あとかたの街5巻(最終巻)

c0195200_0104037.jpg
漫画「あとかたの街」の5巻を読みました。この巻で完結です。
戦争漫画です。この前の4巻は丸々空襲の時の話で、読んでて息苦しくなりましたが、この5巻はその後というか、名古屋から岐阜の田舎に疎開した先の話で、「火垂るの墓」や「少年時代」をちょっと思い出すような感じでした。4巻よりはゆっくりした感になってますが、戦争の痛々しさというのは、ひしひしと伝わってきます。
戦後70年、戦争の悲惨さを伝えることって大事だと思います。若者や小さい子供、いろんな人に読んでほしいと思いました。
でも結局読むのは元々関心のある人で、関心のない人は読まないんだろうなあ。
甘い考えだって言われそうですが、やっぱり戦争はしたくないし、なるべく日本が武器を持たないようにしてほしいなあと、改めて思った次第です。
[PR]
by yuricoramu | 2015-12-02 00:12 | 漫画、本、ゲーム | Comments(0)