りつこワンマンライブに行く

マリリンこと、少年ナイフのりつこさんのワンマンライブに行ってきました。心斎橋ブラステ。
アコギ、バンド、アコギの順でやりました。バンドではベースを。
冒頭、声が出にくいことを告白。確かに、高音は出にくそうでした。でも、それでも歌上手かったです。
りつこソロの曲、電気キャンディ、京阪ガール、キラキラスナイパー、まんべんなくやりました。少年ナイフの曲はあんまりやらなかったです。
実は前日に僕、りつこさんとラインのやりとりをして、やってほしい曲とかリクエスト出してたんですね。
それに応えてくれたのか、元々やるつもりだったのか、僕のリクエストの曲をいっぱいやってくれました。
キラスナのパルコの曲こと、チーズケーキもやってくれました。
バンド編成で京阪ガールをやって、りつこさんがベースを弾きながら、有カリンのパートも含めて歌を歌ってるのが、不思議な感じがしましたね。
僕はユリコーンの前にやってたヨハヒフっていうバンドで、京阪ガールとご一緒して、それ以来の付き合いです。京阪ガール、普通に好きでしたからね。懐かしい。ちょっと泣きそうになりました。
ユリコーンのゆりこも、りつこさんと同じ大学の軽音の後輩(直接被ってはないけども)だし、僕の妻も、りつこさんとは交流がありまして、そういう訳で、ほんとに縁がある人なんですね。
MCで言ってた、『最近出会った人には自分がバンドをしてることさえ言ってない。そういう普通の生活もいいけど、やっぱり音楽をしてる自分を忘れられたくないっていうか、そういう気持ちで、今回のワンマンを企画しました』っていう、その気持ちめっちゃわかります。
特に女子バンドはずっと続けていくのは難しいですよね。そういう点でも、少年ナイフはすごいと思いました。
りつこさん、いや、京阪ガールを聴いたから、マリリンって呼びます。
マリリン、いいライブでしたよ。またやってね。

[PR]
by yuricoramu | 2017-08-20 01:55 | 音楽、ライブ | Comments(0)