ユリコーンのベースフーミンのコラム

by ユリコーンフーミン

新春夢対談!フーミン×安部トモコのミュージックポートレイト(前編)

c0195200_403733.jpg

c0195200_412395.jpg
ユリコーンのベースフーミンです、こんばんは。皆さん、お正月はいかがお過ごしでしたか。
ついこの前までクリスマスとか言ってたのに、すぐに年末、お正月もあっという間で、いやんなりますよね。
せめてもうちょっと正月気分を味わいたかった。そこで、新春特別企画をやります!
『フーミン(ユリコーン)×安部トモコ(井上ヤスオバーガー、地球儀、他)のミュージックポートレイト』
安部トモコさん、この人すごいんです。現在、井上ヤスオバーガーバンドのベースをしてる他、いくつかのバンドを掛け持ちでしており、以前は少年ナイフのサポートメンバーでもあり、フジロックに出演、ビークルや銀杏ボーイズとツアーを回り、ジュンスカの寺岡呼人とセッションをして一緒にスタートを演奏したという、すごいんです。そんな安部さんとミュージックポートレイト。
そもそもミュージックポートレイトとは何か?NHKの番組です。
”2人のクリエイターが、それぞれ選んだ10曲を持ち寄り、人生を語り合う・・・まったく違う道のりを歩いてきた2つの人生が、音楽で重なりあい、響きあいます”
というものです。これを読んで、もうしばらく正月気分を味わってください。
それでは、はじまります。

フ:よろしくおねがいします。
安:よろしくおねがいします。
フ:ベース同士の対談ということで。
安:ねー。楽しみです。
フ:では、始めましょうか。

安部トモコ1曲目<音楽との出会い>
「めだかの兄弟」 わらべ

フ:わー、なつかしい。
安:テレビで見て、何が気に入ったのか、家でも外でもずっと歌ってて。
フ:僕はわらべの「もしも明日が晴れならば」はめっちゃ歌ってたなあ。

フーミン1曲目<音楽との出会い>
「Please Please Me」 ビートルズ

安:へー。
フ:母が車でビートルズのカセットをかけてて。この曲はポンキッキでも使われてて、それで余計印象に残ってます。

安部トモコ2曲目<バレリーナへの道>
「白鳥の湖第3幕、黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ」 チャイコフスキー

フ:出たっ。バレエ。
安:小学校からバレエを始めて、中2の発表会で白鳥の湖の全幕をやることになって。今までは楽しいっていうだけでやってたけど、この時に、何かを表現するということを初めて考えさせられたというか。思い出深い曲です。

フーミン2曲目<音楽の目覚め>
「Plastic Bomb」 BOOWY

安:フフフ。
フ:小学校の高学年ですね。姉が聴いてて。一緒に聴いて、いいなあと。僕、この頃は姉の聴く曲を一緒に聴くっていうスタイルだったんですね。BOOWY、特にマリオネットよりこの曲がすごく好きで、格好いいなあと思って。周りのクラスメイトが、やれ光GENJIとかWinkとか言ってる中で、自分はBOOWYだ、ロックだ、自分は周りよりイケてる、周りのやつらはダサい、って思うようになりましたね。
安:あー、それは私も思ったかも。

安部トモコ3曲目<挫折からバンドの憧れ>
「SEE YOU」 黒夢

安:バレエで、高2で壁に当たって。バレエ=いい子ちゃん、っていうのにも嫌気がさしてきて。その頃にとんねるずのハンマープライスって番組に、黒夢の清春が出てて、ピンクの髪の毛に衝撃をうけて、それで聴き始めて、ちょうど幼なじみがビジュアル系好きで、ハマっていきました。それでライブを観に行って、ベースのヘッドがカッコいいなあって思って、それでベースに興味を持ち始めたっていう。
フ:へー、初めてライブを観にいってベースのヘッドに興味を持つって、すごいね。バレエも週6で通ってたんですよね。すごいなあ。それに、展開が早いわ。

フーミン3曲目<中学、思春期、初めて買ったCD>
「うれしい!たのしい!大好き!」 DREAMS COME TRUE

フ:まだ中学、初めて買ったCDの話ですいません。
安:アハハ。
フ:ずっと姉と一緒にBOOWYやらユニコーンやら、あとはフリッパーズギターとかのオシャレ系も聴きだして、それは自分にとっても良かったと思うんだけど、初めて自分で買ったCDっていうのが、ドリカムの「LOVE GOES ON」っていうアルバムで、その1曲目がこの曲で。ドリカムは初めてテレビで観た時からいいなあって思ってて、姉はそんなに好きじゃなかったみたいなんだけど、それでまあ、これ以降自分色を出していくっていう感じかな。

安部トモコ4曲目<バンド初参加>
「Video killed the radio star」 ザ・プレジデンツオブUSA

フ:レディオッフッフレーディオッスターって曲?
安:そう。大学で軽音に入って、皆より遅れて入ったから、楽器もまだちゃんとできなくて、とりあえずボーカルで初参加させてもらったのがこの曲です。
フ:へー、ボーカルやってたんや。
安:この曲だけね。今はもう、ボーカルなんて絶対嫌やけど。

フーミン4曲目<孤独な高校時代>
「無人島に私をもっていって」 Chara

フ:高校の時チャラがすごく好きで。ヤンキー校だったから、周りに気の合う友達も全くいなくて、部活も入ってなかったから、ほんとにひとりきりで。自転車の登下校の時にウォークマンでチャラを聴いてました。この頃って孤独だったから、余計イキって洋楽聴いたり、マイナー系の音楽とか聴きだしたりして、現実から逃げてたというか。でもやっぱりその中でもチャラが一番好きでよく聴いてましたね。

安部トモコ5曲目<初めての失恋>
「虹」 くるり

安:京都国際会館にくるりのライブを観に行って、その数日後にフラれたんです。大学2回生から3回生になる春。この曲を聴くと思い出しますね。ちなみにベースを初めて指弾きしたのもこの曲です。
フ:へー。

フーミン5曲目<楽しい大学時代>
「真夏の海」 小島麻由美

安:オシャレ街道まっしぐらですね。
フ:まだ小島麻由美がデビューしてからそんなに間もない頃で、ラジオで「恋の極楽特急」が流れて、それですぐにファンになって。大学時代、ほんとに小島麻由美がすごく好きでしたね。今も好きだけど。ちなみに大学時代のクラブの先輩も小島麻由美が好きで、それで付き合ったりもしたんですけど。ってどうでもいいですね。そういえばチャラ以降、女性ボーカルばっかり聴くようになりましたね。ばっかりってこともないけど。うん。

→という具合で、まだまだ続きますが、この続きは後編で!
[PR]
by yuricoramu | 2016-01-05 02:07 | その他 | Comments(2)
Commented by 安部トモコ at 2016-01-14 17:24 x
ブログにこの記事のリンクを貼らせてもらいました☆
Commented by yuricoramu at 2016-01-15 21:33
安部トモコさん・・・どうぞどうぞ。この度はありがとうございました。またやりたいですね☆