最近行ってないわって人は、かなり印象が違うと思いますよ。

昔は昔で良かったし、好きでしたが、今の小島麻由美もすごくいいですよ。
ドラムがアサチャンからハッチに変わってから、ガラッと変わった気がします。
そう、スカパラのアサチャンからデキシーのハッチに。
やっぱりハッチはドラムを叩かないとねー。
というのは知ったかです。
そんなにハッチに詳しい訳ではないので、詳しい人に聞いてください。

ギター塚本さん、ベース長山さんという昔からのメンバー。
小島麻由美も相変わらず、昔から見た目もあんまり変わってないです。
今日も緑のワンピースでかわいい。
昔はMCが異常にたどたどしかったけど、最近は結構スラスラしゃべりますよ。

磔磔といえば出演者が客席の通路を通って出てくるでしょう。
前の時も小島麻由美と握手してもらったんですけど、今回もハイタッチなんかしちゃったりして。
ほんとは出演者に触ったりなんかしたらダメなんでしょうけど、すいません。

さて、ライブですが、今日のライブはすっごい良かったですよ。
今までのライブの中でも1,2を争ういいライブだったと思います。
お客さんもノリが良くて、いいお客さんでしたね。
僕もたまにライブするんですが、ほんとにお客さんの反応でやってる方も全然出来が違ってきますからね。
今日なんか明らかに気持ちよさそうにやってましたもんね。
というか塚本さん『今日はいいよー』って言うてましたもんね。
小島麻由美も『やっぱり関西のお客さんはいいね』って言うてましたもんね。
伝わってきました。

セットリストを紹介したいところですが、はっきり覚えてないんですよね。
曲順はもちろん、どの曲をやったかもはっきり覚えてないんですが、うろ覚えの記憶を頼りに、やった曲を紹介します。曲順はバラバラですよ。

「眠れない夜」
「ペーパームーン」
「サスペリア!」
「嘘つき娘」
「メリーゴーランド」
「大きな地図」
「先生のお気に入り」
「結婚相談所」
「パレード」
「マイモンキーはブルー」
「ポルターガイスト」
「黒い革のブルース」
「ハートに火をつけて」
「蛇むすめ」
「砂漠の向こう」
「茶色の小瓶」
「チョコレート」
「赤い帽子」

で最後が「ひまわり」でした。
何か抜けてる気がしますが、正確なセットリストを知ってる方いらしたら教えてください。

途中で小島麻由美が、『次の参考にするんでやってほしい曲とかありますか?』って聞いて、僕は「真夏の海」って言いたかったんですが、他の人と声がかぶったら恥ずかしいので言えませんでした。ああ気が弱い。
僕の後ろにいた人が「おしゃべりおしゃべり」をリクエストして、そしたら小島麻由美が『あの曲やりたいけどめちゃくちゃになるんだよね』と言いながら、さわりの部分だけやってくれました。でもそれだけでもうれしかったですね。
僕も「真夏の海」って言ったらよかった。

で、アンコールが「ラストショット!」でした。
いつも弾き語りで終わるのが多いので、珍しいパターンだなと思いました。
ハッチがバイオリンを弾きながら出てきましたよ。
面白かったです。
最後は大いに盛り上がって終わりました。

いやあ、ほんとによかったです。
僕は小島麻由美が大好きなのであれですが、小島麻由美を好きという感情を抜きにしても、こんなに格好良いライブはそうそうないですよ。
明日は神戸ウィンターランドでライブです。
仕事の都合がつけば是非行きたいところですが、つかないので行けません。
明日行く人、楽しんできてください。

あーもう、小島麻由美大好き!
[PR]
by yuricoramu | 2010-06-12 03:12 | 音楽、ライブ | Comments(0)

本田がオイラの相棒

今日は残業で終電を逃してしまった。
途中の駅からタクだ。
リストラで人が減ってからというもの、毎日大変なんです。

明日は休みだ!
映画観たいです。
先日観た「RAILWAYS」はかなり良かったですよ。
次は話題の「告白」か「パーマネント野ばら」が観たいですね。
ツタヤで「SATC」のビデオを借りて観たいけど、溜まってるドラマのビデオも観ないとだし、普通にテレビも観たいし、ゲームもしたいし、ジムも行きたいし、資格の勉強もしたいし、休みの日くらいゆっくり寝たいし、こんな歳だし、親も歳だし、あなたしかいないし、ラーラーララーラーやっぱりー♪
あーん、時間が足りなーい!
ねむらなくてもつかれないくすり(ドラえもん6巻)をくれー!

