ユリコラム

yuricoramu.exblog.jp

ユリコーンのベースフーミンのコラム

<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

マイガール

会社のパートさんに、佐原ミズの「マイガール」というマンガを借りて読みました。
これ、今度嵐の相葉君が主演でドラマでやるらしいですね。

おおまかなあらすじを言うんで、見たくない人は見ないでください。


主人公が学生時代に年上の彼女と付き合ってたんです。
その彼女が海外に留学に行きまして、何年後かに留学先で事故で亡くなるんです。
それで実はその彼女には子どもがいまして、その子が何と自分と彼女の子どもだというんです。
それで、主人公と、その子どもが一緒に生活することになるという、そういう話です。

二人の交流を描いたほのぼの系マンガなんですが、主人公は恋人が、女の子は母親がもういないということで、ほのぼのしてるけど、全体的にさみしい感じの話なんです。

女の子がコハルちゃんというんですが、すごくかわいらしいです。母親がいないというので、ものすごいしっかりしてます。どんだけしっかりしてるねんと言いたくなるくらいなんですが、いじらしいです。

主人公の正宗も真面目で、娘のコハルちゃんとの生活は幸せなんですが、やはり恋人の、陽子さんって言うんですけど、その陽子さんはもういないというのが、さみしいんですよ。


すごくいい話ですよ。すごくいい話なんですけど、根本的に、陽子さんが正宗に内緒で海外で子どもを産んで、ずっと黙ってたっていうのが、どうしても納得できないですね。
当時高校生だった正宗の将来を案じてのことなんですが、これがどうも腑に落ちないです。


まあなんにせよ、愛する人が亡くなるっていうのは悲しいし、さみしいですよ。
読んでてほんと、さみしい気持ちになりました。
[PR]
by yuricoramu | 2009-09-29 03:01 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)

堺市長選

堺っ子の僕です。こんばんは。

堺には堺っ子体操というものがあります。
「堺っ子ーは元気な子ー」
というやつです。
飲み会などで堺市民が2人集まれば必ず口にするキーワードです。

そんな堺の市長選挙がありました。

現職の木原さんが自民公明、民主までの支持を受けて、また当選するんだろうなあと思ったら、橋下知事の支持を受けた新人の竹山さんが当選しました。

ちょっとびっくりしました。
さすが、橋下人気はすごいですね。

それと、木原さんも与野党相乗りの批判を受けてましたしね。
何かと大きな事をしたがる人ですから、そういうのにうんざりしたとか。
先の衆院選と同様、堺市も変わらないとというのもあったんでしょうね。

あれ、どうなるんですかね、LRT計画。
堺東から堺駅を通って湾岸の方まで電車走らせるとかいうやつ。
どうなるんでしょう。

まあなんにせよ、堺をよくしてほしいと思います。
頑張ってください。
不正はせんとってくださいね。
[PR]
by yuricoramu | 2009-09-28 01:45 | その他 | Comments(0)

なんとなくクリスタル

「ニュースJAPAN」の滝川クリステルが今日で最後ということで、「探偵ナイトスクープ」を観てたけどチャンネルを変えた。

最後涙ぐんでたね。

最後、松本方哉が出てきて花束でも渡すかなあと思ったけど、出てこなかった。

あの人もかわいそうやね。
奥さんもまだ若いと思うけど。

やっぱりさみしい。

クリステルお疲れさん。
[PR]
by yuricoramu | 2009-09-26 02:34 | テレビ、芸能 | Comments(0)
先日、東京は下北沢にあるライブハウス、モナレコードに行ってきました。

