下町ロケット最終回

「下町ロケット」の最終回を観ました。
主役の阿部寛はもちろんとして、吉川晃司がどこまでいい役やねんと思いました。
先週から急に降って湧いたように出てきたアヤパン然り。
小泉孝太郎も悪役似合ってたけど、やっぱり根っからの悪役ではなかったですね。
まあ、おもしろかったけど、ロケット編の方がおもしろかったですね。
水戸黄門的な、最後は悪者をやっつけてスッとするドラマで、観てて気持ち良かったですよね。
でも、ガウディ編は、おもしろくなくはないけど、ロケット編ほど気持ちが入っていきませんでした。
半沢と比べたら、半沢の方がおもしろかったかな。
いやでもおもしろかったですよ。
確実に言えることは、吉川晃司はこれでだいぶイメージ上がったでしょう。吉川晃司的には最高のドラマだったでしょう。
[PR]
by yuricoramu | 2015-12-20 23:02 | テレビ、芸能 | Comments(0)