とりあえず明日は映画は観にいきません。
なぜなら明日の予定はすでに決まっているからです。
明日は昼まで寝て、散髪に行って、ジムに行って、夜は磔磔に行って小島麻由美のライブに行くんです!
アー楽しみ!

あー!!しまったー!!
今日昔のビバヒルの再放送をするんだったー!!
すっかり忘れてたー!
最悪だー!
めっちゃ観たかったのにー!!
ブランドーン!


話変わりますが、アクエリアスのCMにユニコーンの歌が流れてるでしょう。
民生の声を聴くとキュンとなります。
そのCMにサッカーの本田が出てますね。
もうすぐワールドカップも始まります。
どうせ負けるとか思いながらも、楽しみは楽しみですね。
そういえば民生の歌に「HONDAがオイラの相棒~」って歌がありますね。
うまいことかかってますね。
ちなみに僕の相棒はワーゲンです。
あ、でも原付はHONDAです!
[PR]
by yuricoramu | 2010-06-11 03:35 | 生活 | Comments(0)

RAILWAYS

最近3Dが話題ですが、僕に言わせれば何を今さらです。
というのは、僕は20年以上前に体験してるからです。
昔ドラえもんと同時上映のオバケのQ太郎でやってましたよ。
あれと一緒でしょう。


そんな訳で「アバター」もまだ観てません。「アバター」どころか、今年に入ってからまだひとつも映画を観ていないことに気づきました。
これではいかんということで、近所の映画館に行ってきました。
ほんとは「パーマネント野ばら」を観たかったんですが、近所の映画館でやってないということで、違うのを観てきました。

ちなみに近所の映画館とはTOHOシネマズ泉北で、地元の駅よりも近くにあります。

それで何を観たかと言うと、「RAILWAYS」です。
中井貴一が主演で、一流企業に勤めるエリートサラリーマンが、母の病気、友人の死をきっかけに、49歳にして昔の自分の夢だった一畑電車の運転手になるのを目指すという、そんな話です。

よくある感動ものといえばそうなのかもしれません。しかし、これが思ってた以上にかなり良かったです。
まあ泣きました。号泣です。涙止まりませんでした。
何といっても中井貴一が役者すぎて感動しました。
そして母親役の奈良岡朋子も。
これは今年のアカデミー賞の主演男優賞と助演女優賞は決まりですね。

なんていうか、人生について考えさせられました。
僕もまだまだやり直しができるんだと。
もっと自分の夢を追いかけていってもいいんだと。
ただ、僕の夢って何だろうって思って、またちょっと落ち込みましたけども。

僕は電車はまあまあ好きな方ですが、熱心な鉄男ではありません。
熱心な鉄男が観たらたまらん映画だろうなあって思いました。
いろいろ細かい部分まで描かれていて。
もちろんそんなに電車好きではない人が観ても、楽しめる映画です。
そしてこれを観たら、一畑電車に乗りたくなります。
僕はまだ乗ったことがありません。
今度島根県に行って乗ろうって、ほんとに思いました。

ほんとにいい映画でしたよ。
さわやか。
これは観て損はないです。皆さん是非観て下さい。いい映画です。


あとは「セックスアンドザシティ」も観たら絶対面白いと思うのですが、僕はテレビシリーズを観てなかったので。
今ちょっと仕事がバタバタしてるんであれですが、落ち着いたらビデオを借りて今までのテレビシリーズを全部観たいと思っています。
その上で映画も観たいです。
[PR]
by yuricoramu | 2010-06-08 02:02 | 映画、舞台 | Comments(0)