はるばる東京まで観に行ったライブというのは、magoとピジョンズのイベント「センチメンタルジャーネー」です。


元コケッシーズのギター、サブボーカル、ピアニカ担当のトミオさんが今やってるバンドがmagoです。

元コケッシーズのボーカル、ギター担当のベーさんと、元コケッシーズのドラム、ピアニカ担当のサミーさんが今やってるバンドがピジョンズです。


コケッシーズというのは、僕が大大大好きなバンドで、ちょうど解散してから10年になるんですね。


僕もバンドをやってますが、曲とか、ものすごくコケッシーズに影響を受けています。

ピアニカをメインに持ってきたり、ちょっと振り付け入れてみたり、全てコケッシーズの影響です。


そんな大好きなコケッシーズのメンバーだった4人のうち3人が集結してイベントが行われるということで、これは東京だろうがどこだろうが行くに決まってます。



さあ、ライブが始まりました。


まずはmago。

magoのライブを観るのは、実に5年ぶり!
拠点が東京なのでなかなか観る機会がないんです。

なのでとても久しぶりでワクワクしてました。

きましたねー。
何ていうんでしょう、この、トミオさんとハーさんの作り出す独特の世界。
説明しづらいです。
でも、すごく格好良いんです!

僕もこういう曲作ってみたいです。いいなあ。

トミオさんのあの声とハーさんのあのパフォーマンス、すごいです。

ほんとにすごいですよ。
おしゃれだし。

そらあのソニックユースが、あの奈良美智が、そろって「magoが気に入ってる」と言うわ。


トミオさんはteachersというアーティスト活動もしていて、小物やバッグなどを作ったりしてるんです。

おしゃれですよ。

僕も何回かteachersの個展を観に行ったりしました。
それきっかけで僕の存在は知ってくれるようになりました。

そんなトミオさんとハーさんのバンド、magoのライブでした。



次がピジョンズ。

ベーさんが京都在住なので、京都でやる時は結構ライブ観に行ってます。

ベーさんといえば皆さんご存知の、あの任天堂ピクミンの「あいのうた」を歌ってたストロベリーフラワーのあの人ですよ。

あの癒し系の歌声で歌われた日にゃ、泣きそうになりますね。

ベーさんのギターのメロディがまたいいんです。ほんとに泣きそうになりますよ。
特に僕が一番好きな歌は「ワイハ」という歌ですが、これがいいんですよ。泣きますよ。

それからサミーさんのドラムとピアニカ。
これがまたどっちもうまくて、多才な人だなあと改めて思いますね。

サミーさんは顔もとても美人で、コケッシーズの他のメンバーと比べても、断トツで若いです。顔が。


ちなみにベーさんと僕は顔見知りなんです。

何回かライブに通ってるうちに顔も覚えてもらえて、そのうちちょこちょこっとしゃべれるようにもなって。

この日も本番前にバッタリトイレで会って、「あら、髪切ったんやねえ」って言われた。
そうなんです。ありがとうございます。

「こんな東京まで来てくれて」と。
そりゃあこんなイベントですもの。東京にも来ますよと。

いやあうれしいですよね。憧れの人と話ができるなんて。

そんなベーさんとサミーさんのバンド、ピジョンズのライブでした。



その後セッション。

こういうイベントなのでセッションはあるとは思ってたけど、まさかまさかの、なんと、ティヨコさんも出てきた!

え、マジ!?

元コケッシーズのフルート担当のティヨコさん。

この人だけ今バンドをやってないんだけど、まさかのセッション参加。

ここにコケッシーズ復活やん!!

うわわ。

これにハーさんも加わり、夢のセッション。

そして始めた曲が、「犬こけし」。

うわうわうわ!

鳥肌鳥肌。

やばいくらい感動して泣きそう。
夢じゃないだろうか。

次の曲が「フライングニイコ」。
次の曲が「ハニーバニースティッキー」。

うーわ、泣きそう。

どれも好きな曲ばっかりだ。

そして名曲、「こけしのブルース」。
最高!

