吉田に澤さん

昨日は吉田の金を観て、なでしこの銀を観て、表彰式を観たらもう寝る時間が1時間もありませんでした。
吉田かっこいいなあ。それから、澤さんの顔を見たら涙が出そうになります。今まで一生懸命やってきてよかったなあって。
澤さんってよく考えたら、僕より年下なんですよね。10こくらい上のように思えます。
僕と同じ歳といえば、レスリングの浜口京子や、バレーの竹下などです。
もうベテランの域です。いや、ベテランの域というか、もうとっくにベテランというか、もう若いもんに譲って引退しろよって言われる歳ですよね。
自分自身は気持ちはティーンエイジャーのままなのに、まだ甲子園の高校球児がお兄さんと思ってるのに、現実はもう引退する歳なんですね。
プロ野球で言うと、福留や藤本の世代です。ああ。確かに、もう、やね。
考えたら、今年35ということは、もう人生の折り返し点、いや、僕、多分70まで生きられへんと思う。早死にしそう。
そう考えると、さみしくて、悲しくなってくる。
澤さんの顔を見ながら、そんなことを考えていた僕です。

オリンピックいいですね。僕も毎日楽しく観ています。
だけど、僕はスポーツバーとかでワーワー観るのは嫌なんです。
というかそういう輩が苦手なんです。
サッカーとか観て、知らない人同士が抱き合ったり、渋谷のスクランブル交差点ですれ違い時にハイタッチしたり、ああいうノリが嫌いなんです。
甲子園に阪神戦を観に行っても、ユニフォーム着て選手の応援歌歌って外野でワーワー騒いだりしないんです。内野で座ってじっくり観るのが好きなんです。とか言いながらジェット風船とかうれしがってやったりするんですけどね。
まあ、それ以前に今年の阪神はもう観る気もしないですけどね。
ケッ、ノリの悪い、しょうもない男だなあと言われるかもしれまんが、俺、そういう男。
[PR]
by yuricoramu | 2012-08-11 00:26 | スポーツ | Comments(0)