終戦記念日に思うこと(改)

今日は高校野球を観ながら正午に黙とうしようと思ったら、まさかの雨天中止。代わりに追悼式で、天皇陛下と一緒に黙とうしました。
こう言うと怒られるかもしれませんが、やっぱり天皇陛下も歳をとりましたね。引退もやむなしと思います。
戦争って今では考えられないけど、ほんとにこんなことが70何年か前にあったんですよね。
仕事が嫌だから辞めたいとかいうレベルじゃないですよ。赤紙が来たら、戦争に行かないといけない。常に死の恐怖と隣り合わせ。考えられません。
昔の人は苦労してますね。
誰も戦争したい、死にたいなんて思わないと思います。だけど、テロがあったり、北朝鮮が不穏な動きを見せたりとかあるわけです。ねえ。
宗教だったり、北朝鮮もそうですけど、信じるものが強すぎると、そういう人を殺しても構わないみたいな思想になるんでしょうか。
オウムもそうですよね。普通に考えたら、あんな麻原に言われてサリン撒くとか、やる訳ないですもんね。
ストーカーもよく分かりません。好きすぎて追いかけ回したりとか、そこまでは分かるけど、それから何で殺すという発想になるのか。
なんていうか、論点がだいぶずれてきたので、この辺で終わります。

[PR]
by yuricoramu | 2017-08-15 23:48 | その他 | Comments(0)