最後は「こけし街道一直線」で締め。


あかん、泣きそうだ。
あれは夢だったのだろうか。


今年はユニコーンの復活があったけど、まさかコケッシーズの復活まで見れたとは。

うれしすぎた。


放心状態の僕。その後、後ろから声をかけられて、えっと思ったら何と夢逃技のドラムの山田さんだった。

いや、僕もさっき山田さんに似てるなあとは思ってたけど、まさか本人とは。

というかまさか、こんな東京のこんなところで会うなんてどんだけ奇跡やねんと。

山田さんはハーさんと知り合いで、やはりコケッシーズの奇跡の復活は泣くほどうれしかったと言ってた。


うーん、ほんとに、これはうれしいよね。
一夜限りの復活。


その後僕はコケッシーズメンバーの全員からサインをもらったよ。
これは家宝にしよう。


しかし改めてコケッシーズのライブはめちゃくちゃ良かった。

あれこそ究極の理想のバンドだ。



という、長い日記ですいません。
この感動が伝わったでしょうか。
[PR]
by yuricoramu | 2009-09-24 02:47 | 音楽、ライブ | Comments(0)
僕はお酒があまり強くありません。

ビールなんて付き合いでしょうがなく飲む以外は飲みません。

仲の良い友達とたまに飲むのは好きですが、その場合梅酒かカクテル系です。

タバコも吸いません。

ギャンブルもしません。

お酒は飲めた方がいいかもしれませんけど、タバコは体に悪いし、くさいし、別に吸わなくていいと思います。

ギャンブルも絶対しないほうがいいですよね。

知り合いに、ギャンブルで破産した人がいます。

借金してまでギャンブルするなんて、どうかしてます。

ついでに言うと僕はコーヒーもあんまり飲めません。

コーヒーを飲むと頭が痛くなります。

親が喫茶店で働いてるというのに、僕は飲めません。

さすがにコーヒーくらいは飲めた方がいいなとは思いますけども。

コーヒー牛乳は好きなんですが。
[PR]
by yuricoramu | 2009-09-20 03:54 | 生活 | Comments(0)
僕がやってるバンド、「ユリコーン」のトリビュートCDを作ってくださいと自分で頼んでから1年。

えらいもんで、6個目の作品を頂戴しました。


6組目のバンドは「ヒダリ」です。


ヒダリの太田君から送られてきましたよ。
曲は「026」です。

早速聴いてみました。
うんうん、ヒダリらしい、機械音のピコピコ入った、シャレた曲になってましたよ。

太田君はじめ、ヒダリのメンバー、どうもありがとう。


さあ、これで、ユリコーントリビュートも6曲になりました。
もらった順に紹介します。

青木ヨーマ君で「Aライン」
アイガワビーバーズで「ケーキ」
モノモライで「ハートの魔法」
エクボーズで「料亭」
僕と機械な仲間たちで「アフリカ西海岸」
ヒダリで「026」


みなさんありがとうございます。

これで終了ですか?
まだ作ってくれるという人いますか?

これで終了なら、いよいよこれをまとめてCDにする予定です。
楽しみですねえ。


皆さんお楽しみに!
[PR]
by yuricoramu | 2009-09-18 15:36 | ユリコーン | Comments(0)

スター

月9面白いけど、来週ついに最終回かぁ。
さみしいなあ。

北川景子かわいいなあ。


しかしイチローはすごいなあ。
すごすぎる。
[PR]
by yuricoramu | 2009-09-15 00:46 | テレビ、芸能 | Comments(0)

Love, day after tomorrow

倉木麻衣の「Love,day after tomorrow」が頭から離れません。

別にファンという訳ではありません。

この前テレビのチャンネルを変えてたら倉木麻衣がこの歌を歌ってて、それ以来頭から離れないんです。

というかサビしか知らないので、サビがずっとこびりついてるんです。

とまりません。
[PR]
by yuricoramu | 2009-09-14 01:51 | 音楽、ライブ | Comments(0)