雨カラーい夜

今日はあっちゃんのイベント「雨カラーい夜」にお呼ばれしてユリコーンのライブをしてきました。

ヨーゼフが来れず、3人編成でのユリコーン。

いつものライブと雰囲気が違いそうなので、ユリコーンもいつもと違う感じでいこうということで、今日はカバー曲を2曲もやりましたよ。

1曲はユニコーンの「ペケペケ」、もう1曲はエクボーズの「WISKY」。
今日初めて3人で合わせて、いけるんかいなと半信半疑だったけど、まあ、勢いでやっちゃえと。

すると、こんな偶然ってあるんですね、ちょうどエクボーズのルミちゃんとバッタリ会いました。
WISKYのカバーをすることを言うと、すごく喜んでくれました。
ただ、残念な事に、エクボーズも今日はライブがあるということで、ちょっと見るのは難しそうって。
いいよいいよ、また今度一緒にしようね。

あーやっぱりルミちゃんいい子だよなあと余韻に浸りつつ、ユリコーンは今日の会場、神戸元町のボ・タンバリンカフェへ。

オシャレカフェ。
というか、周りにいる人外人ばっかり!
これ皆今日の関係者らしい。
さすが国際派のあっちゃん。
すごい!
案の定萎縮してしまう僕。
ところがハコちゃんは早速外人さんと打ち解けて「オーイエス」なんてしゃべってるし。
さすがハコちゃん。

お客さんがどんどん増えていって、しかもそのほとんどが外人さん。
今日は全体の8割くらい外人だったんじゃないでしょうか。
ハワイに行ってもこんなに外人に囲まれることないでっていうくらい外人に囲まれました。

さあ、ユリコーンはトップバッター。
1曲目は、「ペケペケ」。
いきなりカバー。
でも間違わずにやれてよかったー。
でも、お客さんほとんど外人だし、今やった曲がユリコーンなんだかユニコーンなんだか全く分かってなさそう。
ガビーン。

2曲目が「ボーダー水玉チェック花柄」で3曲目が「084」。
「084」は久しぶりにやったなー。

そしてMCは、今日はお客さんほとんど外人さんということで、急遽英語のネタをやることに!
「ウィーアーユリコーン」
「フロムジャパーン」
「アンドー・・・」
「アンドー・・・」
「エンダー!」
とホイットニーヒューストンの歌を歌うというネタをやったんだけど、あんまり反応なかったですね。
めっちゃウケると思ったのにー。

さあそして4曲目が「WISKY」。
途中で鼻水が出てしまい、それを拭こうと思ったら、今どこ演奏してるかわからなくなって、パニック。
演奏を止めました。
結局、外人さんに「モウイッカイヤリマショウ」と言われ、もう一回やることに。
しかしもう完全にパニックになってしまい、2回目もボロボロでした。
あーん、あんなに個人練習したのに。

しかしルミちゃん見に来れなくてよかったよ。
あんなん見られたら、もう2度と顔合わせられない。

さあそして5,6曲目が「モデルになりたい彼女」と「モデルになった彼女」で、これで終了。

あー、「WISKY」だけがほんとに悔やまれる~。

その後太田君とジャスティンのそれぞれソロライブを見ました。

今日は音楽だけじゃなく、絵とか写真とか書道とかもやってて、ほんとにアートなイベントでした。
こんなことなら僕もあっちゃんに頼んで、絵を飾らしてもらったらよかったなーなんて思ったりしました。

さて、その後ユリコーンメンバーと、ミカリンと京子さんとのむっちと、もう一人名前知らん子と一緒に串カツを食べにいきました。
楽しかったです。

また戻ってから、ヨーマ君のソロライブを見ました。
さすがヨーマ君、うまいなあ。

今日は機材の取り付けとかも全部ヨーマ君がやってました。
マメだし優しいし、何でもできるヨーマ君。
優しいけどマメじゃないし、何もしない僕。
なんか申し訳なくなりましたよ。

まあ何はともあれ、今日はあっちゃんどうもありがとう。
こんな貴重な体験はめったにできません。
ほんとにありがとう。

阪神難波線、南海高野線、泉北高速鉄道と乗り継いで帰ってきました。
[PR]
by yuricoramu | 2010-06-06 01:46 | ユリコーン | Comments(2)