ドラクエでユリコーン

ドラクエ9をやってます。
まだ全然途中ですけど。

めっちゃ面白い!っていうのと、うーんというのと、2つの感想があります。


まず良いところは、主人公はもちろん、仲間の名前もつけられること。
いいですね。
これこそロープレでしょう。
最近は主人公の名前も変えられないのがありますからね。

ルイーダの酒場で仲間を作るっていう、ドラクエ3みたいな感じですね。

武器や防具のイラストもいちいちかわいくていいですね。


うーんというところは、まず冒険の書が1つしかないところ。
これはうーん。

あとは、クエストとか、本編と関係ないちょこちょこしたのが多すぎて、しんどくなってくる。

することが多いのはいいことだけど、それだったら本編にボリュームをドーンと出してほしい。

そう言いつつ呼び込みもやってますよ。100人集まりました。
宝の地図も結構集まりました。

でも、そこに容量をたくさん使うんだったら、その分、冒険の書をもう1つ作ってほしい。

あと錬金。前の8の時から思ってたけど、あんまりやらないですこれ。
別になくてもいいです。


とまあ文句も言いましたけど、やっぱり言うてもドラクエは面白いですよ。
ちなみに僕は主人公の名前は自分の名前で、仲間はユリコーンのメンバーの名前にしてます。

職業は、まだ全然途中の段階ですが、今のところ

自分 旅芸人→戦士→魔法戦士
ヨーゼフ 僧侶→バトルマスター→パラディン
ハコちゃん 旅芸人
ゆりこ 魔法使い

です。レベルで言うと30越えたくらいです。


今回、転職すると魔法が使えなくなるのはうーんですね。
ドラクエ3だったら、僧侶から戦士に転職したら、回復魔法の使える戦士だったのに、今回は魔法が使えなくなるから、あんまり転職する意味がないです。


ついつい文句ばかり言ってしまいますが、面白いですよ。さすが、言うてもドラクエです。
[PR]
by yuricoramu | 2009-09-12 01:18 | 漫画、本、ゲーム | Comments(6)

オトダマ09

どうもー!今日はオトダマに行ってきました!


実は僕、この手の夏フェスって初めてなんです。

ウルフルズのヤッサとか、あるいは屋内でやってるイベントなんかは行ったことあるけど、この手の夏フェスは初めてなんです。

今までサマソニもフジロックもロッキンジャパンも、なーんにも行ったことなかったんです。
バンドやってるくせに。
30過ぎになってようやく。
若い頃何してたんやっちゅう話ですけども。
まあいいじゃないですか。


場所は泉大津フェニックス。堺市民の僕からしたらほとんど地元といっていいでしょう。
何なら、先週行った万博公園のウルフルズヤッサよりも地元です。

そうですね。ちょうど先週のヤッサから1週間。早いですね。
この夏最後のイベントです。


では、ライブレポといきましょう。

全部は見てないんで、見たのだけ書きますね。

今回のオトダマ、僕の中でのメインはもちろんユニコーン。

しかしそれ以外に、筋肉少女隊、筋少ですね。
それとポリシックス。
この辺りもぜひ見たいなと。

それとカジヒデキもちょっと見たいなと。

ユニコーン以外はどれも見たことないんです。
なんせ夏フェス初めてですから。
だから今日はすごい楽しみー。


昼すぎから行きました。
会場に着くと、大浴場ステージで、BEAT CRUSADERS、ビークルですね、がやってました。

しかし、ちょうど終わったみたいで、全然見れず。


テントステージのサードクラスを横目で見つつ、露天風呂ステージのカジヒデキへ。

カジヒデキ、見るのは初めて。もうだいぶいい歳だと思うが、今でも半パンで若々しい。
うーん、やっぱりこの渋谷系音楽、今聴いても耳に心地よいね。
新しいアルバムが、「ストロベリーアンドクリーム」と発表されると、思わず会場から笑いが。
いつまでも変わらない姿勢。いいよ。
僕も励みになったよ。
僕も30過ぎても、まだまだかわいい系のキャラで頑張っていっていいんだね。
ゲストでビークルの人が来ましたよ。
さっき見れなかったからちょうどよかった。
2人で歌ってました。


その後大浴場ステージのピーズは1曲だけ見て、それからグッズ売り場を見たり、屋台を見たり。

屋台で並んでる時、露天風呂ステージからBO GUMBO3の歌が聞こえてきて、それが「絶体絶命」という歌で、この歌どっかで聴いたことあると思ったら、ゴールデンローファーズが歌ってた歌ですね。


さあ、次は大浴場ステージでポリシックス。
ポリシックスも、今までなかなか見る機会がなくて。
ようやく、初めてのライブ。

パイロットやスッチーの格好をして出てきた。
キャー。
僕、スッチーの制服フェチなんです。
それだけで心つかまれた!

ライブもめっちゃ格好良いし、かわいいかった。
うらやましいです。
僕もバンドでこんなライブをやってみたい。
無理だけど。
すごいよかったなあ。


さあ、次の大浴場ステージでいよいよユニコーン登場ということで、ポリシックスが終わってから前に移動。
しかし、早くもギュウギュウ。
うわあ。

今日は周りを見回しても、かなりの人がユニコーンTシャツを着てました。
やっぱり今日のメインはユニコーンなんだなあ。
そういう僕も着ていったけど。

ということで、露天風呂ステージのトモフスキーを見るのは今回は諦め、ユニコーンに備えました。


ギュウギュウの中、待つこと40分。ついにユニコーンが始まりました。
1曲目は「ひまわり」
オルガンの音でワー。

武道館ライブ以来のユニコーン。
感動が蘇えってきました。

2曲目、「服部」。
ワー!!
前のツアーでやらなかったからめっちゃ嬉しー!!

ここでさらに人がバーっと押し寄せ、さらにギュウギュウに。
こんなにギュウギュウのライブって、めっちゃ久しぶり。
10年ぶりくらい。

3曲目「BLACKTIGER」
4曲目「すばらしい日々」
5曲目「WAO!」
6曲目「ヒゲとボイン」

ときて、(もしかしたら曲順間違ってるかも)
7曲目「大迷惑」。
ここで最高潮に人が押し寄せてきて、すごかった。
みんな大熱唱。

そしてラスト8曲目が「HELLO」。
すごい良かった。

今回はユニコーンでキャーっていうより、人の波にギャーって感じだった。

これはこれで楽しかったけど。

汗びっちょり。
終わってからフラフラだった。


その後露天風呂ステージのフラワーカンパニーズ、フラカンをちょこっと見て、
いよいよ大トリ(実際はDJハヤシが残ってたけど)の筋少。


筋少も見るの初めて。

面白かった。

さすがは大槻ケンヂ。MCが抜群に面白い。
「ナイトスクープ」の曲も歌ったりなんかして。

数少ない知ってる曲の「俺は高木ブーだー」もやってくれたし。


アンコールはビークル、ポリシックス、ユニコーンからそれぞれギターが参加して、みんなでセッション。
曲は「俺にカレーを食わせろー」をやった。

民生が出るかと思ったけど、テッシーだった。
いや、もちろんテッシーでもうれしいけど。

ところでこの「俺にカレーを食わせろー」を聴くと、本家よりも、「俺にチェリオを飲ませろー」の方を思い出してしまうよ。

いいなあ筋少。センスあるなあ。


最後は花火も打ちあがり。

ガリガリガリクソンとレイザーラモンRGも出てきた。

そして帰り際、テントステージで、ワタナベイビーがカジヒデキやフラカンの人とセッションしてた。
「雨上がりの夜空に」や「スマイル」を歌ってた。
うんうん、最後にいいのが聴けた。


というオトダマでした。
楽しかったです。
[PR]
by yuricoramu | 2009-09-06 02:17 | 音楽、ライブ | Comments(0)

ユリコーンのベースフーミンのコラム


by ユリコーンフーミン